子ども✕学生若者プロジェクト

Vレンジャー


大学生・若者ボランティア募集中!

「Vレンジャー」は、子どもとの企画をイチから作り上げる、大学生・若者ボランティアチーム。

親が働きづめだったり、経済的な理由から、なかなか遊びに行けない子どもたちに、さまざまな体験をお届けする令和のヒーローです。

 

学生・若者ボランティアを募集しています!!

 

●子どもとの企画を考えたい!

●同年代の人と何かしてみたい!

●なにか新しいことをしたい!

 

あなたのアイデア次第でいろいろなことができちゃうかも!?

「子ども好き」「自然好き」が救える、子どもの体験の貧困。

一緒に子どもを救うヒーローになりましょう!

 


◆◇ 次のミッション 

 

・10月後半に芋ほり体験に子どもたちを呼ぼう!

・いろいろな子どもたちにも来てもらいたい!

 



次回 企画会議

日時:2020/9/29(火) 19:00-21:00

場所:Vネット事務所&オンライン上(zoom)で実施しています。

内容:秋企画(芋掘り)について

 

 参加してみたい人は、下↓のボランティア申込フォームから。

メッセージ欄に●月●日の参加希望と記入してください。

ボランティア申込み

メモ: * は入力必須項目です


自粛期間中でも楽しめるぶいれた~制作

子ども向けお便り「ぶいれた~」全8号発行!

おうち時間に、宿題の合間に、暇つぶしに・・・

ぜひ子どもたちにプレゼントしてください。

 

お便りはこちら

*8回分のお便りが無料ダウンロードできます

 

 

 

子どもキャンプの企画

子ども夏キャンプ2020

 →2020年8月に塩谷町の荒川で川遊び・スイカ割りをしました。大人も子どもも一緒になって楽しみました

子ども冬あそび2020

 →雪がない、コロナウイルスが広がっている…という困難を乗り越え、2020年2月に那須野が原公園でデイキャンプを実施しました

夏休みこどもキャンプ2019

 →初めてのキャンプは、宇都宮の森林公園へ!BBQをしたり、川遊びをしたり、2日間自然を満喫しました♪


Twitter 更新中!


Vレンジャー YouTube出演!

学生若者ボランティアチーム Vレンジャー

2020年春の自粛期間中に、子どもたちに遊んでもらえる動画をつくりたいと、ぶいれた~というお便りと一緒に、動画も配信していました。

 

良かったら見てみてください!



活動ブログ


Vレンジャー秋企画始動&新メンバー増えました!

Vレンジャーの秋は芋ほり

 9/8はVレンジャーの会議をしました。

夏企画を終え、次は10月にさくら市にて「芋掘り」を行います🍠ボランティアさんに農家の方がいて、芋ほり体験をさせていただけることになりました。今回はご飯とレクリエーションについて話し合いをしました!

 

学生&社会人ボランティア募集中!

 今回の会議では2人の新しいメンバーが参加してくれました。農業に関心のあるメンバーも増え、心強い限りです。大学生も社会人も新メンバー随時募集中です!是非私たちと一緒に活動しましょう🔥

参加希望者はこちら(あっきー)

川遊びで大盛りあがり!子どもデイキャンプ

 8/29に行なった「子どもデイキャンプ」は、子ども6人・学生5人・大人8人の総勢19人の参加で盛り上がりました。

塩谷町の荒川の河原で…

 今回の活動場所は塩谷町の荒川。朝の会では自己紹介やレクを行いました。(積み木自己紹介・たるえだゲーム)初対面の人同士が多かったので、打ち解けて1日を楽しく過ごせるように工夫をしました。

 朝の会を終え、早速着替えて川へ行きました。午前中は自由遊びの時間。「つめたーい!」「さかながいた!」子どもたちは思い思いに楽しんでいました。

続きを読む

子どもデイキャンプまであと2日!

8/25にVレンジャー会議をしました。

午前中は、雨の日の場合のレクリエーションを考えたり、竹の水鉄砲を作ったり、ゲームで使う樽を段ボールで作ったりしました。竹の水鉄砲は微調整を行いながら、なんと10個も作ることができました。頑張りました!

