«がけっぷちラジオはパソコンからも聴けます»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


明日は我が身かも。「生きづらさの広がる社会」の現場から、笑いも、涙もあるリアルをお届けします。


 みんながけっぷちラジオでは、あなたのすぐ側にある「人生の見えない崖っぷち」の存在と、「崖から落ちても大丈夫だよ」という“お助け人”の活動現場をリアルにお伝えします。

 とちぎボランティアネットワーク(別名:Vネット)の活動をはじめ、栃木県内の縁の下の力持ちである支援団体の活動を紹介し、災害や貧困・フードバンクなどの『危機』と、地域にある支援団体のセーフティーネットという名の『希望』を種まきし、崖っぷちに立った時の生き方の選択肢をみなさんに紹介していく番組です。

 

宇都宮のコミュニティラジオ局「ミヤラジ」についてはこちらから。 

▲こんな感じで和気あいあいと放送してます。2017年5月2日(火)の回です。


パソコンから聞ける!

«がけっぷちラジオの視聴方法»

①下のアイコンをクリック!

②右側にある「プレイボタン▶」を押す

③パソコンからも直接聴けます。


スマホ アプリでも聞ける!

スマートフォンのアプリでも聞くことができます。もちろん無料!さあ、今すぐダウンロードしてみましょう。 


ラジオのブログ


【サバイバーに聞く②】養護施設グレる子のイメージ払拭! 立派な会社員になりました!

スーツ好青年の小6は「家事と弟の世話」 

 今回(1/22)のゲストさんはサバイバー企画第二弾に見合わずスーツをビシッと着こなす爽やか好青年。そんな彼が養護施設で育ったなんて誰が思うでしょう。養護施設といえば大変失礼な話ですが正直なところ、勉強が苦手な子やグレてしまう子が多いイメージ。実際に私の友達で養護施設の子は高校中退して疎遠になってしまいました。

 ゲストの吉田さん(26)は、母子家庭かつ体調を壊していた母親に変わり、母親と弟2人の面倒を見るという小学生離れした幼少期を送りました。無邪気に公園で遊ぶという当たり前が当たり前でない子どもがいるのです。

 

「頑張れる子-頑張れない子」の違いは、自己肯定感

  そして母親の入院と中学入学を機に養護施設へ。グレる仲間はいっぱいいたようですが、吉田さんは「貧困の連鎖を止めるのは教育」と早いうちに悟り、ぶれることなく勉学や部活動に勤しみました。推薦で大学に行き、今では立派な会社員です。

 キーワードは「自己肯定感」。頑張れる子と頑張れない子の違いはこれだとおっしゃいました。これはどの家庭環境にも当てはまり、他人事ではありません。褒められたり自信につながったりする出来事は人生を変えるんです。周りは小さな事でも褒めて、いつでも味方でいてあげたいものですね。(フジクラ)

 

●twitterはじめたよ

【学生パーソナリティー@みんながけっぷちラジオ】

●フォローしてね

 

 

 

対象者+かかわった人が好い変化を生む=ボランティア醍醐味

 

 【2020/1/7】 當真昇吾(とうま・しょうご/ラジオ学生)+小林芽衣(コメントお姉さん)+矢野正広さん/た助っ人さん=NPO法人とちぎボランティアネットワーク理事長)

 

 1/7みんながけっぷちラジオ新年最初のゲストは、なんと矢野正広さん。いつもはコメントおじさん役ですが、今日は特別に「矢野さんってどんな人?」とか、過去の事績・経験とか、とちぎボランティアネットワーク(以下Vネット)のことについてお聞きしました。

 

●「対象者だけでなく、関わった人に良い変化があること」が大事。

 矢野さんは高校の頃からボランティアをやっていて福祉系大学に進学。学生の時は自主広報紙を発行したり、難民問題でNGOと一緒に自主的にスタディーツアー作ったり…していたそうです。卒業後は障害者作業所、有機栽培の農家の見習いのあと「NGO/NPOのための編集プロダクション」を自営。重度障害者の自立生活運動も同時に行っていたそうです。阪神・淡路大震災のあった1995年にとちぎVネットを設立し、事務局長になり現在に至る…ボランティア歴42年!だそうです。現在のとちぎVネットは、子どもの貧困のことや、フードバンク、ラジオの運営など、こっちもいろいろやっています。

「やりがい」について聞くと、矢野さんは「協力してくれた人たちがハマった時、とのこと。

 私(=とうま)その言葉に少し衝撃を受けました。普通はボランティアって「運営する人」や「その対象」に注目がいきがちですが、矢野さんは「対象者だけでなく、そこに協力してくれた人たちにも、何か良い変化を生じさせることがボランティアの醍醐味であり意義だ」と考えているんだなと。

 これはきっと、様々なボランティアの企画・運営をしてきたからなのかもと思いました。私もボランティアやったら「参加前」と「参加後」での自分自身の変化について観察してみようと思いました。もしかして“変化”に気付いた時、ボランティアの虜になってたりして!!

  

●「社会の変容」を捉えて、未来予測&アクション!

 自身の今後について「年も年だし、あと10年くらいが限界」という矢野さん。では、この残りの10年で何を行っていきたいのか。矢野さんは「Vネットの活動に関わってくれている若い人たちが(社会的意義がある)やりたいことをやり、Vネットの活動の幅を広げてほしい。そのお手伝いを今後していけたらいいね」と話していました。

 現在、このラジオをはじめ、地域の子どもを招待した「子ども合宿」の開催など、数多くの学生・ワカモノがVネットの活動に携わっています。この話を聞いて、私もその中の1人として活動の幅を広げていくのはもちろんのこと、Vネットの継承についても考えていく必要があるなと感じました。

 矢野さんは「SDGs(※)など、この10年で、やらなければいけないことは確実に変わってくる」と社会の変容について、ラジオ内で何度かお話をされていました。社会の動向を確実に捉え、未来を予測していく。そのスキルが私たちに求められていると今回の収録から感じました。社会が変われば“がけっぷち”も変わっていきます。社会の変化を捉えるためにも、今後もこのラジオから目(耳)が離せませんね!

 改めまして、新ラジオ学生、沖縄出身の當真です。にふぇ~で~びる(沖縄の方言で

”ありがとう”)。これから1年間よろしくお願いいたします!(とうま)

 

※SDGs:持続可能な開発目標。「2030年までに17の目標(160項目)を達成しないと地球(地域社会)そのものが持続できなくなる」という国連で決めた国際社会共通の達成目標。

放送予定


※内容は予告なく変更となる場合があります。

5月28日(火)

19:00-20:00

テーマ

認知症Cafe

内容詳細

金沢さん

 

以降は決定次第、公開予定!

これまでの放送内容はこちら

 

 

困窮者の支援などVネットの活動に参加したい!と思った方はこちら


 

 

番組にメッセージを送ってみよう!


みんながけっぷちラジオでは、リスナーの皆様からのメッセージをお待ちしています。番組への意見やご感想、身近な困りごとや支援の情報、紹介して欲しいイベントなど、どしどしご応募ください。

 

 

メモ: * は入力必須項目です