«がけっぷちラジオはパソコンからも聴けます»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


明日は我が身かも。「生きづらさの広がる社会」の現場から、笑いも、涙もあるリアルをお届けします。


 みんながけっぷちラジオでは、あなたのすぐ側にある「人生の見えない崖っぷち」の存在と、「崖から落ちても大丈夫だよ」という“お助け人”の活動現場をリアルにお伝えします。

 とちぎボランティアネットワーク(別名:Vネット)の活動をはじめ、栃木県内の縁の下の力持ちである支援団体の活動を紹介し、災害や貧困・フードバンクなどの『危機』と、地域にある支援団体のセーフティーネットという名の『希望』を種まきし、崖っぷちに立った時の生き方の選択肢をみなさんに紹介していく番組です。

 

宇都宮のコミュニティラジオ局「ミヤラジ」についてはこちらから。 


2024年ラジオ学生募集中!

「ラジオ学生」とは、身近にひそむ地域の「がけっぷち(課題)」やそれを救うために奔走する「助けっとさん」の活動を伝える1年間の"メディアづくり"インターン。

 

申込期限

11月6日(月)

 

■対象

栃木県内の大学生、専門学生、社会人(19歳以上)

 

■活動内容、条件

・月に1~2回のラジオを中心とした、社会課題解決に向けたメディアづくりインターン(企画、事前取材、ラジオパーソナリティ、報告記事作成)

・月に1回のラジオ企画会議の参加と運営

・1回の担当につき、些少ですが番組制作費をお渡しします

・活動期間:2024年1月~12月(他のインターン生と相談して、自分の都合に合った日程でかかわることができます)

 

■こんな方に来てほしい

•社会の現実を、世の中のたくさんの人に伝えたい人

•メディアづくりが好きな人(ラジオ、動画、文章)

•社会課題、NPO、ボランティアに関心がある人

•好奇心旺盛な人!!

 

■備考

・申込期限は、応募状況によって延長の可能性あります

・応募人数によっては面接・選考を行います

 

■問合せ 認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク(矢野)

電話 028-622-0021

メール info@tochigivnet.jp

住所 栃木県宇都宮市塙田2-5-1共生ビル3階


パソコンから聞ける!

«がけっぷちラジオの視聴方法»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


スマホ アプリでも聞ける!

スマートフォンのアプリでも聞くことができます。もちろん無料!さあ、今すぐダウンロードしてみましょう。 


ラジオのトピック

【特番】原発避難10年めラジオ

2021年3/11は福島第1原発事故の避難の10年目。「避難者の今まで」を3/7にラジオで放送しました。3つ(3人)に分かれています。


Youtubeで過去番組も 聴ける

▲▲▲クリック!
▲▲▲クリック!

▲こんな感じで和気あいあいと放送してます。


ラジオのブログ

市民の手で行われる続く甲状腺検査。その裏には「拭いきれない母の不安」

528日「次世代に伝える。原発避難13年目ラジオ」。ゲストに「子どもの未来を考える会ハチドリ」から井田紫衣さん、「関東子ども健康調査支援基金」から木本さゆりさんを迎え、原発事故後の市民活動の話を聞いた。

 

自分の子どもだけじゃない。地域の子どもを地域で守る

 木本さんは、震災・原発事故当時から千葉県松戸市に夫、子ども二人で暮らしていた。2011312日以降の原発事故の状況を見ると、かつてチェルノブイリ原発事故で子どもの甲状腺がんが多発したこと、汚染地域では遺伝子を破壊されたたんぽぽが巨大に咲くことが思い起こされた。また、323日には市内の金松浄水場で基準値を超えた放射性ヨウ素が検出されたため「乳幼児は水道水を飲まないように」と防災無線で警告され、母親たちは必死に水を買い求めた。その後ニュースで「母乳から放射性ヨウ素が検出された」と知り、木本さんは即座に避難しなかったことを悔やんだ。子どもに避難を提案すると、「友達と一緒じゃなきゃ嫌だ」と言われ、「自分の子どもだけ守るのでは子どもは幸せになれない」と知り、地域の子どもたちごと、地域で守らなきゃいけないと決意した。

 関東子ども調査基金では、土壌調査を実施。結果、子どもたちの足元の土が放射線管理区域並みに汚染されたと分かり、自治体や国に健康調査の依頼をしたが受け入れてもらえなかった。ならば、自分たちで何とかしようと立ち上がった。ボランティアの医者と市民団体が土日に「甲状腺のエコー検査」を行っていて、関東一都6県全部を年に一度回っている。

 

「原発事故は他人事ではなかった」。母としての後悔

井田さんは震災当時、矢板にいた。津波の被害を報道で知って衝撃を受けたが、原発事故に対して怖いと感じることはなかった。しかし2012年に矢板市が「放射性物質の最終処分場」の候補地に挙がった時、初めて原発事故を自分事に感じた。そこで、友人の紹介で「放射能から子どもを守る会・塩谷」に参加するようになった。そして原発事故の重大性や、放射性プルーム(放射性物質を含む雲)が来ていたことを知らずに、当時高校生の娘を外の給水の列に並ばせてしまったことを後悔し、何かしなければならないと奮い立った。

