6/30-7/1 相模原市障害者施設殺傷事件の討論会も。市民活動の大御所が栃木に来る! テーマは「排除/包摂」と「SDGs」

 

第36回 全国ボランタリズム推進団体会議 (民ボラ)in 栃木 

テーマ:排除/包摂とSDGs

 

6/30-7/1(土・日)

宇都宮大学

 

●若者がアブナイ。座間殺人事件、相模原障害者大量殺傷事件、「自殺は権利だ」と主張する普通の学生たち…。 若い世代の心の闇の正体と、闇の現れとしての事件(現象) について「私たちは何を、どうすればいいのか」を考え、 社会から排除される外国人の若者、障害者、日本の若者…の 社会的包摂について討論する。 

●企業活動の「グローバル化の末」の行動変化として、 SDGs ( 持続可能な開発目標 ) が今年から流行する。 公共の課題は、国家が解決を担保するものではなく、 企業も含めた民の多様な主体が地域の持続可能性を作ってい く社会に変化ししつある。 経済の枠を超えた世界の連帯を、 ローカル発=栃木発のSDGsの実践報告とともに考える。

 

主催:第36回全国ボランタリズム推進団体会議実行委員会

(連絡/とちぎボランティアネットワーク028-622-0021)

共催:宇都宮大学 後援:SDGs市民社会ネットワーク 

●世話人団体/ちばNPO事業サポートクラブ、静岡県ボランティア協会、大阪ボランティア協会、茨城NPOセンター・コモンズ、富士福祉事業団、東京ボランティア・市民活動センター、山梨県ボランティア協会、世田谷ボランティア協会、いたばし総合ボランティアセンター、JUON(樹恩)NETWORK、

………………………………………………………

 

(1日目)6/30

 

社会的包摂をどう進めるか~若者の闇/閉鎖/排除―不寛容な社会に立ち向かう~

■若者がアブナイ。座間殺人事件、相模原障害者大量殺傷事件、「自殺は権利だ」と主張する普通の学生たち…。若い世代の心の闇の正体と、闇の現れとしての事件(現象)について「私たちは何を、ど うすればいいのか」を考え、社会から排除される外国人の若者、障害者、日本の若者…の社会的包摂について討論します。

●話題提供者/■横田能洋(茨城 NPO センター・コモンズ・代表理事)

■中野謙作さん(栃木若年者支援機構・理事長)

●担当世話人/■鳥羽茂(静岡県ボランティア協会)

 

【1】 政治と行政をどのように動かすか 

■制度を変える、補助を受けるなど、NPOが気付いたことを制度 化することも社会的役割です。どのように議会・議員にアプローチ できるかを考えます。地元・栃木の政治家を招きインタビューと討論します。 

●話題提供者 / ■宇都宮市議 1 人、■栃木県県会議員 1 人

●司会 / ■枝見太朗(富士福祉事業団) 

●世話人 / ■鹿住貴之(JUON NETWORK)

■鳥羽茂 ( 静岡県ボランティア協会 )

 

【2】 外国ルーツの子どもをどのように包摂するか ~足元に広がるグローバル化と、未来の地域社会に備えよう~

■日本には、工場などで地域経済を支える外国人が暮らしています。 低賃金労働者も少なくなく、子どもは言語未習熟による学習の遅れ、 不登校や低学歴、発達障がい、ネグレクト、DV、貧困、福祉制度 からの漏れ等に直面することもあります。また、住民との関係づく りが進まず、地域社会からの分断が進んでいます。 この課題に取り組む担い手は十分ではなく、学習支援、進路相談、 通訳、入試改革、キャリア教育、居場所づくり、保育支援など、官 民連携による様々な段階での支援が必要です。グローバル化の進む 日本で、未来の多文化共生社会に備え、ボランタリズムで何ができ るか一緒に考えましょう。 

●話題提供者 / ■加藤順彦さん(多文化リソースセンターやまなし・代表理事) 

■横田能洋さん(茨城 NPO センター・コモンズ・代表理事)

●世話人■田辺光正 ( 山梨県ボランティア協会 )

■大野覚(茨城 NPO センター・コモンズ)

 

