ブログカテゴリ:県北Vネット



7/20から子どもたちは夏休みがスタート。ほぼ毎日、県北事務所へ来て、宿題やゲームなどをして、暑さに負けず元気一杯過ごしております。  毎週火曜日のお昼はパン屋の「ブルーベリー田中」様から、たくさんのコロッケパンを提供していただいています。子どもたちも楽しみにしています。...

今回、6月22日~6月23日の2日間の活動「3.11語り部交流会in足湯」が地元新聞に掲載されました。 是非、皆様ご覧ください (^^)/ (木村)

何が起こるかわからないけれど、とにかく北海道に行こう!という思いで集ったメンバー。 最後の夜はくつろいで、みんな好き勝手に語りま~す。 初対面とは思えないチームワークと、笑いの絶えない3日間でした。最後はキャラバン隊の感想です。...

 移動しながら地元スーパーマーケットでランチを調達。栃木では見たことがない、ホッケフライやスモークゆで卵、甘納豆入りのお赤飯!などなど。違う土地のスーパー見学は旅の楽しみですね。...

 北海道から爽やかな風をど~ぞ♪ 土砂降りの昨日とはうって変わって快晴ですっ。 本日(6/23)は仮設住宅二か所を回りますよ~。  午前中は安平町追分白樺仮設住宅です。思うように告知ができなかったこともあり、談話室はがら~ん。ひるまず一軒ずつ訪問します。何人かの方とお話ができました。...

 北海道上陸後、その足で本日のキャラバン会場となる安平町の「法養寺」さんへ。  このお寺は建物が被災しているにもかかわらず、震災後すぐに近隣の方にお寺を開放されて、以後定期的なボランティア活動に場を提供され続けているそうです。...

まけないぞうキャラバン隊、6年ぶりに復活しました~!  東日本大震災の際にご縁をいただいたまけないぞう。作り手のお母さん方と共に県内、外を旅して「今の思い」を伝えてきました。...

北海道現地入り2日目は、36名もの尊い命が奪われた厚真町へ。 以前は通行止めだった道路は整備され開通し車は通れるものの、土砂崩れの現場は今なお手つかずのまま…土砂が家や車、農業機械などを飲み込み、水田に押し流されている現場を目の当たりにし、あらためて被害の大きさを痛感。...

3/27(水)厚真町正楽寺にて地域交流会が開催されました。 17:00~檀家さんや地域住民の方々が大勢集まり交流会がスタート。お酒も入り笑い声が飛び交い、山形からボランティアで参加した団体がらの名物芋煮汁が振る舞われました。雪が舞う寒さの中、熱々の芋煮汁に心も体もあたたまっていました。...

3/24 大田原生涯学習センターで「円卓会議in大田原」を開催し22人が参加しました。  第1部は「一年間の円卓会議のまとめ」でした。 ・大田原の子どもの貧困数:1603人。(0~18歳の人口×13.9%) ・必要な子ども食堂の数:53か所。(1603人÷定員30人) ・必要な無料学習支援:8.5か所(小学5・6年+中学3学年の就学援助の子ども:255人÷定員30人)...

さらに表示する