«がけっぷちラジオはパソコンからも聴けます»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


明日は我が身かも。「生きづらさの広がる社会」の現場から、笑いも、涙もあるリアルをお届けします。


 みんながけっぷちラジオでは、あなたのすぐ側にある「人生の見えない崖っぷち」の存在と、「崖から落ちても大丈夫だよ」という“お助け人”の活動現場をリアルにお伝えします。

 とちぎボランティアネットワーク(別名:Vネット)の活動をはじめ、栃木県内の縁の下の力持ちである支援団体の活動を紹介し、災害や貧困・フードバンクなどの『危機』と、地域にある支援団体のセーフティーネットという名の『希望』を種まきし、崖っぷちに立った時の生き方の選択肢をみなさんに紹介していく番組です。

 

宇都宮のコミュニティラジオ局「ミヤラジ」についてはこちらから。 

▲こんな感じで和気あいあいと放送してます。


パソコンから聞ける!

«がけっぷちラジオの視聴方法»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


スマホ アプリでも聞ける!

スマートフォンのアプリでも聞くことができます。もちろん無料!さあ、今すぐダウンロードしてみましょう。 


ラジオのトピック

【特番】原発避難10年めラジオ

2021年3/11は福島第1原発事故の避難の10年目。「避難者の今まで」を3/7にラジオで放送しました。3つ(3人)に分かれています。


Youtubeで過去番組も 聴ける

▲▲▲クリック!
▲▲▲クリック!

ラジオのブログ

1179㎏の玄米と約1500点の食品を回収 フードバンクの心強い支援者

3月1日の「みんながけっぷちラジオ」ゲストは宇賀神康明さん。宇都宮市の宇賀神新聞店の社長さんでした。

新聞屋さんならではの関わり方で、NPO法人フードバンクうつのみやと、フードバンクかぬま事業(鹿沼市社会福祉協議会が運営)を応援しています。

 

1179㎏の玄米と約1500点の食品を回収 フードバンクの心強い支援者

 

 宇賀神新聞店では、フードバンクの食品支援を呼びかける「折り込みチラシ」を無償で配布、食品を回収しています。コロナ禍で困っている人が急増したので、「新聞屋さんの特徴を生かして、自分にできることは何か」と考えた結果だそうです。

 

 効果は絶大で、昨年12月末までに鹿沼店累計玄米1033㎏食品513点。宇都宮店では累計玄米146.9㎏食品・飲料95425000円の現金寄付が集まったとのことです。購読料の回収に行くときや、新聞配達をする時に食品をもらうことはもちろん、電話があれば回収に行くそうです。お店まで持参する人もいるそうで、宇賀神さんの困っている人を助けたいという熱い思いと、購読者の温かい気持ち相乗効果にとても感動しました。

 

本業を活かした社会貢献!

 新聞屋さんが「本業のウデ」を使って社会貢献するというのは「企業のCSR」そのもの。ちょっとした気づきでできることだと思います。「今後も、フードバンクさんがもう食品はいりません!というまで支援を続けたいです」と宇賀神さん。こんな支援者がいる地域ってとても心強いですね!他の新聞店でもマネして広まってほしい、とても素敵な活動でした。(き)

4/19ラジオ もうひとつの美術館 五味渕さん

4/19ラジオ もうひとつの美術館 五味渕さん

 

 はじめまして!新ラジオ学生の佐藤です。

 4/19ラジオゲストは、もうひとつの美術館 学芸員の五味渕さんです。

 もうひとつの美術館は「みんながアーティスト、すべてはアート」をコンセプトに、企画展やイベントを開催しています。

 今回は取材で、もうひとつの美術館にお邪魔し、作品を直接観てきました!作品の迫力や発想の自由さに圧倒され、なんだかエネルギーを貰いました。

 明日はそのエネルギーを糧に、五味渕さんの思いやアートの魅力をリスナーさんにお伝えします。是非お聴きください!!

 

ミヤラジ(77.3FM)にて毎週火曜19:0020:00オンエア!

質問・感想等お待ちしております。(773@miyaradi.com まで)

(佐藤優


 

 

困窮者の支援などVネットの活動に参加したい!と思った方はこちら


 

 

番組にメッセージを送ってみよう!


みんながけっぷちラジオでは、リスナーの皆様からのメッセージをお待ちしています。番組への意見やご感想、身近な困りごとや支援の情報、紹介して欲しいイベントなど、どしどしご応募ください。

 

 

メモ: * は入力必須項目です