«がけっぷちラジオはパソコンからも聴けます»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


明日は我が身かも。「生きづらさの広がる社会」の現場から、笑いも、涙もあるリアルをお届けします。


 みんながけっぷちラジオでは、あなたのすぐ側にある「人生の見えない崖っぷち」の存在と、「崖から落ちても大丈夫だよ」という“お助け人”の活動現場をリアルにお伝えします。

 とちぎボランティアネットワーク(別名:Vネット)の活動をはじめ、栃木県内の縁の下の力持ちである支援団体の活動を紹介し、災害や貧困・フードバンクなどの『危機』と、地域にある支援団体のセーフティーネットという名の『希望』を種まきし、崖っぷちに立った時の生き方の選択肢をみなさんに紹介していく番組です。

 

宇都宮のコミュニティラジオ局「ミヤラジ」についてはこちらから。 

▲こんな感じで和気あいあいと放送してます。2017年5月2日(火)の回です。


パソコンから聞ける!

«がけっぷちラジオの視聴方法»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


スマホ アプリでも聞ける!

スマートフォンのアプリでも聞くことができます。もちろん無料!さあ、今すぐダウンロードしてみましょう。 


ラジオのブログ


週5日8時間勤務が当たり前じゃなくていい。やりたい仕事をフラットな関係で。

コロナの影響力に舌を巻くばかりの今日この頃。ラジオ内でもコロナの話で盛り上がりました。


さて今回のゲストさんはワーカーズコープの小白井(こじろい)さん。ワーカーズコープってなに?ってなりますよね。簡単に言うと出資者=労働者=経営者です。新しい働き方かと思いきや50年前、失業者が急増したときに、じゃあみんなで出資して事業を起こしてみんなで働こう!と労働者自らが仕事を作り出したのがワーカーズコープという形態の始まりだそう。NPOと勘違いされますがまた別物。現在の日本にこの形態を規定する法律はありませんが、できたらもっとメジャーな業態になるかもしれません。

熱意のある人が仲間を集めて出資しあって事業を作り出し、自ら事業に関わりみんなで話し合って決めていくという非常にフラットでフレキシブルな働き方。だから、新卒の職員もいますが、会社勤めが苦手な方や、生活の困りごとを解決したい地域の人など、いろんな人が働いています。小白井さんは子育ての実体験から、病後児保育を地元で始めたい!と看護師を辞めてワーカーズコープに転職し活躍しています。

そして最後まで聞いてくれた(読んでくれた)方にはラッキーなお知らせが!
どこにいっても除菌スプレー売ってませんよね?
な、な、なんと!ワーカーズコープの栃木県矢板地域福祉事業所の事業の中で"除菌スプレーの製造販売"をしているんです!アルコールでなく次亜塩素酸でできているから皮膚も荒れませんし小さいお子様にも安心安全。詳しくは

🏣 329-2514 栃木県矢板市長井1171-4

☎ 0287-43-0424

FAX 0287-43-4428

 

にご連絡ください。

 

 

スマートフォンのアプリでも聞くことができます。もちろん無料!さあ、今すぐダウンロード!

Twitterもフォローしてね!

学生パーソナリティー@みんながけっぷちラジオ(@Tuesdayonair)

 

今回の担当学生はふじくら!でした。 

 

 

『第1回:台湾のコロナ対策』台湾留学中の大学生コラム

 台湾に留学しています、大学4年を休学中の佐藤綾香です。日本にいた時は、みんながけっぷちラジオの学生パーソナリティを担当していました。今回から3回に分けて、台湾の今をお届けしたいと思います。第1回は、「台湾のコロナ対策」です。

渡航禁止寸前に何とか上陸

 

 2020226日、台湾に上陸しました。ちょうど台湾が日本を警戒レベル2に引き上げた頃です。レベル3になると渡航できなくなるため出発前はとても緊張していました。留学先からは前日に、”体温計とマスクと消毒液を持ってくるように”との指示がありました。

 台湾に上陸すると、周囲の人全員がマスクをしていました。当時の日本は、マスクをしている方もまばらでしたので、目の前の人々が全員マスクをしている光景にまず驚きました。

 