午後は、キャンプの下見へ。安全対策を徹底して楽しい夏キャンプにするぞー!おー!(まふぃん)

 

ここで朗報です!

キャンプでスイカ割りをするですが、大田原のスマイルハウスさんからなんとスイカを3ついただきました!本当にありがとうございます。

続きを読む

子どもデイキャンプまであと1週間!

 

 

子どもたちと夏を楽しむデイキャンプ当日まであと1週間!

 

今回はスケジュール確認、雨の日の対応、備品リストづくり、竹鉄砲づくりなど午前から15時頃までミーティングと準備作業を行いました。

 

暑さやコロナ対策にも気を配りつつ、子どもたちに楽しんでもらえるよう企画作りに励んでいます。

 

午後は竹の水鉄砲づくりをしました。試行錯誤しながら楽しんで作業を進めていると、通りすがりの方からアドバイスをいただくことも!

 

いつもと違う夏だけれど、参加するみんなにとって、思い出に残るものになったらいいなと思います。本番まであと少し。力を合わせて頑張ります!(ゆ)

子どもキャンプの水鉄砲づくり、まずは竹の伐採から

2020年版竹取物語

8/9はVレンジャーの3人・けろちゃん・まふぃん・ふーばくんで益子へ。トチギ環境未来基地の里山整備のボランティアへ行きました。今回のミッションは「竹の水鉄砲用の竹を切る!」です。まさかVレンジャーに入って竹を切ることになるなんて・・・なんでもやってみよう精神で森に入っていきました。

 

竹林は、もともとお城!?

もともと小宅城というお城があった場所だそうで、土のお堀が見てわかるくらいしっかりと残っていました。しかし、見渡す限り竹・竹・竹…。竹はなんと、1年で10mほどに伸びてしまうのです!その生命力は見習いたいですが、里山にさまざまな動植物が暮らすためにはすこし厄介な存在だそうです。また、お城があったという文化を継承していくためにも、人の手を入れて整備することが重要とのこと。そんなことを教わりながら、竹をどんどん切っていきました。

 

水鉄砲用の竹ゲット!

約5時間作業し、3人で20本も切りました。竹切りはここまで熱中できるとは想像もしていませんでした。のこぎりで切れ目を入れていき、なたでコンコンと穴を開け、長い竹が倒れる瞬間は達成感がありました。お昼は竹で作った器でそうめんを食べて涼みました。水鉄砲用の細い竹も無事ゲットし、竹の切り方もマスターし、大満足の一日になりました。竹の水鉄砲づくりも頑張るぞー!

 

トチギ環境未来基地の竹林整備は明後日もあります。興味がある方は予約して参加してみてください。外出自粛でなまった身体から、とんでもない量の汗がでて爽快です。ただし、虫除けスプレーを忘れずに。(顔だけで10箇所刺されました。Byけろちゃん)

続きを読む

Vレンジャー活動説明会、気分は夏祭り!

Vレンジャーで夏祭り気分

8/8(土)にVレンジャー活動説明会を行いました。わたしたちの活動を知ってもらえるよう、メンバーが作成した動画を流しながら説明をしました。説明会の後は屋上へ!夏祭りの屋台さながらのセッティングで、気分も盛り上がりました。気になる晩ごはんメニューは、シャオピン・まるごときゅうり・焼き鳥など盛りだくさん。自己紹介では「今年の夏楽しみなこと」を言い合いました。「流星群をみること」「明後日山登ります!」…今年の夏は自然を楽しむメンバーが多かったです。

 

子どもデイキャンプ準備中

そんなVレンジャーの一番の楽しみは、やっぱり子どもデイキャンプ!8/29に行う企画の準備が着々と進んでいます。こどもの参加申込も入ってきています。対策を万全にして、子どもたちが楽しめる企画づくりをしていきたいと思います。今回の活動説明会は新メンバーを募集するために行いましたが、ざんねんながら新メンバー候補の参加はありませんでした。いつでもVレンジャーはメンバーを募集しています!・子どもが好き・自然が好き・なにかしたい!そんな学生・若者の皆さんはご連絡ください。(問・028-622-0021)(け)

続きを読む

8/8「Vレンジャー新歓」開催します!

