«がけっぷちラジオはパソコンからも聴けます»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


明日は我が身かも。「生きづらさの広がる社会」の現場から、笑いも、涙もあるリアルをお届けします。


 みんながけっぷちラジオでは、あなたのすぐ側にある「人生の見えない崖っぷち」の存在と、「崖から落ちても大丈夫だよ」という“お助け人”の活動現場をリアルにお伝えします。

 とちぎボランティアネットワーク(別名:Vネット)の活動をはじめ、栃木県内の縁の下の力持ちである支援団体の活動を紹介し、災害や貧困・フードバンクなどの『危機』と、地域にある支援団体のセーフティーネットという名の『希望』を種まきし、崖っぷちに立った時の生き方の選択肢をみなさんに紹介していく番組です。

 

宇都宮のコミュニティラジオ局「ミヤラジ」についてはこちらから。 

▲こんな感じで和気あいあいと放送してます。2017年5月2日(火)の回です。


パソコンから聞ける!

«がけっぷちラジオの視聴方法»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


スマホ アプリでも聞ける!

スマートフォンのアプリでも聞くことができます。もちろん無料!さあ、今すぐダウンロードしてみましょう。 


ラジオのブログ


週5日8時間勤務が当たり前じゃなくていい。やりたい仕事をフラットな関係で。

コロナの影響力に舌を巻くばかりの今日この頃。ラジオ内でもコロナの話で盛り上がりました。


さて今回のゲストさんはワーカーズコープの小白井(こじろい)さん。ワーカーズコープってなに?ってなりますよね。簡単に言うと出資者=労働者=経営者です。新しい働き方かと思いきや50年前、失業者が急増したときに、じゃあみんなで出資して事業を起こしてみんなで働こう!と労働者自らが仕事を作り出したのがワーカーズコープという形態の始まりだそう。NPOと勘違いされますがまた別物。現在の日本にこの形態を規定する法律はありませんが、できたらもっとメジャーな業態になるかもしれません。

熱意のある人が仲間を集めて出資しあって事業を作り出し、自ら事業に関わりみんなで話し合って決めていくという非常にフラットでフレキシブルな働き方。だから、新卒の職員もいますが、会社勤めが苦手な方や、生活の困りごとを解決したい地域の人など、いろんな人が働いています。小白井さんは子育ての実体験から、病後児保育を地元で始めたい!と看護師を辞めてワーカーズコープに転職し活躍しています。

そして最後まで聞いてくれた(読んでくれた)方にはラッキーなお知らせが!
どこにいっても除菌スプレー売ってませんよね?
な、な、なんと!ワーカーズコープの栃木県矢板地域福祉事業所の事業の中で"除菌スプレーの製造販売"をしているんです!アルコールでなく次亜塩素酸でできているから皮膚も荒れませんし小さいお子様にも安心安全。詳しくは

🏣 329-2514 栃木県矢板市長井1171-4

☎ 0287-43-0424

FAX 0287-43-4428

 

にご連絡ください。

 

 

スマートフォンのアプリでも聞くことができます。もちろん無料!さあ、今すぐダウンロード!

Twitterもフォローしてね!

学生パーソナリティー@みんながけっぷちラジオ(@Tuesdayonair)

 

今回の担当学生はふじくら!でした。 

 

 

就活生必見!現役就活生と就活を終えた人にあれこれ聞いちゃおう〜

周りの人がどんな感じなのかわからない

 1/19の放送では、学生パーソナリティやまもと、ゲストには宇都宮大学地域デザイン科学部4年生の八木橋紗芳(やぎはし・さやか)さんと、同じく3年生の熊倉義人(くまくら・よしと)さんをお迎えしてお送りいたしました!

