↑クリック!(各サイトに)




◆毎週木曜日14時~ フードバンク会議


◆県北ブログ>>こちら

◆県北定例会は8/6(木)10時

◆10/3実施の県北チャリティーウォーク

チラシが完成 HPはこちら

*NPOインターンに参加する学生募集中

*Vレンジャー「キャンプで救う!子どもの貧困」学生・若者ボランティア募集中。現在10名。参加したい方はご連絡ください。

7/28(火)18:30-20:00  Vネット事務所&Zoom会議



7/29(火) 19時~ サンタdeラン会議

8/19(水) 19時~ 学生ラジオ会議 

*消毒や換気などの対策を実施して行います 




V CANNEL 続々Youtubeアップ。ラジオも聞ける 

 夏休みになり、3日に1回ぐらいで V CHANNELに youtubeが上がってます。ユーチューバーふじくらが頑張ってますので見てください。面白いのもあるよ!(やの)

キャリア教育とは? 8/11ラジオ予告

 

8/11のみんながけっぷちラジオは、川田奈美さんをゲスト(助けっと)さんにお迎えします。

 

川田さんはスクールソーシャルワーカーとキャリア教育の講演をされています。なぜ川田さんはキャリア教育の講演を始めたのか、そもそもキャリア教育とは何なのかなどをお聞きしたいと思います!

 

学生パーソナリティは大学の最終課題とラジオのブログがまだあるのに、パソコンの画面を見るのが疲れた小熊です!おめめががけっぷち!

 

 

FM77.3 >>>> 毎週火曜日19:00から

 

●スマホからも >>>> https://fmplapla.com/miyaradi/

 

子どもキャンプの水鉄砲づくり、まずは竹の伐採から

2020年版竹取物語

8/9はVレンジャーの3人・けろちゃん・まふぃん・ふーばくんで益子へ。トチギ環境未来基地の里山整備のボランティアへ行きました。今回のミッションは「竹の水鉄砲用の竹を切る!」です。まさかVレンジャーに入って竹を切ることになるなんて・・・なんでもやってみよう精神で森に入っていきました。

 

竹林は、もともとお城!?

もともと小宅城というお城があった場所だそうで、土のお堀が見てわかるくらいしっかりと残っていました。しかし、見渡す限り竹・竹・竹…。竹はなんと、1年で10mほどに伸びてしまうのです!その生命力は見習いたいですが、里山にさまざまな動植物が暮らすためにはすこし厄介な存在だそうです。また、お城があったという文化を継承していくためにも、人の手を入れて整備することが重要とのこと。そんなことを教わりながら、竹をどんどん切っていきました。

 

水鉄砲用の竹ゲット!

約5時間作業し、3人で20本も切りました。竹切りはここまで熱中できるとは想像もしていませんでした。のこぎりで切れ目を入れていき、なたでコンコンと穴を開け、長い竹が倒れる瞬間は達成感がありました。お昼は竹で作った器でそうめんを食べて涼みました。水鉄砲用の細い竹も無事ゲットし、竹の切り方もマスターし、大満足の一日になりました。竹の水鉄砲づくりも頑張るぞー!

 

トチギ環境未来基地の竹林整備は明後日もあります。興味がある方は予約して参加してみてください。外出自粛でなまった身体から、とんでもない量の汗がでて爽快です。ただし、虫除けスプレーを忘れずに。(顔だけで10箇所刺されました。Byけろちゃん)

防災。「個人の記憶」を「社会の記録」に

 今回(/21)のゲストは、人と防災未来センターフェローの坪井塑太郎さん。坪井さんは地理学の観点から防災を研究しています。昨年10月の台風19号で起きた宇都宮市・田川の氾濫では、避難行動や生活復興について調査、報告書を作ったのでラジオで聞いてみました。

 

後世に、災害の情報を伝えていく

 

「台風19号は東日本に甚大な被害が出て、栃木県も一部損壊が8000戸以上。日本一多かったんですよ」と坪井さん。さらに「被害は、災害が起きた直後は報道されるが、その後は扱われない」と指摘する。目新しさ、新奇性のニュース情報だけでは、本当に必要なことが伝わっていかないのだ。

「洪水の様子や避難方法、生活復興の手立てなどの情報は『個人の記憶』のみに残る。これを『社会の記録』にするために、被災後5か月でNPOとしてアンケート調査し、内容を報告書にまとめたという。

 では、「記憶」を「記録」にする目的は何だろうか。それは、後世に災害の情報を伝えていくことだと言う。災害は繰り返し起こるものであり、いつでもどこでも起きる可能性がある。しかし、水害の被害は地形によるところが大きいため、記録を残しておくことで特に気を付けなければならない地域が分かる。分かっていれば対策を講じることができ、被害を抑えることができる。また、生活復興についても調査し、まとめることで「復興の手立て」やそれに「かかる費用の見通し」を持つことができる。このデータを基に、復興のための補助金の金額について見直しを訴えたり、支援の方法を再考したりできる。また、被災したときには、先が見えない中で見通しを持つことができる。それは希望の光になるのではないだろうか。

  

「防災に100%はない、だから、できることはなんでもやる」

 

 調査では、特に二つのことが印象に残ったという。一つは「まさか自分が被災するとは思わなかった」と言う被災者の方が多かったことだ。「いつ被災者になってもおかしくない」という心構えを持つことが大切だという。

 もう一つは災害時の写真に残った時間の記録だと言う。被災した方々にとっては心が痛くなるような写真かもしれないが、時間ごとの増水の記録を残すことができた。これは後世に災害を伝えられるために役立つだろう。「防災に100%はない。だからこそできることはなんでもやる。」坪井さんのこの言葉を心に持つ事がとても大切だと感じた。(おぐま)

>>調査報告書はこちら

 

FM77.3 >>>> 毎週火曜日19:00から

●スマホからも >>>> https://fmplapla.com/miyaradi/