宇都宮市の子どもを地域のみんなで育てていこう!!

 今回のゲストは子どもの居場所「月の家」星さんでした。

 月の家では宇都宮市の小中学生を対象に支援活動を行っており、在宅にあって十分な養育を受けられない子どもまたは子育てに困難を抱えている親の育ち、育てを支援することで、子どもの社会的自立を図り、虐待や貧困の連鎖を断つことを目的としています。

 私は、月の家ではどのような環境で支援を行っているのかを知るため、実際に行ってみました。

 建物入ったときの印象としては、親戚の家に遊びに来たかのような感覚でした。座敷があり、一般の古民家を思わせるかのようなつくりになっていて居心地の良い空間でした。

 子どもの居場所とは、地域にあるもう一つの家のことであり、この居心地の良い空間は子どもたちが放課後に自分の家のように利用できるようにするための工夫であることが分かりました。

 さらに、子どもたちが自由に遊べるようにボードゲームやカード、ピアノ、本などがありました。

 小学生時代は大切であり、「小さい頃から思いきって楽しめて、自分は大切にされていると思えることが大事」と星さんは語っていました。

 確かに、現在は駄菓子屋も減って近所のおばちゃんと呼ばれるような人が減ってきているように思います。

 昔では、近所の大人たちが協力して子どものお世話をしたりしていました。しかし、子どもたちが悪い行いをしたときに注意したり遊びを教えてくれたりするような近所のおばちゃんの存在が減ってきています。さらに、核家族化によって祖父母と一緒に暮らす家庭が減り続ける一方、両親が共働きであったりひとり親家庭と言った家族が増え、「忙しくて子どもの面倒が見ることができない」「子育ての仕方が分からない」「日々の子育てのストレスがたまり、ついかっとなって子どもに手を出してしまう」などといったことがあり、子育てが困難な環境になってきています。

 そんな時代だからこそ、月の家のような子どもを支援するといった家庭と学校のつなぎ役でもあります。

 このように、地域の方々やボランティア、施設職員との連携によって社会全体で子どもを育てていくことが大切だと思います。

 しかし、月の家のような施設はまだ足りないというのが現状です。もっとこのような施設を増やすためには人や場所が必要です。

 番組の最後に星さんは「もっと仲間がほしい」「宇都宮市の子どもを地域のみんなで育てていこう!!」と熱く語っていました。

 次回のゲストはVネットの小澤さんです。

 お楽しみに!!!

(みずの)

「やめ続けようと思っている仲間」と、一緒に止め続ける。

 4月10日のラジオ、ゲストは栃木DARCの栃原さんでした。

そこでは、薬物依存症者がリハビリし社会再参加できるような手伝いをしています。DARCは全国に100か所以上ありますが施設によってプログラムは様々。栃木DARCでは(薬物からの抜出し度合)段階で施設を分けていることがポイントだそうです。

「してもらったこと」を返したい。

 栃原さんは覚醒剤の経験があります。DARCに入寮し仲間からの支援を受けて回復した1人です。、「してもらったことをこれから来る人にしてあげたい」し、「DARCの職員になったら薬を使わずにすむな」と思って今があるとのこと。

「薬物使わなくてもハッピーで居られる方法」を知る

 話を聞いていて耳に残ったのは「家族教室」と「家族支援」。やはり最初の居場所は家族なんだなと思いました。

「でも、実際に自分の子供が薬物依存になったら、冷静に考えられず感情が先走ってしまう」と栃原さん。家族も、薬物をやったら刑務所としか知らない、本人は出所・薬物・・・の繰返し。困り果ているケースも多いそうです。

「薬物を使わなくてもハッピーで、今からでも充実させられる」と気づかせることが重要で、「そうすればとまる」ということを家族にも知ってもらう必要があると話していました。そのために、本人が回復を頑張っているときに家族教室を開き、第三者が介入して家族の持っている負の感情をうすめていくこと、そして今後、家族としてどうしていくか考えるようにしていくそうです。

 顔つき」が変わる瞬間

 DARCに来る人は、自分のことさえ信じられなくなっていたり、薬物を(快楽目的ではなく)現実が苦しくて逃避するために使っている人が多く、そんな人たちが病だと知り回復した沢山のモデルに会い、生き方を変えてもいいのかもしれないと信じられるようになってから人の顔は変わるそうです。そして、職員になりたい、一緒にやりたいと言ってくれたことが原動力になっているそうです。

 最後に「薬物依存から回復しようと頑張っている人もいます。施設見学も受け入れているの怖がらずに見てほしい」と語ってました。自分の経験を活かし当事者だったからできることを大切に、そして「入所してくる人をやめ続けようと思っている仲間だから信じて寄り添っていようと思い活動に励む栃原さんはすごいなと思いました。

 次回のゲストは月の家の美帆さんです。お楽しみに~!!(さとうあやか)

 

4/10のゲスト、栃木DARCの栃原さん!

4月10日のラジオ、ゲストは栃木DARCの栃原さんです!

栃原さんは、ご自身の薬物依存の経験を生かし活動をしています。経験者であるからこそ、わかることが沢山あり今悩んでいる人に寄り添い支援しています。現場で感じることやどんな支援を行っているのかお聴きしたいと思います。

お楽しみに~!!!

栃原さんに質問してみたい方はどんどんコチラまで!!! →773@miyaradi.com

リスナーの皆さんのご意見・ご感想もお待ちしております!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ミヤラジ(77.3FM)にて毎週火曜19:00~20:00オンエア!

(さとうあやか)

 

 

「缶詰とレトルト類がほしい」と声を揃えて2人即答。FB大田原

 4/3のゲストは、フードバンク(FB)大田原の藤田さんでした。藤田さんたちは様々なボランティアをしていて「大田原に誰もが集える居場所が必要だ」と仲間4人で世代間交流喫茶いってみっけ」を立ち上げたそうです。その後、活動で出会った仲間とともに、FB大田原やまのてこども食堂もはじめたとのこと。

  きっかけは、FB宇都宮の活動見ていて、自分たちもやってみようと思ったこと。大田原では社会福祉協議会との提携でFBを運営しています。 また、地域のイベントにも出向き、家にある食べ物を集めてFBに寄付する、フードドライブという活動も実施しています。今週、4/7(土)には「野崎地区 桜まつり」でもフードドライブを実施するとのこと。

 放送中「FBで今現在、ほしいものは何?」という質問があり、のぼさんと藤田さんがそろって「缶詰とレトルト類がほしい」と即答していました。

 たくさんのボランティアをしている藤田さん。「ボランティアは良いことだけど、無理ない程度に自分ができることをやるのが大切」と語っていました。私も様々な活動に参加していますが確かに「やる気」があっても体が持たなくては意味がないよな、と思いました。

  藤田さんは、今後も「ボランティア活動を多くの人に伝えたい、参加する人たちにこれから先も活動続けてほしい」と語っていました。

  次回のゲストは、栃木ダルクの栃原さんです。来週もお楽しみに !?(みずの)