子どもの未来を考える会ハチドリでも、2014年から関東子ども健康調査基金と一緒に甲状腺エコー検査を行っている。今年98日に宇都宮市、1026日に那須塩原市、27日に矢板市と各会場で甲状腺エコー検査を行う予定だ。また、2013年には政府に市民の意見を届けるために、3人の議員を招いて「原発と放射能を考える座談会」を開催したり、座談会、お茶会、勉強会なども行ったりしている。

 

「核と人間の共存できない」

 震災・原発事故から13年が経った今、当時はまだ幼かった子が、大学生になり、甲状腺検査を知らなかった230代が自分で検査を申し込むことが増えた。放射性物質は目に見えない。だから甲状腺検査は、「甲状腺ガン」が見つかった人も、何もなかった人にとっても「受けて良かった」と思えるものだ。二人はそのような声を聞くと意義のある活動だと感じている。

 しかし同時に、核と人間は共存できないと強く実感した。もう一度原発事故が起こり、再びこのような活動をすることを繰り返したくない。だからこそ、原発と核の断絶のために声を上げ続けなければならないという。また、他の社会問題にも目を向けられるようになった。

これからも大切な人たちと生きていきたいという思いがあるなら、自分たちの手で未来を選ぶことができる。そのためには、自分で考えること、情報を取りに行くこと、裁判、投票、市民活動など、一人一人が出来できることを模索し、行動する必要がある。

(ラジオ学生 立花)

 

 

里親制度で「子ども」が安心して生活できる環境づくりを

6/4のみんながけっぷちラジオでは、「里親」をテーマに、NPO法人青少年の自立を支える会 ファミリーホーム「はなの家」ホーム長の石川浩子さんをゲストにお迎えしてお話を伺った。

 

血のつながりだけが家族じゃない

 石川さんがファミリーホーム「はなの家」で里親を始めたのは10年前。ファミリーホームとは、里親が5~6人の子どもと一緒に暮らし養育する、家庭養護の一種である。石川さんはこれまで10人の子どもを里親として育ててきた。そのほかにも短期で預かった子どもを含めると関わってきた子どもは30人になる。最初は24時間365日子どもたちと一緒に暮らす里親になることには覚悟が必要だったという。しかし、「血のつながりだけが家族じゃない。」はなの家に来る子どもたちを家族として迎え入れ、11人愛情をもって向き合っていると話した。「子どもたちは、様々な事情のもと、自分で暮らす環境を選ぶ選択権のないままここにやって来る。今日からここがあなたの家だと言われ、見知らぬ人たちと暮らし始めなければならない。そこで生き抜く子どもたちの大変さや頑張りを理解してあげてほしい。」と語った。

 

折り合いをつけて生きていく環境

石川さんは、児童養護施設で働いていた経験ももつ。しかし施設職員と里親では、子どもへの向き合い方が全く違う。施設の職員は「仕事」として子どもと向き合うが、里親はそれが「暮らし」の一部なのだ。時に子どもとぶつかり腹が立つこともあるが、家族ならばどこかで互いに折り合いをつける。親としてそれに向き合うことには覚悟が必要だが、子どもにとってこのような環境を通し「折り合いをつけて生きていく」ことを学ぶことは、非常に大切だと話した。

 

里親制度は「子ども」のための制度

 家庭養護や里親養育が推進されている背景には、1989年に「子どもの権利条約」が国連で採択され、1994年に日本が批准したことがある。権利条約では「子どもが安全な環境で安心して生活するために守られるべき権利」が定められ、子どもが権利の主体と明記された。里親養育はこの考え方のもとに2016年から国が推進してきた比較的新しい制度である。

 国の推進もあり、里親制度についての認知度は高まってきている。その一方で、「里親制度は子どもができない人のためのもの」という認識があることを石川さんは問題視している。里親制度はあくまで「子ども」のための制度である。まずはその認識を変えていき、その上で里親になる家庭を増やしていきたいと強く訴えた。

また、子育てのサポート体制に関しては、セーフティーネットや人のつながりの重要性を語った。「どんなに良い制度や支援団体があってもその情報にたどり着くことができない家庭もある。そのような家庭をいかに見つけ出し、関係機関につなげるかが課題。そのつなぎ役になる人をもっと増やす必要がある。」

 

(ラジオ学生 ながたき)


 

 

困窮者の支援などVネットの活動に参加したい!と思った方はこちら


 

 

番組にメッセージを送ってみよう!


みんながけっぷちラジオでは、リスナーの皆様からのメッセージをお待ちしています。番組への意見やご感想、身近な困りごとや支援の情報、紹介して欲しいイベントなど、どしどしご応募ください。

 

 

メモ: * は入力必須項目です