【3】~現代社会と優性思想に向き合う~ 相模原障害者施設殺傷事件に対して 私たちは何ができるか、何をすべきか。 

■26歳元職員が2016年7月起こした相模原障害者施設殺傷事件。入居者19人を刺殺、26人に重軽傷を負わせた。「障害者を皆殺し にすべき」「彼らを生かすために莫大な費用がかかっている」とい う発言もあり、ネットではそれに共感する反応もありました。事件 後、セキュリティを強めたり、ボランティアを入れない施設もあり ます。事件の背景を丁寧にさぐり、わがこととして振り返り、これ から取り組むべきことを考えたいと思います。

●話題提供者 /■実方裕二さん(CAF/ ゆうじ屋店主)脳性麻痺の重度障

害者。自立生活を選び、料理人 & 経営者として東京・三軒茶屋でケーキの路上販売にも出かける。事件後「生活お見合い」という活動を始める。

■池田徹さん(社福)生活クラブ風の村・理事長)

■大橋浩さん(社福)晃丘会・障害者支援施設「ひばり」施設長)

■担当:鈴木佑輔(世田谷ボランティア協会)

 

分科会報告会

●世話人 /■鳥羽茂(静岡県ボランティア協会)

操業(創業)者に聞く

●市民活動の推進団体も時代とともにボランティア協会、NPOセンター、コミュニティ財団など様々になりました。しかし、 時代や支援形態が変わっても通底するミッションは変わりませ ん。この企画は、今後の市民活動支援のかたちを考えるために、 強固なミッションとパッションを持ち市民活動を創ってきた創 ( 操 ) 業者 ( 理事長、事務局長 ) から、当時の思いや現在まで のプロセスを聞きます。原点と哲学を知り、今後の支援展開を 考えるきっかけとします。 

●話題提供者 / ■早瀬昇(大阪ボランティア協会) 

■牧野昌子(ちば市民活動・市民事業サポートクラブ)

………………………………………………………

懇親会(18:30-20:00)

※参加費別途2000円

………………………………………………………

 

(2日目)7/1

 

ローカル発信のSDGs ~持続可能な社会のために何が必要か~

●2015年9月に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)は、 私たち市民活動・NPOの活動にどのように役に立つのでしょうか? 「2030年までに世界中のあらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わ らせる」を目標の1と掲げるSDGsになぜ企業が強いコミットメ ントを示しているのでしょうか? 分科会で具体的な事例をお話し いただく前に、SDGsの全容をつかみます。

●話題提供者/■新田英理子さん(日本NPOセンター/SDGs市民社会ネットワーク)

●担当世話人/■熊谷紀良(東京ボランティア・市民活動センター)

 

【A】…子どもを取り巻くSDGs 子どもの貧困撃退円卓会議=子どもSUNSUN プロジェクト

●昨年「宇都宮の子どもの貧困がなくなるには何がどうなればいい のか」をテーマに地域円卓会議で議論し、調査してきました。今年 (2018)は目標を設定し、必要な志金・人・モノを集め、具体的に事 業を創る段階として「子どもSUNSUNプロジェクト」を発足します。 子どもの地域包括ケア=ローカル発のSDGsについて途中経過を お話します。

■話題提供者 / ■矢野正広(とちぎボランティアネットワーク)

 

【B】…環境と村おこしのSDGs 猛禽類サシバで里山のまちの再生と 未来の田舎づくり

●第1期の「SAVEJAPANプロジェクト」で「猛禽類サシバの住む里山」 を保全することで、地域の農業と農村の暮らしを再構築する事業に 取り組みました。そして5年後、これを契機に市貝町では「サシバ の里構想」を中心に、官民あげての街づくりになっています。自然 保護から町おこし、都会との交流人口増加までの展開をSDGsの 視点から話します。

■話題提供者 / ■遠藤孝一さん(オオタカ保護基金&サシバの里自然学校)

 

【C】~ Leave no one behind 誰ひとり取り残 さない~災害時要配慮者支援での「民間ボラ ンタリズム」とネットワークのあり方

 NPOや施設の周りには、災害時要配慮者が沢山います。しかし、 災害時に自身の経験が役立つことを認識していない、危機対応の経 験不足、具体的な活動の手立てがない、外部ボランティアやNPOの 受入れノウハウが明確でない、などの課題があります。  一方で、災害時の住民リーダーには、要配慮者への適切な対応が 浸透しておらず、避難所運営等で課題が目立ちます。災害で「誰ひ とり取り残さない」ために、民間ボランタリズムの力をどう生かせ るか、試行錯誤の最前線の取組みからヒントを探ります。

●話題提供者/■小林政夫さん(大阪ボランティア協会)

