«がけっぷちラジオはパソコンからも聴けます»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


明日は我が身かも。「生きづらさの広がる社会」の現場から、笑いも、涙もあるリアルをお届けします。


 みんながけっぷちラジオでは、あなたのすぐ側にある「人生の見えない崖っぷち」の存在と、「崖から落ちても大丈夫だよ」という“お助け人”の活動現場をリアルにお伝えします。

 とちぎボランティアネットワーク(別名:Vネット)の活動をはじめ、栃木県内の縁の下の力持ちである支援団体の活動を紹介し、災害や貧困・フードバンクなどの『危機』と、地域にある支援団体のセーフティーネットという名の『希望』を種まきし、崖っぷちに立った時の生き方の選択肢をみなさんに紹介していく番組です。

 

宇都宮のコミュニティラジオ局「ミヤラジ」についてはこちらから。 

▲こんな感じで和気あいあいと放送してます。2017年5月2日(火)の回です。


パソコンから聞ける!

«がけっぷちラジオの視聴方法»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


スマホ アプリでも聞ける!

スマートフォンのアプリでも聞くことができます。もちろん無料!さあ、今すぐダウンロードしてみましょう。 


ラジオのブログ


週5日8時間勤務が当たり前じゃなくていい。やりたい仕事をフラットな関係で。

コロナの影響力に舌を巻くばかりの今日この頃。ラジオ内でもコロナの話で盛り上がりました。


さて今回のゲストさんはワーカーズコープの小白井(こじろい)さん。ワーカーズコープってなに?ってなりますよね。簡単に言うと出資者=労働者=経営者です。新しい働き方かと思いきや50年前、失業者が急増したときに、じゃあみんなで出資して事業を起こしてみんなで働こう!と労働者自らが仕事を作り出したのがワーカーズコープという形態の始まりだそう。NPOと勘違いされますがまた別物。現在の日本にこの形態を規定する法律はありませんが、できたらもっとメジャーな業態になるかもしれません。

熱意のある人が仲間を集めて出資しあって事業を作り出し、自ら事業に関わりみんなで話し合って決めていくという非常にフラットでフレキシブルな働き方。だから、新卒の職員もいますが、会社勤めが苦手な方や、生活の困りごとを解決したい地域の人など、いろんな人が働いています。小白井さんは子育ての実体験から、病後児保育を地元で始めたい!と看護師を辞めてワーカーズコープに転職し活躍しています。

そして最後まで聞いてくれた(読んでくれた)方にはラッキーなお知らせが!
どこにいっても除菌スプレー売ってませんよね?
な、な、なんと!ワーカーズコープの栃木県矢板地域福祉事業所の事業の中で"除菌スプレーの製造販売"をしているんです!アルコールでなく次亜塩素酸でできているから皮膚も荒れませんし小さいお子様にも安心安全。詳しくは

🏣 329-2514 栃木県矢板市長井1171-4

☎ 0287-43-0424

FAX 0287-43-4428

 

にご連絡ください。

 

 

スマートフォンのアプリでも聞くことができます。もちろん無料!さあ、今すぐダウンロード!

Twitterもフォローしてね!

学生パーソナリティー@みんながけっぷちラジオ(@Tuesdayonair)

 

今回の担当学生はふじくら!でした。 

 

 

【ナルク栃木】代表は5000ポイント越え!! 時間預託制度!!

火曜日はラジオの日!

 

今回のゲストさんは、【ナルク栃木】より代表の走出さんです。

 ”時間預託制度” についてお伺いします。

 「(。´・ω・)ん?時間預託制度ってなに?」と思ったあなたにちょっとだけ説明します。

  ナルクの会員になってボランティアをすると1時間1ポイントをもらえます。そのポイントを使ってボランティアを依頼することもできます(ポイントがない時は500円)。

つまり

利用者(依頼) → ナルク(仲介) → ボランティア↑

という輪ができているのです。ボランティアの内容は、高齢者の車での送迎、庭の手入れ、しゃべり相手など、ボランティアというよりご近所づきあいの延長線のようですね。高齢者の『地域の助け合い』をテーマに話しますのでぜひお聞きください!  走出さんは「このラジオで会員を1人でも増やさねば!」との意気込みなので、ふじくらも頑張って引き出したいと思います…! 拡散もよろしくお願いします!(学生P ふじくら)

 

ナルク栃木HP www.nalc-tochigi-hp.com  

つくりだせ! じせだいへの森〜トチギ環境未来基地〜

里山を現代風に活用したい!

 

 7/28の放送は学生パーソナリティ山本、ゲストは益子町のNPO法人トチギ環境未来基地の塚本竜也さん、萩原ななさんをお迎えしました。塚本さんは以前、コメントおじさんでしたが今回はゲスト。萩原さんは静岡県の大学に通う女子大生。現在は休学して益子で活動しています。

 トチギ環境未来基地は2009年から手入れがされず荒れてしまった里山や森林をボランティアの力で元通りにして、豊かな緑を次世代につなげていく活動をしてます。今は県内8か所の里山で活動しており、子どもたちが安全に楽しく遊べる里山づくりなど利用価値のある里山の形成に貢献しています。

 団体の大きな特徴に、日本各地やアジアの国々から来る若い人たちに、基地の居住スペースで3か月間の共同生活をするプログラムがあります。「若い人に体を動かす地域貢献活動を体験してほしい、学校とは違う形でいろんな学びをしてほしい」という思いから、設立当初から実施しています。これまでに20回のプログラムで80人の参加者がありました。

「里山を整備するのにも意義はあるけど、暮らしに近い森を、どうやってもう一度人の暮らしに近づけていくか、現代的な形での里山の利用をアップデートしていきたい」と塚本さんは言います。

 

草刈機はお手のもの! こっちにきたからこそ楽しめること

 

 萩原さんもインターンとして3か月プログラムに参加。あいにくコロナの影響で他の参加者がいない中、一人で頑張っています。大学では国際関係学部の日本文化コースを専攻。

 そんな彼女が自然に興味を持つようになったのは2月にひとり旅で訪れたフィンランドでの体験。電気、水道、ガスのないところで民泊をして自然の偉大さを肌で感じ、帰国後に環境問題について調べるようになり、自身も森林保全に携わるようになりたいと思ったそうです。草刈機の資格も取り、「とても上手」と塚本さんのお墨付き。他にもチェンソーも使うようになったとのこと。

「今までは全く触れたこともなく、こっちにきてから使うようになった」と笑顔で語る萩原さん。他には地域の有機農家さんのもとにお手伝いに行くなど、積極的に活動しています。

「自然が好きだと思っっていても身近にはそんな場所が無かったし、周りに行くまでの行動を起こしていなかったので、こっちにきたからこそたくさん動けている。危ないことも体験してわかったし、非常に楽しい」と話してくれました。

 二人の話を聞いて、私たちが自然から受けている恩恵について改めて考えました。里山を次世代につなぐことの意義は「自然を残す」だけじゃなく「私たちの生活の礎を継承する」ことでもあると再認識しました。(やまもと) 


 

以降は決定次第、公開予定!

これまでの放送内容はこちら

 

 

困窮者の支援などVネットの活動に参加したい!と思った方はこちら


 

 

番組にメッセージを送ってみよう!


みんながけっぷちラジオでは、リスナーの皆様からのメッセージをお待ちしています。番組への意見やご感想、身近な困りごとや支援の情報、紹介して欲しいイベントなど、どしどしご応募ください。

 

 

メモ: * は入力必須項目です