北海道地震・レポート⑦支援が手薄な安平町に「足湯カフェ隊」行く

安平町での足湯ボラ
安平町での足湯ボラ

9/25大澤・報告

◆むかわ町 四季の館にて避難者の話し相手ボラ
 土地柄なのか、お年寄りの皆さんは普段庭や畑で野菜を作り、それで漬物を浸けてご飯のおかずにしているそうです。うっかりすると中には味噌や醤油までも手作りしている達人もいるようです。
 そんな皆さんがいきなり避難所生活を送る事となり、毎日毎日カップラーメン出されても、喉を通らないと訴えていらっしゃいました。
 最近は水もでるようになり食事はずいぶん改善されたようですが、本日のお昼のメニューはヤキソバだったそうです。「固くてボソボソで喉を通らない。あったかい味噌汁が飲みたい」と話されていました。
自主避難に目が届かない
むかわ町 春日生活館
 自主避難者9人中8人が帰宅し、自宅倒壊した1人だけ残る事となりました。実はその方、昨日の足湯の時に吐き気を訴えていて、足にも浮腫があり股関節の痛みも訴えていました。避難所は自主避難のため、役場等からの支援が届いておらず、フロアーに布団を敷いて寝ている状態。町の保健師に症状を伝えると同時に、役場で用意している段ボールベッドの提供を交渉しました。
 早速レンタカーで段ボールベッドを運び入れ設置。昼間はイス代りに腰かけられるし、起き上がる時に足の痛みも楽だと喜んでいただけました。
 笑顔を見れてとてもホッとしました。
「ボラ・ネット事前予約」方式・・・でも返答ないので、直談判し「日光街道珈琲」を提供。
◆安平町・町民センター
 こちらの町民センターは、土砂崩れで道が寸断されていた影響から支援が手薄になっているとの情報が入りました。
 ここはボランティアの申し込みは電話では受け付けられず、ネットで予約をしないといけないというルールになっていました。昨夜のうちにアクセスし申し込みましたが返事はなく、足湯ボラも断念せざるを得ないのかと心配していましたが、
「直談判しよう!」ということになり直接町民センターまで行き受付にいた職員に交渉しました。その結果、意外にもあっさりと足湯カフェを許可して頂けることとなりました。
 比較的被害が大きかった地域のようで、避難所は一杯で通路に段ボールベッドを設置して寝ている方もいらっしゃいました。皆さん口々に「生きている事が奇跡だ」とおっしゃっていて震災の深刻さを感じました。
 足湯で体や心の凝りをほぐした後に、抹茶やコーヒーを用意し召し上がって頂きました。コーヒーは「日光街道珈琲」というものを持参しハンドドリップで提供したところ、栃木県を知らなくても日光は知ってるという方がたくさんいらして話に花が咲きました。少しでも緊張がほぐせたことを嬉しく感じました。
こちらの避難所では本日熱のある方が2人いて、そのうちの1人は帯状疱疹であったことが判明したそうです。
これからますます冷え込みが厳しくなる北海道。集団生活の中で風邪をはじめウイルス性の感染が広がらないようにと祈るばかりです。(大澤)
※写真1枚目は、足湯セットをレンタカーに詰めて運ぶ様子。2枚目は安平町での足湯ボラの様子。3枚目は町民センターでの病気の予防対策の様子)

今日のラジオゲスト「HANDSプロジェクト」田巻さん

 今日9月25日のみんながけっぷちラジオ、ゲストはHANDSプロジェクト研究者代表の、宇都宮大学国際学部 田巻教授です。

 日本に住む、外国人児童の支援を行っています。実は、栃木にも多くの外国人児童がいるんです。

 どのような活動を行っているのでしょうか?お聞きします!

