・2018.11.14 花王ハートポケット倶楽部の地域助成 募集要項(11/20締切)NEW




12/8 サシバの森にドングリの木を植えよう!募集 [SAVE JAPANプロジェクト]

栃木県市貝町は宇都宮から、車で30分の距離にもかかわらず、豊かな里山が残されています。その理由は、里山林や谷津田が農林業で利用されてきたからです。

しかし、現在では放棄された里山林や谷津田が増加するなど、「人の営みで作られてきた自然環境」が悪化しつつあります。そこで、木炭生産者などと連携し、地域で伝統的に生産されてきたクヌギ菊炭(茶道で使われてきたお茶炭)の生産を通じて里山林を再生し、持続的に活用・保全しつつ、そこに住むサシバ(タカ)やオオムラサキ、クロシジミ(チョウ)など希少な生きものを守ります。

 

【次回予告】2019年2月16日・柳生 博さん講演会(日本野鳥の会会長・俳優)市貝町町民ホール(予定)

メモ: * は入力必須項目です

お母さんの笑顔はパワースポット♥

 11月13日のラジオゲストは、不登校の子を持つお母さんの笑顔を作っている「栃木ねいろ」の野澤かなえさんでした~!

 

お母さんの笑顔をつくるために…

 

 月に一度、茶話会を開き不登校の子を持つお母さんたちが集まって、安心して話せる仲間・場作りをしています。話すことで心が軽くなって、人に聴いてもらって共感してもらえる。そして、子どものために頑張るのではなく自分を大切にできる時間をつくってお母さんの笑顔を作っています。なぜこのような場が不登校の子の支援にまで繋がるのか一緒に振り返りましょう~

 

正しさが子どもを追い詰めた

 野澤さんは、3人の子の不登校を経験しました。初めから、不登校を受け入れられた訳ではなく、葛藤の日々が長く続きました。学校に行かせなければ!学校と繋がっていなかったら子どもたちは自立できないのではないか…。行かせることが正しいことだと思っていたそうです。そんな時、同じように不登校の子を持つお母さん仲間と知り合い、「学校に行かなくてもいい。この子たちが笑っていられたらありのままでいいんだ!」と思えたそうです。子どもが学校に行く、行かないでお母さんが幸せになるのではなく、お母さん自身が幸せになっていける場を作りたいと思い、立ち上げに至りました。

 

まずは、自分を許すことから

 まず、子どもたちを受け入れていくために、子どもを苦しめてしまった自分、ダメな自分、できない自分、全部を受け入れそんな自分を自分で許しました。すると、自分を好きになれてきて、好きになれると子どもの選択も許せるようになれたそうです。無理に受け入れようとしていた時は苦しかったけど、自分から受け入れられるようになったら子どもも変わってきて、そんな姿を見ていると自然に「子どもが笑っていてくれればいい」って思えたそうです。

 

お母さんの笑顔は、1番の心の栄養。安心感を生み出す

 子どもは、苦しいときにお母さんも一緒に眉間にしわを寄せたり、泣いたりしていると、そんな顔を見て自分のせいでお母さんが苦しんでいると思って罪悪感でもっと苦しんでしまうんだそうです。野澤さんは、悩んでいるときに笑顔で「だいじょうぶ!」と見守ってくれる人がそばにいたらいいなと思い、笑顔があったら子どもたちは、安心して自分が選んだ道を行けるのでは?と思って、お母さんの笑顔を大切にしているそうです。また、子どもが「ね!」と言ってきたときがチャンス。聴いた話を取り返したりアドバイスをしたりしないで「どうした~?」と言ってただ聴くということが大事なんだそうです。わかろうとしてくれている人がいてくれることが子どもの中に安心感を生み出すことができるんだそうです!

  自分を生きて、幸せなワクワクした背中を子どもたちに見せて大人になるって楽しみだなと思って自分の夢に進めると思うから自分も夢を追いかけて幸せな背中を見せていきたいなと言ってました。

  お話を聴いていて、確かに「笑顔」ってすごく大きなパワー持っていて、安心感や時には背中を押してくれる存在だなと感じました。私も笑顔で誰かに安心感を与えられる人になりたいなと思いました。

 次回は、だいじょうぶの畠山さんです。お楽しみに~!!(さとうあやか) 

12/15(土)円卓会議in大田原

12月15日(土)13時~15時まで大田原市生涯学習センター2階で円卓会議を行います。第4回目の内容は「寄付つき商品プロジェクトを知ろう」ゲストをお招きし、実際の活動を知り、皆で大田原で展開できるプロジェクトの可能性を一緒に考える時間にしましょう。 

また、当日円卓会議の最後に、12月22日に開催する、子どもの貧困撃退♥チャリティサンタdeラン」のイベント説明を致します当日ご寄付いただいた方限定で、手作りクリスマスバージョン巾着をプレゼント(30個限定)

たくさんの方々のご参加をお待ちしております。(木村)

 

 

 

12/1 サンタdeラン「事前イベント」映画。11/29チャリティ飲み会など

11/10土曜日に定期円卓会議がありました。その中で、子どもsunsunプロジェクトの寄付集めイベント、「サンタdeラン」の事前イベントがたくさんあります。

① 12/1 映画「わたし、生きていていいですか」を宇都宮美術館でやります。①10時~、②13時~の2回。無料ですがカンパ500円以上くれると素晴らしいです。

② 11/29は「チャリティ飲み会」!企画は、訪問型病児保育をやるNPO法人リスマイリー。 11/29(木) 19:00-23:00、場所: バリアン(宇都宮市岩曽町32-2)会費:5,000円  (寄付金込み)

③ 11/18(日)シンポ[家族を支えるための子どもの居場所]

 で講演会とシンポジウムを行います。 子ども虐待防止ネットワークとちぎの集いは9回目。でも虐待はなくなりません。 「泣いているあの子のお母さんも、誰にも注目されない子どもだった…」。ネグレクト家庭の支援。それが「子どもの居場所」です。

〇11月18日(日)13時半-15時・みやのわホール(済生会宇都宮病院)〇基調講演:広岡智子さん 〇シンポジウム「家族を支えるための居場所の必要性」 ♦仲村久代(サバイバルネット・ライフ/小山)♥村上静(児童家庭支援センター「にこにこ広場」臨床心理士)♠直井茂(栃木県・県北児童相談所長) コーディネーター:広岡智子 〇無料・定員300人。〇問:028-666-6023(自立援助ホーム 星の家)

【街頭募金】

11/18(日)、⑤12/2(日)の午後、サンタde街頭募金(ゴスペル付き)をやります。主催はとちぎYMCA

 

 

⑥⑦12/8・9(土日)11-15時にも、サンタde街頭募金をやります。主催はとちぎVネット・フードバンク宇都宮。サンタ等の格好をしてきてください。