 今回のテーマはズバリ、”就活”!熊倉さんは現役の就活生、八木橋さんは無事企業への就職が決まり、就活を終えたばかりです。今回はそんなおふたりにいろんな話を聞いてみました。

 まずは熊倉んから。熊倉さんが就活を意識し始めたのは2年生の3月のことだそうです。公務員を志望しており、当初は就活関連のアプリを入れてみたり、就活関連のイベントに参加してみたりするところから始まり、その後大学の公務員講座や公務員の説明会へ参加したりしつつ今に至ります。そんななか、コロナの影響を大きく受けているようです。公務員関係のインターンが軒並み中止になり、民間でもオンライン化が進むなどして、現場の雰囲気を見ることができないことや、大学の授業もオンラインになり、友達と集まる機会が少なくなっために、情報交換ができないことも挙げられます。「周りのみんなが今どんな進捗状況なのかがわからなくてすごい不安になりました。」と語る熊倉さん。八木橋さんもこれに対して、「SNS上のやり取りだと話が重くなってしまうので、相手が触れられなくないことに触れてしまったらどうしようという葛藤がありました。」とコメント。今までを振り返って感じていることについては、「コロナの影響で例年通りにはいかないことから物足りなさやもっとしっかりできたのではということに加えて、1年、2年のうちにもっと色々調べてみるのがよかった」と語ってくださいました。

 

就活を振り返って・・・これからの就活生へのアドバイスも!

 次に八木橋さんにお話を伺いました。東京にある人材派遣系の企業への就職が決まっています。7月に内定が決まり、その後公務員試験を受けたのち、9月に正式に決定したそうです。2年生の夏に就活を意識し始め、その後公務員講座を受講したりインターンに参加したりしていました。当初は公務員と民間の両方を視野に入れており、公務員の勉強をしつつ民間の対策をしていました。「公務員に絞っている人は最後まで公務員で頑張るという覚悟を決めている人が多くて、自分はそこまで頑張れるかわからなかったし、どっちが合うかもわからないので両方受けることにしました。」とコメントしてくださいました。コロナの影響については、面接がオンラインになったことや合格者枠が減少したこと、さらには年度始めの試験などが中止になった影響で日程が大きく後ろにずれ込んでしまい、就活のスケジュールが狂ってしまったということがありました。試験が後ろにずれ込むことで、まだ余裕があると思い込んでしまうことややる気がなかなか起きないところが就活で失敗した点だったそうです。その一方で、よかった点は「企業がトラブルにどう対応するのかというところを見ることができた」という点だそうです。企業によって就活生に対する対応の差が生じたので、その違いを見ることができたとのことです。また、オンライン面接=自宅で面接をすることになるので、直前まで準備ができることができるといったメリットもあったようです。

最後に、今就活をしている人やこれから迎える人にこんなアドバイスをしてくださいました。

「来年からの人が面接で聞かれそうだと思うことに、”現在のコロナ禍においてなにをしていたか。どのように生活していたか”という質問が聞かれるんじゃないかと思います。その回答を考えながら就活に望んでおくといいと思います。」

まさしく聞かれそうだと腑に落ちました。熊倉さんもこれに対して「今日から考えます」とコメントしていました。

 私も来年には就活を迎えます。普段であればキャンパス内で先輩方からいろんなお話を聞くことができるのですが、今年はあいにくコロナの影響でそれができず、こうして先輩方の生の声を聞く機会というのはとても貴重な経験でした。ある程度のやりたいことは決めているものの、実際に行動に移しているかと言われるとイエスとは言えない感じです。そろそろそんなことを意識しつつ、日々過ごしていきたいと改めて感じました。

12/22 おぐま・とうま・やまもと 最後の出演回!!

12月22日のラジオは、2020年「みんながけっぷちラジオ」学生パーソナリティーを務めました、おぐま・とうま・やまもとの最後の出演回でした!

今回のブログは、そんな3人のコメントを掲載します。

 

「福祉は健康な人が行うもの」という概念が崩された!(おぐま)

 おぐまは12月22日のラジオでは特に印象深い回を3つ紹介しました。最初に紹介したのは初回、1月28日に放送された宇大で教員をされている安高真弓先生をた助っ人さんにお迎えし、薬物依存についてお話いただいた回です。お話ししていく中で、薬物依存者どうしで支援し合う活動があると知りました。私は「福祉」というものは問題を持っていない人が問題を持つ人を支援するものだと思っていたので、驚きでした。

 次に紹介したのは8月11日に放送されたキャリア教育インストラクターの川田さんをた助っ人さんにお迎えし、小中学生へのキャリア教育についてお話いただいた回です。今、日本にある職業は約30,000種!たくさんの職業を知り、適した職業は何か考えたり調べたりするそうです。私もこんな授業を受けたかったなぁと思わずにはいられませんでした。

