令和元年台風第 19 号

栃木県宇都宮市における

田川流域の避難行動・生活復興調査 


2019年10月水害(宇都宮・田川付近)調査報告書ができました。2020年2月に実施したアンケートでは448件・763人の皆さんからご協力いただきました。ありがとうございます。全編170ページなので、概要版(16P)と各章ごとに分けたものも公開します。

・トピック①:時間×地点ごとの浸水状況がわかります。

・トピック②:実際の避難行動はどうしたのか

・トピック③:自家用車の被害地点、家屋修理費用(出費)も

今後水害に備えて、現実的な避難場所の検討も必要だとおもいます。自治会等で検討する参考にしていただければ幸いです。 


ダウンロード
16ページ 報告書(概要版)
20210203_報告書(概要版).pdf
PDFファイル 1.8 MB

ダウンロード
15ページ 0章 目次等
20210203_報告書(本編版).pdf
PDFファイル 615.6 KB
ダウンロード
10ページ 1章 令和元年台風第 19 号の概要(全国)
01_報告書(第1章).pdf
PDFファイル 1.1 MB
ダウンロード
14ページ 2章 令和元年台風第 19 号の概要(栃木県)
02_報告書(第2章).pdf
PDFファイル 1.6 MB
ダウンロード
12ページ 3章  令和元年台風第 19 号の概要(宇都宮市)
03_報告書(第3章).pdf
PDFファイル 1.6 MB
ダウンロード
66ページ 4章  被災地域における避難行動・生活復興状況
04_報告書(第4章).pdf
PDFファイル 8.3 MB
ダウンロード
8ページ 5章 災害対応・被者支援方策の検討(提言)
05_報告書(第5章).pdf
PDFファイル 975.7 KB
ダウンロード
20ページ 6章  被災者支援と 災害写真 記録収集の取り組み
06_報告書(第6章).pdf
PDFファイル 5.0 MB
ダウンロード
31ページ 付録 調査票・基礎集計
07_報告書(付録).pdf
PDFファイル 2.6 MB

県内全体:情報サイト

  がんばろう栃木!復興ネットワークhttps://ganbarotochigi.sakura.ne.jp/ga/

(栃木・佐野・宇都宮・那須烏山・鹿沼)

暮らし復興支援センター

復興DIYセンター=日本財団助成)

宇都宮市塙田2-5-1 共生ビル3F 

とちぎVネット内 電話080-3505-817(火曜定休10-17時)

 

●田川の水害で被災した家屋の片付け、生活の復興支援のボランティアをしています。

●DIYセンター(自分で家を補修)したい人)に工具、機材、車をお貸しします。

●毎週金曜は [子ども食堂/地域食堂] 災害後の地域づくりも応援します。



ダウンロード
工具カタログ.pdf
PDFファイル 5.0 MB

ダウンロード
取扱説明書_インパクト10.8V.pdf
PDFファイル 9.7 MB
ダウンロード
取扱説明書_インパクト18V.pdf
PDFファイル 9.7 MB
ダウンロード
取扱説明書_ボードカッタ.pdf
PDFファイル 16.2 MB

災害DIYセンター

軽トラック・軽バンの貸し出し

災害がれき・家財等の運び出し、資材の運搬などの用途にご利用ください。

詳しく見る

●工具・機材の貸し出し
浸水被害にあった家屋や敷地の泥だし・洗浄・乾燥や、修繕などの用途にご利用ください。

詳しく見る

●家屋の応急処置の相談や講習会の開催
専門知識を持った技術系災害ボランティアや地元建築士の方々による、各種相談や講習会を行っています。

ダウンロード
取扱説明書_マルチツール.pdf
PDFファイル 17.2 MB
ダウンロード
取扱説明書_ランダムオービットサンダ.pdf
PDFファイル 16.6 MB
ダウンロード
取扱説明書_電動ハンマ.pdf
PDFファイル 17.8 MB
ダウンロード
取扱説明書_充電式丸ノコ.pdf
PDFファイル 16.0 MB


復興ボランティア10万人を支える募金です

👈寄付サイトはこちら

・復興のまちづくりなどの活動に使われます。

・まもなく1次助成も公募開始!

スマートサプライ:物品応援サイト

👈サイトはこちら

・必要なものが、

必要なだけ、

素早く応援できる。


10,000棟の床上浸水。ボランティア10万人を支える募金

地域の復興を支援します。

第1回助成金の公募が開始しました。 


災害ブログ

気になるこの人!能登半島被災地支援ボランティアで出会った正義の男" まこやん”にインタビュー

 

 

◇県北で社会貢献やボランティア、SDGs活動に積極的に取り組んでいる方々にしょうちゃんが聞く!

今回は能登半島被災地支援ボランティアでともに活動した”まこやん”さんにインタビューをさせていただきました。

 

 

◇お名前は、まこやん!?さん?

まこやんでいいです。さんはいらないから、”やん”が謙譲語です。

◇出身はどちらですか?

 栃木県宇都宮市に40年いましたが、今は那須町に住んでいます!

 

◇お仕事は何をされていますか?

 仕事はずっと建設業です!職種は同じですが、ちょうど今の仕事をやめて3月から那須塩原市の建設会社に転職をしました。

 

◇災害支援は?

 東日本大震災のときに被災地に行って支援をしていました。

 

◇今回の災害ボランティアは?

 足湯をしてあげることが初めての経験で被災者と心の交流が出来たと思っています。

また、第2陣(1/26-2/1)で一度行きました。活動をした被災者の方に連絡先を教えてもらってまた会いにいって訪問をすると喜んでもらい、漬け物とかをいただいたりしました。

以前は拠点が水も電気も使えない状態でしたが、使えるようになって良かったです。

 

◇ボランティア活動をしていて感じたことは?

