↑クリック!(各サイトに)




◆毎週木曜日14時~ フードバンク会議


◆県北ブログ>>こちら

◆10/3実施の県北チャリティーウォーク

チラシが完成 HPはこちら

*NPOインターンに参加する学生募集中

*Vレンジャー「キャンプで救う!子どもの貧困」学生・若者ボランティア募集中。現在10名。参加したい方はご連絡ください。

秋の芋ほり企画中!



9/23(水) 19時~ サンタdeラン会議

◆9/29(火)19時~ Vレンジャー会議

*消毒や換気などの対策を実施して行います 




地元のために企業ができること。ローカル発ローカル着の支援活動

無理のない範囲でたすけあい活動

 9/15の放送は、学生パーソナリティ山本、ゲストには日光市にある印刷会社、成文社の代表を務める小栗卓(おぐり・たく)さんをお迎えし、小栗さんが中心となって取り組んでいる”スマイル日光プロジェクト”についてお送りいたしました!

  スマイル日光プロジェクトとは日光市内にある企業や店舗が協働して行なっているCSR活動で、各事業所ごとに”寄付つき商品”と呼ばれるものを設けてそれらを販売するというプロジェクトのことです。寄付つき商品とは各事業所の特定の商品、サービスの利益を社会貢献団体向けに寄付するというもので、事業者ごとに様々なものがあります!

  2014年に始まったこのプロジェクト。当初は7社から始まり、現在28の事業所が取り組みに参加しています。寄付金も年々増え、昨年には90万を超える事績を出したそうです!業種も多岐に渡っており、印刷業を行う成文社のほかにもお弁当屋さんや酒屋さん、工務店やタクシー会社さんなどなど。なかには私の行きつけの喫茶店も!寄付つき商品の設定も各事業所によって様々。例えば成文社では名刺の売り上げの5%が寄付に回っているほか、ガソリンスタンドでは洗車料金の3%が、珈琲屋さんではドリップパック1個につき3円が、行きつけの喫茶店では音楽イベント時のチャージ料の5%がそれぞれ対象になっています。

  スマイル日光プロジェクトの取り組みの特徴としては大きく2つあります。1つ目は、各事業者さんが無理のない範囲で参加していること。事業者さんたちにとって企業活動を大きく圧迫させるほどのものにならず、かつプロジェクトを長続きさせるためにも、一律の割合を定めずに各社の判断に委ねています。「現在30社ほど参加しているので、年間で3万円ほどを集められれば100万近くに届きますよね。年間3万ほどならば企業側もそれほど高いハードルではないから続けられます。」と小栗さん。企業活動とCSR活動を両立させ、取り組みの継続につなげている点に大いに共感できました!

  2つ目は、地元の社会貢献団体への寄付を行なっていることです。

まちなかで見かける街頭募金などなど寄付を募っているところはたくさんありますが、募ったお金がどこの誰のために使われるのか直接的にわからないと感じる人も多いと思います。”アフリカの子どもたちに向けて~”と言われても漠然としていて、具体的にどのような支援の資金になるのかがわかりにくいという一面があります。そこで、地元のNPOなどを対象にすることで、寄付した人(対象商品・サービスを利用した人)が、自分の寄付したお金はこんなことに使われるんだ!と感じることができます。

集まったお金の行き先は、日光市内で活動している高校生の活動団体や子どもたちに対する支援に当てるほか、50万円ほどを公募で募っています。旧今市地域をメインに活動しているために他の地域からの団体の把握ができないためにこのような形をとっているそうです。日光市は2006年の春に5市町村が合併して今の形になりましたが、公募のおかげでこの5つの自治体区に満遍なく寄付金が行き渡っているようです。

「日光で商売をするということは日光の人たちに支えられているということになる。だから日光の団体さんに寄付することで、自分が寄付したものがこんな風に使われるんだと最後まで見届けることができるのが重要なんです。」と小栗さん。

 

このような取り組みを行なっているのは県内ではここだけで、全国で見ても数少ないそうです!

 

プラスチック、ただ減らすんじゃなくて必要なところに回してい

  スマイル日光プロジェクトのほかにも小栗さんが最近取り組みを始めたものとして、エコバッグの作成があります。バッグにはSDGs17のテーマカラーをあしらったものが施されています。7月からレジ袋の有料化が始まったのをきっかけに一気にエコバッグブームが広まりました。プラスチックは実はものすごく使い勝手の良い素材であって、私たちは大きな恩恵を受けています。そこで、そんなプラスチックを何でもかんでも無くしていくというのではなく、削減できるところで削減して、必要な分に回していこうという動きを啓発するべく、小栗さんたちがデザインしたそうです!番組が終了した後に、私も1枚小栗さんからいただきました!それまで使っていたバッグが少し小さかったので、ちょうど新しいのが欲しかったのでいいタイミングでした!日々のお買い物で重宝させてもらってます♪

ボランティアは「朝起きて歯を磨く」ようなもの。

今回(9/1)のゲストは、JU栃木の大森敏臣さんです。この方は中古車販売会社、TTファクトリーの代表取締役とJU栃木の青年部顧問、指導環境委員長をされています。そして、フードバンクの活動の支援もしてくださっています。中古車販売とフードバンクの支援。この二つの関連性はほとんどないように見えます。どうしてフードバンクの支援をするようになったのか、大森さんにとってボランティアとは何なのかなど、興味深いお話をたくさん聞くことができました!