 最後に紹介したのは9月1日に放送された中古車販売店T.T.ファクトリーの社長でフードバンクの活動に協力してくださっている大森さんをた助っ人さんにお迎えし、ボランティアエンジョイ勢流のボランティアについてお話いただいた回です。ボランティアガチ勢は、ボランティアを生活の中心にしている人達のことです。エンジョイ勢は、ボランティアを生活の一部に取り入れる人達のことです。朝起きて歯を磨くのと同じように、当たり前に食品の寄付をするのだそうです。かっこいいですね!ガチ勢の活動もエンジョイ勢が乗っかっていくことでさらに良い活動になるんだとか…!ボランティアへの関わり方のイメージが大きく変わった回でした。

 みんながけっぷちラジオで学生パーソナリティーをしていく中で、普通に大学生活を送っていたら知り得なかったことをたくさん知ることができました。私にとっていい経験でした!一年間ありがとうございました!

 

栃木をもっと良く・もっと住みやすく、と行動しているパワフルな人が一杯でした(とうま)

 私はこの番組、数えてみると全部で11回出演しました。毎回の放送を通して感じたことは「栃木県、そして宇都宮市の素晴らしさ」です。この番組を放送するまでに、私たち学生パーソナリティーは実は毎回必ずご出演いただくゲストさんの活動場所に直接お伺いして取材をしています。私も北は黒磯から南は野木町まで、本当に栃木県内様々な場所へ行かせていただきました。

 その中で、毎回栃木県をもっと良くしよう・もっと住みやすい地域にしようと思い行動している、パワフルな方々とお話しをさせていただき、そして栃木の雄大な自然や独自の文化に触れることができました。県外出身の私が言うのも少しおかしいかとは思いますが、栃木は本当に素晴らしい場所です。ぜひ栃木県外からこの番組をお聴きの方は、もっと栃木について興味を持っていただき、そして栃木県出身の方は今まで以上に、自分自身が栃木出身であるということに誇りをもっていただければと思います。

 ミヤラジにはこの「みんながけっぷちラジオ」の他にも、栃木県内の魅力を紹介している面白い番組がたくさんあります。私は12月22日の放送でこの番組に出演するのは最後になりますが、ぜひリスナー・ブログをご覧の皆様、今後とも「みんながけっぷちラジオ」そしてミヤラジ・とちぎボランティアネットワークをよろしくお願いいたします。今年もこの番組はもちろん続きます。2020年以上にユニークで個性的な学生がたくさん集まっています。今年の「みんながけっぷちラジオ」もお楽しみに!

 

 

県内ここだけ、全国的に珍しい!など、希少性に遭遇(やまもと)

 今回1年間ラジオパーソナリティーを務めて感じたことが、これまでの生活では絶対に関われなかったような取り組みについて触れてきて、地域はこうした人たちの活躍があってこそ成り立っていると感じました。

 取り組み内容を聞いていると、”こういう取り組みをしているのは県内でもここだけ””全国的に見ても珍しい”などなど、地域の取り組みの気象性が多々感じられる場面に遭遇してきました。ところがこうした取り組みは表立って知られているというものではなく、普通の生活を送っているだけではなかなか触れられないと思います。このような形で、知っている人はあまり多くないけれども、実は地域にものすごい貢献をしているというような、まさしく地域の縁の下の力持ちとも言える取り組みばかりだと感じています。

 番組をお聞きいただいた皆様、この場をお借りして御礼申し上げます。1年間ありがとうございました。

 

2021年の「みんながけっぷちラジオ」も引き続き、よろしくお願いいたします。(おぐま・とうま・やまもと)

 


 

以降は決定次第、公開予定!

これまでの放送内容はこちら

 

 

困窮者の支援などVネットの活動に参加したい!と思った方はこちら


 

 

番組にメッセージを送ってみよう!


みんながけっぷちラジオでは、リスナーの皆様からのメッセージをお待ちしています。番組への意見やご感想、身近な困りごとや支援の情報、紹介して欲しいイベントなど、どしどしご応募ください。

 

 

メモ: * は入力必須項目です