県北認知症支援パイロット!?

認知症スペシャル第2弾!!

 

5月22日のラジオ、ゲストは県北認知症支援のパイロットの飯島さんです!

 

飯島さんは、認知症の支援が注目される前から、県北で様々な活動を行ってきたそうです。

どんな活動をされてきたのか?認知症支援を行う中で見えてきたことはなにか?などなど、じっくりお聴きし、認知症支援のあり方について考えていきましょう!!ぜひ、聴いてください~!

(写真は、なじみ魔でのひとこまです)

 

質問してみたい方はどんどんコチラまで!!! →(773@miyaradi.com

リスナーの皆さんのご意見・ご感想もお待ちしております!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ミヤラジ(77.3FM)にて毎週火曜19:00~20:00オンエア!

(さとうあやか)

 

認知症でも、人の役に立ちたい。家族は、四六時中頭から離れない。『オレンジカフェ』が果たす役割とは!?

5/15のラジオゲストは「認知症の人と家族の会 栃木県支部」代表世話人 金澤林子(しげこ)さんでした!

 

”オレンジカフェ”

みなさん、ご存知でしょうか??

明るさ・楽しさを表すオレンジは、認知症支援を象徴するカラーです。オレンジカフェとは、認知症の人とその周りの人が集い、交流できる場なんです!

 

☆まず、認知症とはどんな症状なのか?!

よく聞くアルツハイマー型認知症。5~6割を占めています。(そんなに!!)これと、前頭側頭型認知症(ピック病)は今のところすっかり治る治療法は見つかっていません。

脳血管性認知症は生活習慣によるものです。日頃の生活が認知症に関わっているなんてビックリです!

 

認知症のおもな症状(中核症状)のひとつである記憶障害。

単なる物忘れと何が違うかというと、「すっぽり忘れてしまう」ことだそう。忘れたことを思い出させようと、声を荒げてしまうのは逆効果だそうです。

そして、対応の仕方や環境によっておこるのは、周辺症状です。

よく問題視されるのは徘徊ですよね。

しかし、「徘徊にも目的がある」のです!

「家に帰りたい(実際は家にいる)」だったり、「思い出の場所へ行きたい」たっだり…。

たとえば、ご飯を食べさせてもらえず、それを訴えても「さっき食べたでしょ!」と怒られる。(ここは自分の家ではないのかな…)と家を出る。

徘徊になにか目的があるのかも?と想像を巡らせてみることで、対応の仕方も変わるんじゃないかなと思いました。

徘徊していてもNo Problem!!なまちもあるそう。徘徊は、周りの環境によって”問題”になってしまうのだなと感じました。

 

街中でもし見かけたらどうすれば?!金澤さんが教えてくれました!

斜め45度くらいから、笑顔で・優しく・滑舌よく!「お出かけですか?」の一言を。

「声かける人は恐れないでほしい。逃げないでほしいの。本人が一番怖がっているかもしれない。」

 

☆金澤さんが携わるのは、宇都宮にある「オレンジサロン 石蔵カフェ」。

このカフェができたきっかけは、とある若年性認知症の方の一言だったそう。それは「自分も人のために何かして、人の役に立ちたい。」

認知症だからといって、なにもできないわけではないのです。

ちょっとした手助けがあれば、認知症の人が役割を持ちいきいきと生活できる!

金澤さんはこの一言をきっかけに、認知症の人が輝ける居場所づくりをアレコレ考え、カフェという形にたどり着きました。

 

石蔵カフェには、認知症の人だけでなくその家族の方や、地域のボランティアなど様々な方が来られます!

家族を介護している方にも、とても重要な場所なんです。

奥さんが突然認知症になり、買い物や料理などはじめてだらけの旦那さん。第2土曜日はそんな”お父さんたち”が腕を振るう日と決めています。「日頃のちょっとした悩みや相談をしやすい」と言います。

同じ境遇だから、安心して話せる。

共感できる。

これが、「ホッとする」理由ですね!

 

また、「ムリなくできる」ことも素敵ポイントです!それぞれの方の得意料理がカフェのメニューになります。

自分はこれができる。それを発揮できる場所なんですね!

コメントおじさんは「第三者がいる場だからこそ、評価されやりがいが生まれる」と言います。いろんな人に喜んでもらうことは、自分の喜びになりますね。

 

石蔵カフェに行ってみたい、何か相談がある、認知症に関心がある方は「認知症の人と家族の会」へご連絡ください!!

 

介護経験もある金澤さん。

「家族はどこにいても、四六時中、頭から離れない。

家族の思いを地域の方に分かってほしい」

この想いが、金澤さんの支援の根底にあるのだなと感じました。

「オレンジカフェを通じて、認知症への正しい理解や支援の輪が広がってほしい。」そう強く語ってくださいました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

次回も認知症スペシャル第2弾!「県北認知症支援パイロット(先導者)」の飯島さんです。(金澤さんとコメントおじさんが命名しました笑)おたのしみに。(みやさか)

 

認知症カフェってどんな場所??

 5/15(火)のみんながけっぷちラジオ、ゲストは「認知症の人と家族の会」栃木県支部より、金澤 林子(しげこ)さんです!

宇都宮市の東の方にある、「オレンジサロン 石蔵カフェ」。その名の通り石蔵のような素敵な外観です!

このカフェは月3回開かれる”認知症カフェ”。

実はここ、認知症の人だけではなくいろ~んな人が集える場所なんです! 金澤さんに詳しくお聞きしましょう♬ぜひお聞きください!

質問してみたい方はどんどんコチラまで!!! →(773@miyaradi.com

リスナーの皆さんのご意見・ご感想もお待ちしております!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ミヤラジ(77.3FM)にて毎週火曜19:00~20:00オンエア!

(みやさか)

昨日は女子率高かったVネットボラ。

 とちぎボランティアネットワークを知ったのは何年前だったか。はるかはるか遠い昔で、正確には思い出せないんだけど、なんとそのVネットで今日はボランティアしてます。あまり戦力になれず少し事務をやる程度でしたが、なぜかその

時間で「私の何かを満たす“光る”もの」見付けた気がしました。

 トイレットペーパーがきれても1週間も気付かない腰痛持ちや痛風持ちのオジサンばかりのダークグレーの事務所に、なぜに?私はそんな光るものを見出したのか。

 昨日のVネットボラは女子が4人もいて、会話の中から「新しい作戦」も生まれ、楽しいものでした。深いダークグレーの事務所もほんのりピンク色!?

 「大人の居場所だったり、助け合える場、支えあえる場」が必要だと感じる今日この頃。でも誰を信じていいのか不安に感じるこの時代に、中心になる拠点との必要性を痛感するとともに、それがここなんだなと感じました。

 ボランティアしたい人、ただ遊びに来たい人でも歓迎してくれる場所なので、近くへお越しの方は是非寄ってみてください。何かしらGETできるものがありますよ♪(里香)