 

体に電気が走った「フードバンクの活動」

大森さんは、JUの組合員の方の「誕生日プレゼントを僕に渡すんじゃなくて、最寄りのフードバンクに寄付してくれ」という発言を聞いたとき体に電気が走ったような衝撃を受けたという。その活動のすばらしさに感銘を受けフードバンクの活動への興味を持ったそうだ。フードバンクうつのみやについて知ったのは友達のお父さんがフードバンクの活動をしていることをきいたこと。活動の話を聞いて、大森さんは豊かに見えるこの世界にも貧困の人がいることを痛感し、何ができるのだろうと考えた。そこで組合を通して食品を集め、フードバンクに寄付することを考えたそうだ。個人の活動としてボランティアをすることは気恥ずかしさを感じることもある。

「組合の活動として行えば、抵抗を少なくして取り組むことができる」と大森さんがおっしゃられた。確かに団体で取り組めば気恥ずかしさは消えるし、より多くの寄付も集まる。もしかしたらボランティアに興味を持つ人もいるかもしれない。会社や組合でボランティアを行うということは有意義であるのだなと改めて感じた。

 

「乗っかっていって誰かが幸せになれば、それでいいじゃないですか」

 今までの私が担当した放送回のた助っ人さんはボランティアを生活の中心にしている、いわばボランティアガチ勢の方々だった。中古車販売とフードバンク支援などのボランティア活動にはあまりつながりがないように思える。どうしてボランティア活動をしているのか質問すると、「ボランティアをしている意識はあまりなくて、ボランティアは、朝起きて歯を磨くような感覚の延長にある」と大森さん。

 当たり前のことをしているだけ、という感覚だそうです。自分自身が頑張っているというよりは頑張っている人たちの活動に乗っかって楽しんでいるのだという。「乗っかっていって誰かが幸せになれば、それでいいじゃないですか」とても格好いい、素敵な言葉だと感じた。

 大森さんのような人は、フードバンクの運営側から見てもありがたい存在だそうだ。「ボランティアやチャリティーが普通のこととして行われると自然と社会が良くなっていく」と曽根さん。ガチ勢とエンジョイ勢が相互に関わっていくことが活動の活性化には欠かせないのだなと思った。(おぐま)

FM77.3 >>>> 毎週火曜日19:00から

●スマホからも >>>> https://fmplapla.com/miyaradi/

活かしたい知識と守りたい自然、「鳥獣被害をゼロに」髙橋さんの決意とは? 

818日のゲストは、宇都宮大学 地域デザイン科学部 教授 の髙橋 俊守さんでした。髙橋さんは10年ほど前から、県や大学と協働で栃木県内の鳥獣被害対策を行っている方です。今回のラジオでは、県内の鳥獣被害に関する現状、そして今後求められる対策についてお話ししていただきました。

 

「知識」を活かして「自然」を守る

東京都出身の髙橋さん。15年ほど前に栃木に移住してきた際、栃木の優大な自然に大きな感銘を受けたそうです。「幼少の頃からあまり自然に触れてこなかった私にとって、栃木の山々に広がる緑は本当に新鮮だった。」髙橋さんは当時をこう振り返ります。しかし移住から数年後、その優大な自然に潜む1つの課題に気づかされます。それが“鳥獣被害”でした。年々“農作物や畑が荒らされる” “人間の住む住居に巣を作られる”などの被害が多く聞かれるようになってきたのです。そこで髙橋さんは10年ほど前に、自身の専門である“地域生態学”(人と自然の適切な共生の方法を探る学問)の知識を活かし、県や大学などとも連携して、この被害を食い止める活動を始めることを決意。そして現在では

・農作物を荒らされないよう畑の周りに電気柵を設置する

・動物が人間の住む集落に侵入してこないよう、森の中に罠を仕掛ける

などの取り組みを行っています。

 

意外と知らない!? 身近に潜む鳥獣被害

ここまでの文章を読んでいて、“鳥獣被害”って農村や山間部など自然の多い地域だけの問題だと感じていませんか?実は決してそんなことはありません。県都であり都市部が大きく広がる宇都宮市でも、ハクビシンを中心とした鳥獣被害が近年多く発生しており、

・住居への侵入

・人間の捨てたゴミを食い荒らす

などの被害が今年も数多く報告されています。人々が多く行き交う都市部では、人を巻き込む危険性があるため電気柵や罠を設置することができず、未だ適切な対策を見出せていないのが現状です。髙橋先生は「都市部での被害を食い止めるためには、人間の生活スタイルを少しずつ変えていくことも必要ではないか?」と語っていました。例えば「ゴミ出しの時間や捨て方を工夫する」でも構いません。まずは私たちの日々の行動から少しずつ見直していくことが、あらゆる鳥獣被害を無くす第1歩に繋がるのではないかと私は考えます。(とうま)

 

●ミヤラジ(77.3FM)「みんながけっぷちラジオ」

 火曜19:00~20:00 オンエア!

●スマートフォンアプリ「ミヤラジ」(無料)でも聞けます!

●Twitterもフォローしてね!

 「学生パーソナリティー@みんながけっぷちラジオ(@Tuesdayonair)」

 

今回の担当学生はとうまでした!

次回の放送もぜひお聞きください!!

 

9/15ラジオ スマイル日光プロジェクト

9/15の放送は、学生パーソナリティー山本、ゲストには日光市で”スマイル日光プロジェクト”を展開している株式会社成文社、代表取締役の小栗(おぐり)さんをお迎えしてお送りいたします!

スマイル日光プロジェクトとは、日光市内でCSRを推進する企業や店舗と協働して、”寄付つき商品”というものを設定し、社会貢献活動を行う団体に向けて寄付を行うという取り組みです。

番組では、これまでの実績や新たに始まったプロジェクトについてもお話しいただきます!

 

放送は9/15 19:00から。ステレオのほか、専用アプリを使えばどこからでもご視聴いただけます。ぜひお楽しみに!