«がけっぷちラジオはパソコンからも聴けます»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


明日は我が身かも。「生きづらさの広がる社会」の現場から、笑いも、涙もあるリアルをお届けします。


 みんながけっぷちラジオでは、あなたのすぐ側にある「人生の見えない崖っぷち」の存在と、「崖から落ちても大丈夫だよ」という“お助け人”の活動現場をリアルにお伝えします。

 とちぎボランティアネットワーク(別名:Vネット)の活動をはじめ、栃木県内の縁の下の力持ちである支援団体の活動を紹介し、災害や貧困・フードバンクなどの『危機』と、地域にある支援団体のセーフティーネットという名の『希望』を種まきし、崖っぷちに立った時の生き方の選択肢をみなさんに紹介していく番組です。

 

宇都宮のコミュニティラジオ局「ミヤラジ」についてはこちらから。 


2024年ラジオ学生募集中!

「ラジオ学生」とは、身近にひそむ地域の「がけっぷち(課題)」やそれを救うために奔走する「助けっとさん」の活動を伝える1年間の"メディアづくり"インターン。

 

申込期限

11月6日(月)

 

■対象

栃木県内の大学生、専門学生、社会人(19歳以上)

 

■活動内容、条件

・月に1~2回のラジオを中心とした、社会課題解決に向けたメディアづくりインターン(企画、事前取材、ラジオパーソナリティ、報告記事作成)

・月に1回のラジオ企画会議の参加と運営

・1回の担当につき、些少ですが番組制作費をお渡しします

・活動期間:2024年1月~12月(他のインターン生と相談して、自分の都合に合った日程でかかわることができます)

 

■こんな方に来てほしい

•社会の現実を、世の中のたくさんの人に伝えたい人

•メディアづくりが好きな人(ラジオ、動画、文章)

•社会課題、NPO、ボランティアに関心がある人

•好奇心旺盛な人!!

 

■備考

・申込期限は、応募状況によって延長の可能性あります

・応募人数によっては面接・選考を行います

 

■問合せ 認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク(矢野)

電話 028-622-0021

メール info@tochigivnet.jp

住所 栃木県宇都宮市塙田2-5-1共生ビル3階


パソコンから聞ける!

«がけっぷちラジオの視聴方法»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


スマホ アプリでも聞ける!

スマートフォンのアプリでも聞くことができます。もちろん無料!さあ、今すぐダウンロードしてみましょう。 


ラジオのトピック

【特番】原発避難10年めラジオ

2021年3/11は福島第1原発事故の避難の10年目。「避難者の今まで」を3/7にラジオで放送しました。3つ(3人)に分かれています。


Youtubeで過去番組も 聴ける

▲▲▲クリック!
▲▲▲クリック!

▲こんな感じで和気あいあいと放送してます。


ラジオのブログ

秘密基地ずきの子どもの居場所は、路地とおにいさん

今回は、宇都宮市峰地区で〝宮っ子の居場所〟を運営する、工藤光一郎さんに話を聞いた。工藤さんは大学で建築を専攻する傍ら、休日にはこどもたちの居場所づくりに励んでいる。

 

学童のスキマをついた強み

「子供たちの居場所」と聞いて多くの人が連想するのは学童のような場所だろうか。「みねっこと大学生のひみつきち」はそういった場所とは一味違う。

 

工藤さんは、「ひみつきちが開かれるのは平日ではなく日曜日。さらに地域の大人だけでなく年齢の近い大学生と交流できる。あえて学童が休みの日曜日に開いていることや縁遠い大学生と遊んだり話したりできることがここの強み」だと語った。

 

シャイでも行ける、ひみつきち

「一人でもふらっと訪れやすい」というコンセプトがある。空き家を改築したこの場所は、少し周囲から分かりにくい。一見すると不利に思われるこの環境について「僕が子供だった時のことを考えると、恥ずかしくて、開いた場所に遊びに行くのに抵抗があったんです。だから、そういった子にも気にせず来てもらえるような空間を作りました。」という。

子どもの心は繊細だ。そういう機微をとらえた子どもに近い大人の発想だと思った。

 

 

これからの「ひみつきち」は子供だけじゃない!