学生・若者ボランティアチーム「Vレンジャー」の新歓を開催します!

内容は、活動説明と、屋上でのご飯会。夏の夕方、みんなで外でご飯を食べましょう。※コロナ対策のため大人数でシェアするものは出ません。

「自然が好き」「子どもと遊びたい」「ボランティアに興味がある」「何か新しいことをやってみたい」方は、是非ご参加ください(特に大学1・2年生のみなさん!)。

「みんなでご飯を食べて話したい」という方も大歓迎です。お申し込みは以下のフォームから!(あっきー)

-------------------------------------------------

日時 : 8/8(土)17:00〜19:00

場所 :Vネット事務所(宇都宮市塙田2-5-1 共生ビル3階)

対象 :主に大学生(大学生以外の方も大歓迎)

内容 :Vレンジャーの活動説明会、ご飯

持ち物:夏を楽しむ気持ち、Vレンジャーへの興味

費用 :ひとり500円

---------------------------------------------------

続きを読む

子どもデイキャンプ、今夏は川遊び!学生ボランティア&活動資金も募集

こんにちは!Vレンジャーのけろチャンです🐸
先日メンバー5人で、子どもとの夏企画の下見に行きました。目的地は「川」!!そうです、今年の目玉企画は川遊び。塩谷町や矢板市の遊べる川を探してきました。

昨年度企画に参加してくださった、子ども食堂のボランティアQさんに、夏のデイキャンプのことをお伝えしました。「コロナもあり、『今年の夏はいつも以上につまらない。何かやってよ~』と言ってくる子どもたち。デイキャンプの件を聞いたら喜ぶと思います!」とのこと。楽しみにしている子どもたちを思いながら、リスク管理をきちんと行い、安全に楽しく活動できるよう、企画を進めていきます。

 

●学生ボランティア&応援募集

学生ボランティアもまだまだ募集しています!特に大学1,2年生、新しいことを始めてみませんか?

 

「活動を応援したい」皆様のご寄付も受け付けています。このデイキャンプは、家庭の経済的な理由などにより遊ぶ機会が少ない子どもに体験をプレゼントするためおこない、子どもたちを無償で招いています。ご寄付は食費や交通費などに使わせていただきます。ぜひ皆様のご協力をお願いします。

 

〈ご寄付の方法〉

現金…直接事務所にお持ちください

・銀行振込…栃木銀行 馬場町支店 普通 9918701名義/(特非)とちぎボランティアネットワーク理事矢野正広

 ・郵便振替…宇都宮00360-4-38111名義/とちぎボランティアネットワーク

※備考欄などに「子どもキャンプ」とご記載ください

 

寄付先こちら⇒とちぎボランティアネットワーク

(会員、その他プロジェクトの寄付も募集中)

(け)

高齢者宅のお片付け・Vレンジャーが出動

 学生若者ボランティアチーム・Vレンジャーは、先週の土曜日【家の片付けボランティア】に出動しました。Vネットの社会福祉士オザワさんのつながりで、ご高齢の方2人ぐらしのお宅へ行きました。Vレンジャーのメンバーから6人参加しました。

●巨大なタンスを移動!

 今回のミッションは「大きなタンスを別の部屋に運ぶ」。介護ベッドを夫婦2人同じ部屋に並べていれるため、タンスを移動する必要がありました。扉より大きなタンスをどうやって運ぼう…そう思っているときにた助っ人さんがやってきました!住宅の知識も持っている、福祉施設のZさん。Zさんのおかげでみんなの息が揃い、無事に巨大なタンスを運ぶことができました。他にも、洋服の整理や床掃除をしました。近々ご夫婦が家に戻ってくるそうで、今回の片付けで少しでも生活しやすくなれば嬉しいです。

●Vレンジャーお片付け隊、今後も出動します!