 19:00からです!ぜひお聞きください。

~~~

質問したい方は 773@miyaradi.com まで

リスナーのご意見・ご感想も待ってます!

ミヤラジ(77.3FM)火曜19:00~20:00オンエア!

(みやさか)

北海道地震・レポート⑥ 「気持ち良かった」「久し振りにホッとできたよ」等々、足湯カフェ喜ばれてました!

室蘭のお寺さんが足湯
室蘭のお寺さんが足湯

9/24報告

9:30ー13:00/足湯カフェ準備・講習(学生ボラ)、肥田さん宿泊拠点の打ち合わせ

13:00-15:00 四季の郷「足湯カフェ」実施

16:00-18:00 春日生活館「足湯カフェ」実施。

 

 本日は高齢者が20任以上来て下さいました。水道は使用可能だか給湯器は使えず、カセットコンロでお湯を沸かしています。足湯につかりながら、ボランティアが手をさすりマッサージ。自然と会話になります。

 足湯が終わったあとは、地元のお寺さんから提供していただいたお抹茶とお菓子でホッとタイム。

 涙ながらに話される方もいますが、おじいちゃんもおばあちゃんも皆さん終わる頃には笑顔になっていました。

 足湯ボラの要点は避難者の皆さんの直接の声を聞くこと。聞き書きをメモして、必要があれば救護班などに伝ます。

 皆さん「ありがたい」「ありがとう」「申し訳ない…」「気持ち良かった」「久し振りにホッとできたよ」等々喜ばれておりました。

 本日も四季の郷で足湯実施。他の避難所へも足湯実施に向け(自主避難所も含め)調整中です。

 

 19:30~札幌で地元NPOやJVOAD、全国の災害NPO関係者との会議に参加しました。

 避難所での「気づく目・つなぐ先」の大切さを実感。今回の被災地支援では、たくさんの方々との出会い・繋がりがありました…感謝・感謝です。

 今後避難所生活は長期化するかもしれません。被災地はこれから厳しい冬になります。長い支援を必要としています。現在、被災地にはやれることが沢山あります。皆さん、災害救援の経験があるNPOと一緒に活動しませんか!(きむ)

 

 

宿泊拠点は北海道仕様の二重窓。
宿泊拠点は北海道仕様の二重窓。

北海道地震の救援活動は、現地に拠点(民家)を借りて10月半ばまで実施します。自力で現地に行けて車等で移動できる人は拠点に宿泊OK。ご一報ください。(事務局)

 

 一軒家は男女別に、それぞれ寝袋等で宿泊できる部屋があります。すでに数名が利用していて、掃除・整備の必要なし。食事は地域の皆様から頂いた米、野菜、お肉等々で十分まかなっているようです。電気・水道もOK。お風呂は壊れていて✖。今後現地拠点として利用可!

 

 帰る際に食費代や光熱費として気持ちだけ置いて行けばOKです。10/7頃までスタッフ大澤、ボランティア平木が滞在してます。

北海道地震・レポート⑤ 明日「足湯カフェ」実施。ミーティング・段取り・準備に奔走

木村作ポスター。
木村作ポスター。

 

 本日(9/23)、朝一でむかわ町に救護班活動ミーティングに参加。

 避難所担当保健師さんより、腰痛や体調不良者が日に日に増えてきているので、エコノミー症候群対策として運動教室を今後調整する。心のケアチームや子どもの心のケアチームを組んで個別面談も実施中。

 JVOAD(災害ボランティアの全国ネットワーク)としては、今後2日に1回は足湯カフェを実施する予定。

 また、朝一で毎日行われる「救護班ミーティング」に私たちの参加を打診して、参加OKをもらう。

 明日実施する足湯カフェのポスターを8枚作成し、2つの避難所へ持って行った。また足湯に必要な道具の購入をする。足湯カフェで使う道具やお菓子類の寄付を室蘭のお寺まで受け取りに行った。明日は2会場で足湯カフェを実施する。(木村)

 

※現地拠点(民家)を借りて、10月半ばまで活動実施予定です。栃木・茨城で行きたい人募集中です。(往復交通費は自費:028-622-0021)