 ●横田能洋さん(茨城 NPO センター・コモンズ代表理事)

 ●担当世話人 / ■大野覚(茨城 NPO センター・コモンズ)

 

分科会報告

SDGsを通じたまとめを試みます。 

●分科会報告と世話人ディスカッションをします。

●担当世話人:鍋島、熊谷、田辺、鳥羽、神元、鹿住、岡本・ 永

………………………………………………………

 

【スケジュール】

● 6/30 土 13:00-13:10

●開会 13:10-14:00 

●全体会:社会的包摂を……(UU プラザ) 14:10-16:40 

●分科会:

①政治と行政に…(5C22)

②外国ルーツの…(5C21)

③相模原事件……(UU プラザ)16:50-17:20

●全体会 : 分科会の報告……(5C21)17:30-18:10 

●全体会 : 操業者に聞く……(5C21)16:50-17:20 

●懇親会 ‥‥‥‥‥…………(大学会館)18:30-20:00

 

● 7/1日 9:00-9:50 

●全体会 : ローカル発信のSDGs……(UUプラザ) 10:00-11:30

●分科会

A:子どもを取り巻くSDGs(UUプラザ)

B:環境と村おこしのSDGs……(5C21)

C:災害時要配慮者支援…………(5C22) 11:40-12:30

●全体会 分科会報告とまとめ………(UUプラザ

………………………………………………………

 

【実施要項】

主催:第36回 全国ボランタリズム推進団体会議 共催:宇都宮大学 日 程:2018年6月30日~7月1日(土日)

会場:宇都宮大学・峰キャンパス (〒321-8505 栃木県宇都宮市峰町350)

対象:全国のボランティア・市民活動推進団体の役職員・スタッフ、関心ある方

定員:50人 参加費:4,000円(1日のみ参加2,000円 学割は半額) 懇親会費:2,000円(学割1,000円)

※全費用は6,000円です。宿泊は各自ご負担ください。 ※懇親会のみ参加も可(応談)

■申込方法:申込書に記入してFAX。申込された方には、 事前にFAX・メール等で参加通知を返信します。当日持参し てください。

■締切:2018年6月20日(水)

■問:認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク

■電話028-622-0021

■FAX028-623-6036 

■info @ tochigivnet.jp

■ http://tochigivnet.com

ダウンロード
18民ボラ要項(A3).pdf
PDFファイル 3.5 MB

メモ: * は入力必須項目です

子どもに学校以外の選択肢を!~経験すべてを生かして不登校支援~

 6/12のラジオゲストは、小山フリースクール「おるたの家」代表 稲葉 祐一朗さんでした!

 

“おるた“って何でしょう!?

由来は、オルタナティブ(代替・代わり)。さまざまな理由により学校に通わない子どもたちが、安心して過ごせる居場所なのです。見た目は民家そのもので、すごく落ちつけそうです!

子どもたちは、ゲームや散歩など好きなことをして過ごし、来る時間も自由とのこと。

子どもの「学校以外の居場所」です!

準備段階から、ボランティアさんたちとミーティングを行ってきました。地元学生や、東京からも知人、大学生が参加!

フリースクールについての勉強や他施設見学、どのようにしていきたいか?という話し合いを行ったそうです。1から共に作り上げることで様々な気づきもあり、なにより楽しかった!とのこと。

 

人生の転機!フォルケホイスコーレ

設立のきっかけは、「偶然のつながり」。

まず、約5年前にデンマークへ行った稲葉さん。「何か目的があって行ったのではなく、“何か“をしに行った。」そこで、フォルケホイスコーレに出会います。ここは、大人が通う学校です!

デンマークには多く(70くらい)ある&お金があまりかからない(学費・寮・3食付きで1ターム50万ほど)。日本ではまだまだ考えられないことですね…!

 

フォルケホイスコーレができたいきさつもご紹介。

19世紀の大学は、大都市の豊かな人向けでした。そこで、「学びはすべての人が受けられるべき!」と声を上げたのが農村の市民たちでした。どんどん声は広がり、今なんと国が75%補助金を出しているそうです!デンマークでは、市民から何かができる文化が強いそうです。

 

フォルケホイスコーレには教科書はありません。対話型の授業が多く、みんな頭で考えて発言しないと授業に参加できないんです。すごく頭を使いそうですね!