 「身体が不自由になると、腰を下ろした周りにモノが積み重なっていく」とオザワさんが教えてくれました。確かに掃除は、しゃがんだり掃除機をかけられる体力がないとつらいものです。高齢者だけで暮らすお宅は多くあります。またお手伝いできる機会があれば、Vレンジャーが出動します!(け)

川遊びできる場所はどこだ!子ども夏企画考え中

 学生若者ボランティアチーム・Vレンジャーです。7月14日に会議を行いました。今回は8月29日に行う予定のVレンジャー夏キャンプの場所について話し合いました。キャンプでは川遊びをする予定なので、川のある場所をみんなで探しました。

 候補として県北の方にあるスポットが3つほど挙がったので、早速7月19日に下見に行ってきます!

 

学生若者ボランティア募集!

 今回の夏キャンプを行うにあたり、一緒に企画を考えたり、子どもたちと遊んだりする学生ボランティアを募集しています。キャンプが好きな方、子どもが好きな方、何か新しいことをやってみたい方、是非参加してください。コロナウイルスの状況も踏まえながらの企画になりますが、子どもたちに楽しい経験を届けたいと思っています。

また、子どもたちのキャンプの活動費として寄付も募っています。子どもたちの体験の貧困をなくすべく、みなさまのご協力お願いします。

子どもお便りぶいれた~、すべてお見せします

ぶいれた~総集編!今までのお便りをすべてお見せします。

 

学生若者ボランティアチーム「Vレンジャー」では、4月~7月まで、子どもたち向けのお便りを作成していました。コロナの影響で学校が休校になり、家にいる時間が増えていた子どもたちが、家でひとりでいても楽しんでほしい!そんな思いからこの企画は始まりました。

 

全8回のお便りは以下からダウンロードしてください。ぜひ、子どもたちの息抜きにプレゼントを!(ま)

ダウンロード
ぶいれた~ 第1号
子どものおうち時間に「ほっと一息」を!そんな思いで作成した子ども向けお便りです。まちがいさがしやなぞなぞでやわらかアタマになろう。
ぶいれた~①.pdf
PDFファイル 968.5 KB
続きを読む

夏に向けてVレンジャー始動!

7月7日に、Vレンジャーの会議を行いました。この日は久々に事務所で会議を行いました。おおよそ隔週で行われるこの会議、今回の議題は、この夏開催予定のプチ納涼祭とキャンプについてです。

 

プチ納涼祭案は、

・事務所の屋上で花火

・屋台で売られてるような食べ物を食べる

・浴衣を着る

などなどが出ました。軒並み大きいお祭りが中止される中、少しでもお祭り気分を楽しみたいと様々な意見があがりました。

 

キャンプについては、日帰りで

・川遊び

・スイカ割り

・水鉄砲や水風船

・竹細工

など、「暑い夏に川や水で遊ぶのいいね」という方向で内容が話し合われました。内容や日にちについては正式に決定してからまたお知らせします!

 

 そしてVレンジャーでは、活動に関わるボランティアを募集中です!会議に参加して企画を立てたり、また、会議にはあまり参加できないけれどキャンプに近い時期の会議や当日のボランティアはできるという方も大歓迎です!各々が可能な範囲で活動に参加しています。はじめのうちは見学だけでもOKですので、少しでも興味がある方はご連絡ください!こちらから連絡ができます。(はた)

キャンプ×子ども=Vレンジャー!ぜひ一緒に活動しましょう!

 広報ウィーク最終日は、「Vレンジャーの魅力」を紹介したいと思います。

 

 Vレンジャーでは、キャンプやぶいれた~、動画のような企画を自分たちでつくっています。いちから企画に携わりたいという人にはぜひ活動に参加してほしいです。

 Vレンジャーの構成としては、宇都宮大学の学生がいちばん多いですが、他の大学の学生や、若い社会人のレンジャーも活動に参加しています。他の大学や社会人と一緒に活動することができます!また、子ども食堂や子どもの居場所を運営している人やそこに関わっている人など、様々な大人と関わることもできます!