 

みねっこと大学生のひみつきちの今後について、工藤さんは「子供たち以外の世代にも来てほしい」という。もともと地域住民の居場所が目的だったこの場所に、高齢者にも来てもらえる工夫をするつもりだという。企画しているのが「スマホ教室」。大学生がスマホの使い方を教える。こどもたちでなく世代を問わず集まれる場所を目指している。

役場職員には家族を亡くした方も… それでも仕事した公務員の超超激務! 「宙ぶらりんな避難」と法律の未整備

・10日後に戻ると、避難できない高齢者が家の中で亡くなっていた…

 当時双葉町の役場職員だった今泉さん。公務員は災害時でも町民の安全を守る仕事がある。非難の声かけや情報の提供、食事の提供を行ったという。また、1000人もの町民の安否確認を一人一人行った。さらに、「避難所の移動」に伴う避難計画、輸送計画、部屋割りなど決めることがたくさんあり、ゆっくり寝られる日はほとんどなかった。

 避難して10日後に、仕事で双葉町に戻った。少ない情報をもとに、残された高齢者を避難させる。しかし、冬だったこともあり、「家で亡くなっている人もいた」という。

 やはり「避難に援助を必要とする人」を救うには日ごろから地域のつながりを強めて、逃げ遅れている人に声をかけ、協力し合う「コミュニティ力」が大切だろう。原発避難はそういうことすらできなかった。

 今泉さんの知り合いは、「10日間雑草を食べて何とか生き延びた」という。

 

・地震、津波、原発。「3つの避難」の対応という公務=激務

 双葉町は最初に地震による建物の崩壊から逃げ、さらに津波から逃げ、それから原発事故による放射線から逃げと3つの避難が同時に押し寄せた。当時は相当大変な状況であったことが目に見えてわかる。

 そんな中でも公務員は町民を守るという使命から仕事をしなくてはならず、職員の中には家族を亡くし、つらい思いで仕事をしていた人もいたという。今泉さんも1か月間家族と会えず、連絡も取れず、安否のわからない状況で仕事をしていた。情報が入らないなか、町民からは判断を迫られ、夜まで寝られない状況が続いた。「判断する立場の人は、重い責任がのしかかるから相当大変だっただろう」と今泉さんは語った。

 

・12年経った今も避難状態。「宙ぶらりん」な政治参加・社会参加

 今泉さんは今埼玉県上尾市に住んでいるが、住民票は双葉町のまま12年が経とうとしている。「(町の)情報が入ってこないのが一番不安だ」と今泉さん。

 また、住民票の問題で「政治参加・社会参加については宙ぶらりんな状況」にある。住んでない町の選挙は少ない情報で候補者に投票し、今住んでいる町の選挙はもちろん、決め事にも参加できないのである。本来平等にあるべき参政権。この状況は平等と言えるのだろうか。

 「同じように原発事故があったチェルノブイリでは明確に、逃げる権利があるとし、逃げた人全員に補償をしている。逃げない権利も認めている。しかし、日本はそこをあいまいにしている」と海外と日本の対応の違いを語る矢野さん。

 今泉さんも「日本は自治会を抱えているため、広範囲の避難はパニックを起こす。自治会が大きな動きをできなくさせているのではないか」と自治会制度の問題点を語った。もちろん海外と日本では制度が違うこともあり、難しいこともあるかもしれないが、チェルノブイリのような対応は積極的に取り入れていくべきだと思う。

(加藤)


 

 

困窮者の支援などVネットの活動に参加したい!と思った方はこちら


 

 

番組にメッセージを送ってみよう!


みんながけっぷちラジオでは、リスナーの皆様からのメッセージをお待ちしています。番組への意見やご感想、身近な困りごとや支援の情報、紹介して欲しいイベントなど、どしどしご応募ください。

 

 

メモ: * は入力必須項目です