サンタdeラン&ウォークが目指すこと

 先週から3週間連続で、みんながけっぷちラジオは”サンタdeラン特集”がテーマです。記念すべき第1週目のゲストはサンタdeランのイベント運営/企画のリーダー「大木本さん」でした。

 大木本さんは普段トチギ環境未来基地にて木を切って山の保全活動をしていますが、週に1度、宇都宮に来てとちぎコミュニティ基金(以下、とちコミ)というたくさんの支援団体の活動を支援するというお仕事をしています。サンタdeランはとちコミのお仕事なので、今回はとちコミの大木本さんとしての出演でした。

 今回の崖っぷちさんのコーナーの話は、サンタdeランのチラシに掲載されているU君の例。円卓会議にも参加して話してくれた方で、先日私もインタビューに伺ったのですが、彼はお母さんと2人で生活保護の中育ちました。母は元夫のDV被害にあったこともあり、統合失調症とパニック障害を背負っているのでなかなか家事もできず、U君が1人で家事もこなし生活保護の申請や生活に関する手続きを担っている状況でした。その中で彼の心の支えになったのが、友達・彼女、そして、学習支援の教室です。大学に入る際も内田君を支えてくれたのはその学習支援教室の先生でした。U君は自分の話を通して、つらい環境にいる子が救われること、そして支援してくれる場の必要性が伝わればいいと話してくれました。

 今回、とちコミが開催するイベント、「サンタdeラン」はそうした問題意識を社会へ広めつつ栃木県内の支援団体をチャリティで応援する、そうしたしくみになっています。支援団体を応援することは、間接的に子どもたちを支援する事にもつながります。参加している支援団体が行っている活動は様々で、虐待防止や、DV被害者支援、医療的ケア児の支援から学習支援、子ども食堂まであります。子どもの貧困は複合的な原因によって生まれているため多くの支援機関と資金が必要になってきますが、ラジオの中で矢野さんは「宇都宮の貧困は0歳~のすべての52万人の市民が1年に400円ほど出せば状況は良くなる」と言っていました。(※計算は上の写真をご覧ください)みんなで取り組めば不可能そうなことも解決への糸口が見えてくるんですね。

 このイベントへの参加はランナーだけでなく、オリオンスクエアでの当日出店・ボランティア・事前ボランティア(チラシ/ポスター貼り)などでも参加できます。大木本さんも「堅苦しいイベントではなく、すごく楽しいイベントになっているのでぜひ参加してください」と言ってたので、興味がある方はお気軽にご参加ください(^O^)/ サンタdeランへは上のボタンor右端のボタンから飛べます☆

 第2週、3週とサンタdeランの特集です!今後の放送もお楽しみに!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

サイト内で1か月後までの「予告・報告」があります。興味ある方はぜひこちらへ(https://www.tochigivnet.com/radio/  (ちば)

今日のラジオ、サンタdeラン&ウォーク特集②「去年のサンタdeラン、どうでした??」」

 先週から、みんながけっぷちラジオは”サンタdeラン&ウォーク特集”とテーマづけて放送しています。本日は2回目の放送です。ゲストは去年サンタとして宇都宮を走った本多さん!私自身もサンタdeランには参加したことがないので、実際参加するとどういう楽しさや出会いがあったのか、そして本田さんご自身の「子どもの貧困・日本の貧困」へのイメージや問題意識なども聞いていきたいと思います。

 深刻な問題である”貧困”を扱うイベントは、いったいどんな雰囲気で行われるのか?楽しさはあるのか??など、たくさんの質問やメッセージもお待ちしております(^O^)/メッセージはコチラのアドレスへ→(773@miyaradi.com

 来週でサンタdeラン特集は終わってしまうので、このチャンス見逃せませんね!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

みんながけっぷちラジオはミヤラジ(77.3FM)にて19:00~20:00オンエア!

ラジオが良く聞こえない方はアプリをダウンロードしても聞こえます! 詳しくはこちら←をクリック!(ちば)

サンタでラン事前イベント鹿沼でチャリティー飲み会やりました

11/16(木)鹿沼市でチャリティー飲み会に参加してきました。いつもお世話になっている社会福祉協議会の神山さんが発起人で若者からベテランボランティアの皆さんまでのべ15名ほど集まりました。平日でこの人数はすごいですね。鹿沼の子ども食堂の話やサンタでランのお話しや地元のお話などなど・・・続編は2次会に続いた模様。人生の先輩の「たまにはガス抜きに飲みに連れってやるのも俺らの役目だ。」とのお言葉にほろりときたさわでした。(さわ)

県北CW56.7打上げ行いました。

 ちょっと時間が経ってしまいましたが、県北のチャリティーウォーク56.7の打ち上げを行いました。

参加総数は、20名ほどになり、宇都宮での打ち上げより人数が多いのがうらやましかったです。

 アルコールは無しで、宴(うたげ)というよりはランチパーティー的(寄り合い?)におでんやお漬け物、そしてメインディッシュのカレーなど胃袋と心も満足するメニューでした。

 更に、たこ焼き器で焼きたてのたこ焼き(外はカリッと中はとろり)が振る舞われるなど盛り沢山の打ち上げとなりました。

 意見発表コーナーでも、「来年も歩きたい。」という意見もちらほらあり、皆さん来年も協力したいという意見が多かったのにはとても感動いたしました。

 以外だったのは、当日の写真をスライドで流したのがとても良かったです。とにかく県北の人達はとても元気で明るい人達が集まってくれています。

 県北の人達に元気をいただいた打ち上げとなりました。

 

                            のぼさん