 そして、企画を通して子どもと遊びたい子ども好きな人や、キャンプや自然が好きな人にとっても楽しい活動だとおもいます!興味がある方は、ぜひ活動の様子をのぞきにきてみてください!活動に参加したいというかたはこちらから。これにて、広報ウィークは終了です!今後もブログの投稿をしていくので、よろしくお願いします。(こば)

手作りお便りと手作り動画にちょうせん!

 広報ウィーク今回は「ぶいれた~と動画」について紹介します。

 Vレンジャーではキャンプの企画だけでなく、ぶいれた~&動画を作成して子どもたちに届けていました。ぶいれた~は子ども向けに作成したお便りのこと。動画も、子ども向けに作りました。ぶいれた~と動画は、新型コロナウイルスで休校中の子どもたちに「楽しい!」を届けるため手作りです!県内の子ども食堂や子どもの居場所といった団体さん中心に配布しました。今までのぶいれた~の内容は、すごろく、まちがい探し、クロスワード、豆知識、迷路などなど。動画の内容は、折り紙や実験、すごろく、キャンプの写真スライドショーなど。YouTubeに動画を載せているので、ぜひ見てみてください!VレンジャーのYouTubeチャンネルはこちら

 ぶいれた~と動画はいったん作成を終了しますが、今後も不定期で続けていけたらいいなと思っています。

続きを読む

子どもの体験の貧困救うため、日々活動中!

 広報ウィーク5日目、今日は日々の活動である「会議とTwitter」について紹介します!

 

 Vレンジャーの会議は2週に1回ほど開催しています。キャンプのような企画の前には1週間に1回以上の頻度になることもあります。基本的には、とちぎボランティアネットワーク事務所に集まって会議をします。が、最近はオンライン(zoom)で開催しているので、下の写真みたいな感じです。

続きを読む

ぶいれた~最終回!動画も見てね

子ども向けお便り「ぶいれた~」最終号発行!

4月から発行してきたぶいれた~は、第8号で最終回になります。今回も盛りだくさんの内容ですよ!

●○☓クイズ

●唱えてみよう!元気ワード

●Vレンジャーすごろく

Vレンジャーチャンネルの動画では、メンバーがぶいれた~に載っているすごろくをしています!ぜひそちらも見てみてくださいね。

動画はこちら

 

小・中学生は、学校が始まってどんな生活を送っているのでしょうか?息抜きにぶいれた~で楽しんでもらえたら何よりです。また、Vレンジャーでは夏に子どもたちを招いて、あそび企画を行う予定です!詳細が決まり次第、お知らせします。子どもたちに会える日を楽しみに、企画を頑張りたいと思います!(ま)

ダウンロード
ぶいれた~第8号.pdf
PDFファイル 703.6 KB

目玉企画はカレー作りとウォークラリー!

 広報ウィーク4日目!「夏休み子どもキャンプ」に続きまして、今日は「子ども冬遊び」について紹介します。「子ども冬遊び」は、2月に那須野が原公園で行った企画です。チーム対抗カレー作りや、公園全体を使ったウォークラリーをしたり焼き芋を食べたりしました。カレー作りは両チームともアレンジしながらおいしくできました。ウォークラリーは公園全体を使って行い、お題クリアに盛り上がりました!

 

 この冬企画は「夏に引き続き冬も企画して遊びたいね」ということでスタート。「泊まりで雪遊びできるところがいいね」という感じで話し合いは進みました。しかし、2月は皆さんご存じの通り、新型コロナウイルスが日本にも影響を与え始めた頃。企画の1週間前に予定していた泊まりで福島に行く計画を白紙に戻しました。しかし、この企画を楽しみにしている子どもたちがいるので、できる範囲内でやろうということになりました。そんなこんなで、那須野が原公園で日帰りデイキャンプに企画を変更。1週間という期間で企画を形にしてしまいました。

 

 この冬企画の後に「今後も体験の機会が不足している子に、こういう企画を続けられたらいいね」というはなしになり、3月Vレンジャー発足です!