 行政はボランティアの受け入れ体制ができていない!また損壊した自宅に住み続けていたり被災者への対応がすすんでいるのか!?日帰りボランティアがもっと来ないと家の片付けが進まないと強く感じました。

 

◇正義の男??

 納得のいかないことや、理不尽なこととかをされると上司でも言ってしまいます。    だけど言った後にいつも反省します。れいわ新選組山本太郎議員が好きでおしゃべり会や講演会などによく参加します。今回も能登半島に行くか横須賀で開催される増税ダメ!絶対!デモに行くかで迷っていました。結局デモは中止になったので良かった(笑)

 ──しょうちゃん、れいわのポスターをもらってくれてありがとう!

 

◇最後にメッセージをお願いします

 災害支援に行きたい人がいける環境に早くなって、行きたいと思った人が活動しやすい環境になってほしいです!

インタビューは以上です

 

取材後記)

 災害は突然やってきます。私自身、災害現場でボランティアとしてまこやんと共に活動していくなかで、被災地の人々の笑顔と感謝の言葉は、何よりも大きなものでした。

 まこやんは災害ボランティア支援は、一人ひとりが行動に移して力を合わせればどんなに大きな困難でも乗り越えられることをずっと信じています。

 

ありがとうございました。(しょうちゃん)

続きを読む

能登半島地震 4日間の災害ボランティアレポ

 2/21-2/24までの4日間、石川県鳳珠郡穴水町で災害ボランティアをしてきた。2/20の22時に宇都宮を出発し、今後4日間を共に活動する初対面のボランティア同士挨拶。車内では少し雑談をした後、おのおの眠りについた。

 約8時間後、運転ボランティアの安全運転のおかげで、無事早朝に穴水町に到着した。道路には大きな亀裂や隆起があり、中心街の道を走ると全壊の建物が目に入る。事前に写真で見ていたが、やはり生で見ると衝撃的で、唖然としてしまう。

 

 活動全般をコーディネートしてくださったのは、名古屋市のNPO法人レスキューストックヤード(RSY)。RSYの活動拠点は学童施設を借りた場所らしく、中に入ると20名ほどのボランティアが集っていた。先日から活動している人から引き継ぎを受ける。初日は水道が復旧していなかったので、トイレトラックの場所や手洗いうがいの水の使い方など聞いた。先週までは、電気も復旧していなかったらしい。

 活動内容は、社会福祉協議会と連携した避難所の運営サポートや、避難所での足湯、個別訪問、他にもボランティアセンターに寄せられたお困りごとに応じた活動など様々。限られた時間、自分に何ができるだろうか。とにかく手を動かそう、と思った。

 

◆災害ごみの回収

 初日は、7人1チームで災害ごみの回収を行った。「災害ごみ」として、被災された方が分別したものが道路に出されているため、1軒1軒回り、2トントラックに詰め込んだ。大きなタンスや棚、コンクリートの壁材、布団などが、地震の影響で壊れ、雨に濡れていた。発災から2か月たってやっと、ボランティアが来て回収できたんだな、というのが率直な感想だった。午前中は2軒分だけでトラックがいっぱいになってしまった。

 活動した地区は穴水町中心部から車で30分ほど。中心部の役場近くに回収場所があるため、往復1時間かけてごみを出す。午後は4軒ほど回り、その地区の回収は完了したそうだ。これまで使っていたものが一瞬でごみになってしまうと肌で感じた。

 ◆個別訪問

 個別訪問では、地図をもとに2~3人1チームで全宅訪問を目指して1軒1軒回った。発災直後の時期を過ぎ、今はすべての人が避難所にいるわけではない。息苦しく常に他人の目がある集団生活より、よほど危険な状態でなければ自宅にいる選択をしている方もいた。私が個別訪問をした地区はそういう方が多かった。

「90代の母が一人暮らしをしていたこの家。もうここには住めない。娘の私のところで一緒に暮らしていく予定だ」と、震災を機に故郷を離れる選択をした方。

「生まれ育った穴水を離れる気はない。子どもたちは東京に行ってしまって、帰ってこないしなあ。自分らがいなくなったら、ここは空き家になる」と、家の修理をしながら話してくれた70代夫婦。

「仮設住宅にしても、公費解体にしても、どんなスケジュールで進んでいくのか読めない。今後のことは考えられない」と話す方など…

家屋も心身も、一人ひとり状況は異なり、先が見えない中で今後の選択を迫られる。ショック、落胆、衝撃、恐怖、不安を抱えながらも、日常に戻るため進み続けなければならない…。

 

◆足湯ボランティア

 今回初めて足湯ボランティアを経験した。避難所で足湯+ハンドマッサージをするボランティアだが、目的は「つぶやきを聞き取る」こと。固定化する人間関係や、息苦しい避難所生活に、よそ者ボランティアにだからこそ気兼ねなく話せることがあるようだ。

 やってみるまで少しドキドキだった。見ず知らずの自分にお話してくれるかな。いざやってみると、足湯のあたたかさでお互いにぐっと心がほぐれる感じがした。仕事のこと、子どものこと、今の暮らしのことなどざっくばらんにお話した。「今感じていることに耳を傾けてくれた」という存在として、少しでも心に残ってもらえたらいいなと感じた。

 入浴は避難所や交通手段によってさまざま。1日おきのシャワーだったり、自衛隊のお風呂テントに並んで入りに行ったり、お風呂がある避難所へ行ったり。在宅避難の方は井戸水を沸かしている方もいた。

 

続きを読む