 

「こんなサイコー!な学校を日本にも作りたい。」

 

そう思った稲葉さんは、2015年に「フリースクール全国ネットワーク」が行うスタッフ養成講座へ参加し、2016年には「おるたの家」を設立!行動力は計り知れません。

 

「自分はフリースクールをやるために生まれたのでは?」稲葉さんの思い

 

「大人って昔子どもだった。なんで子どもの気持ちがわからなくなってしまうんだ?自分は絶対忘れないぞ。」

この気持ちが、フリースクールへ来ている子どもに「それわかる」と共感できるミソなのですね。

 

子どもが、ぎゅうって固く握っている手のひらを開こうとしてもダメ。フリースクールでのびのびやっているうちに、勝手に開いてくれる。開いてきたら未来のことも考えられる。「勉強しよう。」と自分で動機を持てれば、どんどん頭に入ってくる。

 

コメントおじさんは、「こういう、子供の気持ちを尊重できる人がフリースクールやってほしい!支援者の養成も重要になってくる。

また学校=勉強が絡みついているため、不登校になる子どもも多い。切り離すことができたなら子どもたちは楽になる。」とのこと。

 

不登校の子供を取り巻く課題・・・課題だらけ

偏見がすごい。不登校になったら終わりだと、本人も親御さんも思い込まされているそうです。

学校は、学校へ来させることが使命になっているのはある意味仕方のないことかもしれませんが、「学校へ来られなくても大丈夫ですよ」と言ってあげる存在が必要なのですね。

13万人も不登校であるなかで、“学校“が合っていない人がいることは明確です。

学校以外にふっと気を抜ける場所や、学びなおしがきく土台がこれから求められているようです。

 

最後に、リスナーへ伝えたいこと。

「学校へ行けないことがおかしいわけではない。

家が唯一の場所になりがちで、フリースクールへ行かせたいけれどなかなか行かせられない親御さんもいるかもしれない。しかし、

“こうしなけりゃいけない“はない。まずは、本人を尊重すること。信頼していれば、自分で何か決断する時が来る。信頼して寄り添っていく」

 

 

内容盛りだくさんで、このブログもまだまだ書きたいことがたくさん…!ですが、そろそろ切り上げておきます(笑)稲葉さんとお話してみたい方は「おるたの家」へご連絡ください!フリースクールについてはもちろん、フォルケホイスコーレについてもPR大使(自称)だそうなので、気になる方はぜひ😊

(みやさか)

 

 

大人気‼ カレーの日♡ &ちょっといい話

こども食堂の第3金曜日は大人気のカレーの日。今月は【鶏肉と野菜のカレー‼】

 農家さんからの差し入れがあり、ズッキーニ&茄子のたっぷりカレー、おかわり続出‼でした。毎回こども達も大人も、みんなカレーは大好きです♡

来月のカレーの日も、是非是非お楽しみに‼

 

●「今日はゆっくり眠れそうです」と母。…やまのての出来事

 6/15のこども食堂にきたある親子。今日で2回目です。前回、こども食堂だけではなく学習支援にも関心があったお母さん。「家では宿題をまったくぜず毎日夜中までかかり困っている」とのこと。「次は宿題を持参して下さいね」とお伝えしていました。

 はじめにこども食堂でご飯を食べてから2階で学習支援。「嫌だな…」と言いながらも自ら宿題の準備をし、学生ボランティアと一緒に宿題スタート。1時間で宿題を終わらすことができました。

 帰り際お母さんが「今日はゆっくり眠れそうです…」と話され、親子ともども笑顔で帰っていきました(^^)。お母さんがホッとしていたのが印象的で、学習支援は母の支援にもつながってるのかなとおもいました。(きむ)

小山市のフリースクールに迫る!

 明日6/12(火)のラジオ、ゲストは小山フリースクール「おるたの家」代表 稲葉祐一郎さんです!

なんとこちら、2016年に小山市で初めてできたフリースクールなんです。

フリースクール、どんなイメージをお持ちですか?

「おるたの家」はごく普通民家を使い、不登校の子どもの新たな居場所となっています。

た助っ人さんの稲葉さんは、どのような思いで支援しているのでしょうか?!

 

(写真はおるたの家の外観です。サイトからお借りしました。https://readyfor.jp/projects/oyamafreeschool)

質問してみたい方はどんどんコチラまで!!! →(773@miyaradi.com

リスナーの皆さんのご意見・ご感想もお待ちしております!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ミヤラジ(77.3FM)にて毎週火曜19:00~20:00オンエア!

(みやさか)