 

 ということで、今回は「子ども冬遊び」について紹介してきました。次回は「ぶいれた~・動画」について紹介したいと思います!Vレンジャーについての過去のブログはこちらから!

(こば)

「夏キャンプ」ゼロから作り上げました!

 広報ウィーク3日目!テーマは「夏休み子どもキャンプ」。Vレンジャー結成は2020年3月ですが、その前身となる活動はこの夏キャンプから始まりました。

 

 この夏キャンプは2019年8月下旬に、1泊2日、宇都宮森林公園で行いました。栃木県内の子ども食堂や、子どもの居場所を利用している子ども(小学3年生から小学6年生)8人が参加してくれました。BBQでは薪を割るところから始めたり、川遊びをしたり、小雨が降る中でキャンプファイヤーをしたり、みんなでレクリエーションをしたりしました。

 

 このキャンプ企画は6月に動き出したのですが、ゼロから企画を考えるとか、キャンプをするということが初でした。しかし、キャンプ好きや子ども好きの大学生・若者が企画に加わり、無事キャンプを行うことができました。Vレンジャーではこのように、キャンプや自然が好きな人、子どもが好きな人、自分で企画をしたい人を募集しています!Vレンジャーになりたい人はこちら。(こばやん)

子どもに「あたりまえ」の体験をお届け!

広報ウィーク2日目!今日は、「子どもの体験の貧困」についてお話しします。Vレンジャーの目的に大きく関わるところです。

 

 貧困って聞くと、「日本で飢えてる子どもいる?」と感じるかもしれません。しかし、日本国内で相対的貧困状態にある子どもは7人に1人と言われています。家計に余裕がなく、誕生日ケーキを食べたことがない、家族旅行に行ったことがないという子どもたちがいます。親が忙しくて、家に帰ってきてもずっと一人で、休日も出かけることはなく、家と学校の往復という子どもがいます。このような「あたりまえ」の体験が不足している子どもたちがいます。このことを「子どもの体験の貧困」と呼んでいます。原因としては、上に挙げたような家庭の経済状況や、学校または家庭に居場所がないことなど様々です。

 大人なら、自分の興味あることを調べて活動するということもできますが、子どもには体験がえられるきっかけが必要不可欠です。Vレンジャーではキャンプ企画や動画配信、ぶいれた~(お便り)等で子どもたちと「楽しい!」を創っていきます。ぜひ子どもたちと共に活動し、楽しい時間を創っていきましょう!

(写真は夏キャンプの時のもの。みんなでマシュマロを焼きました!)(しょう)

広報ウィーク1日目!Vレンジャー発足の歴史

 Vレンジャー広報ウィーク1日目!今日は、「Vレンジャーの目的」と「Vレンジャーの歴史」について紹介します!

Vレンジャーの目的

 「子どもの体験の貧困」(子どもの体験の貧困については次回解説)をなくすため、とちぎボランティアネットワークを拠点に結成されたボランティアチーム。県内外の学生や若い社会人のメンバー約10名で活動中です。キャッチコピーは「キャンプで救う!子どもの貧困」。子どもとの企画をイチから作り上げていきます。

 

Vレンジャーの歴史

 Vレンジャー結成は2020年3月ですが、その前身となる活動を含めるとその歴史は1年前まで遡ります。2019年6月頃「子どもとのキャンプを企画したい」という声があがり企画をスタートさせました。そして実現させたのが2019年8月の「夏休みこどもキャンプ」。2020年2月にも「子ども冬遊び」と題してデイキャンプを行いました。この後、今後も継続的に活動を展開していくため「子ども冬遊び」の企画に携わったメンバーを中心に、2020年3月に「Vレンジャー」が発足しました。

 今登場した夏と冬の企画についても、第3回、第4回に紹介します!

 

 広報ウィーク2日目のテーマは「子どもの体験の貧困」。明日のブログもぜひ読んでみてくださいね!(こば)