クラスメイトと話し合い、授業続行

 3月から台湾の学校に通い始めました。日本人のいるクラスは開講後すぐに会議が開かれました。それは「このまま授業を続行する場合、クラスメイト全員がマスクをすること。そうでなければ2週間休校にする」という内容でした。私のクラスには、日本人のほかに韓国人、ベトナム人もいました。彼らは毎日マスクをすることに同意してくれたので、休校せず授業の続行が決定しました。日本人である私には、政府が学校を通し、格安でマスクを支給してくれました。

感染予防&感染者の追跡もシッカリ

 台湾では、公共交通機関を利用する際には、マスクをしないと罰金を課せられましたが、私は問題なく利用することができました。駅や店舗の入り口では、必ず検温を課せられます。また社会教育施設に入館する際には、検温後に身分証の登録をします。私は、台湾のマイナンバーのようなものを所持していないため、必ず名前、パスポートの番号、電話番号を記入しなければなりません。台湾では、予防だけでなく感染者の追跡調査においても対策されています。

 

 3月~6月までは台北市に住み、7月~8月までは、新北市に住んでいました。両市は日本に例えるならば、台北は東京、新北市は宇都宮のような雰囲気です。新北市は、台北市と比較すると郊外ですが、交通機関や社会教育施設での対策は厳重であるように感じました。

経済対策…約35,000円⇒政府に送ると約105,000円に

台湾で日本の厚労省のような機関では、犬のマスコットキャラクターがLINEFacebookを通して、手洗いの促進やマスクの必着指示、感染者数の通知が毎日届きます。経済面においては、日本では一人あたり10万円の支給があったそうですが、台湾では、日本円で約35000円を政府に送ると3倍の約105000円の商品券がもらえる政策が行われました。しかし、この商品券は釣銭が出ないため、消費者の購買意欲をかなり高めているように思いました。

 

 

今回は、台湾でのコロナの予防面、そしてコロナの打撃から回復するための経済面からの対策について紹介させていただきました。次回は、台湾で障害を抱えている方の様子について紹介します。お楽しみに〜!(さとうあやか)

10/27 ラジオ 「考える」を形に!〝クリエイティブレインボープロジェクト”とは?

明日19時より放送の「みんながけっぷちラジオ」!

ゲストは「クリエイティブレインボープロジェクト」に取り組む芸術家の林 香君(はやし かく)さんです。

「クリエイティブレインボープロジェクト」とは、創造力豊かな子ども達のために創られたプロジェクトで、主な取り組みは2つあります。

まず1つ目は「壁画プロジェクト」

最大の目的はAll for One, One for All 、参加する子ども達みんなで協力し、約10時間で1つの壁画(90cm×3.6m)を仕上げていきます。2009年よりプロジェクトを開始し、2011年の東日本大震災以降は世界中最も多くの国で翻訳されている宮沢賢治の世界観をモチーフに制作をしています。

そして2つ目は「七色土玉プロジェクト」

こちらは、七色の土を使って粒と粒を繋いで面にし、1つの器を創り上げていくプロジェクトです。昨年度から子どもたち応援プログラムとして、2019年の台風19号で被災した地域の方々にも、創造することによる体験の共有を目指しています。

明日のラジオでは、この「レインボープロジェクト」について詳しくお聞きし、子どもたちの魅力の引き出し方、創造力・人間力の養い方といった点についてお話ししていく予定です。

みなさん、ぜひお聞きください!!

 

〇質問は、773@miyaradi.com まで

〇リスナーの皆さんのご意見・ご感想、お待ちしております!

ミヤラジ(77.3FM) 「みんながけっぷちラジオ」

火曜19:00~20:00 オンエア!

 (とうま)


 

以降は決定次第、公開予定!

これまでの放送内容はこちら

 

 

困窮者の支援などVネットの活動に参加したい!と思った方はこちら


 

 

番組にメッセージを送ってみよう!


みんながけっぷちラジオでは、リスナーの皆様からのメッセージをお待ちしています。番組への意見やご感想、身近な困りごとや支援の情報、紹介して欲しいイベントなど、どしどしご応募ください。

 

 

メモ: * は入力必須項目です