↑クリック!(各サイトに)





*フードドライブ ボランティア募集中

①2月23日(日)11:00~16:00

 ハーベストウォークイベント(小山市)

②3月7-8日(土日)10:00~15:00

  エコマツリ(宇都宮市環境学習センター)

 

*台風19号被災者・冬越し支援

  「きずなセット」大募集!

例)米3kg,レトルト,缶詰+カンパ500円

事務所に持参、または郵送でお送りください

 



子ども冬合宿 学生ボランティア募集!

企画会議やってます。●申し込みはこちら

みんなでワイワイ夜ご飯を食べて、いろんな作戦会議をする”Vめし”が復活しました!ごはんを食べて会議に参加しなくてもOKです。(\200)

 他の会議は調整中です。

 

 2月25日(火) たかはらインターン交流会

 2月26日(水) サンタdeラン会議

 




子ども冬合宿開催まであと1週間!準備も大詰めです

夏休みキャンプの第2弾、学生有志が企画運営している「冬休み子ども合宿」がいよいよ来週となりました!

 

雪があるところにするか、どうやって開催場所まで行くか、何をするか、何を食べるか、安全に活動するためには、、、など、決めることは盛りだくさん。

初めて会った人、学年が違う人、違う大学の人もいますが、楽しく安全な合宿にするため、心は一つ。

 

今回も8人の学生が集まり、準備、調整、やりとりを進めています。

子どもも7人くらい集まってきました!

 

開催場所は、「福島県只見町布沢地区」で、大学生の何人かがサークルでお世話になっている地元の方にもご協力いただき、実施することとなりました。

 

←布沢地区のみなさんにお渡しするお知らせです。

ご覧いただける通り、

宇都宮で集合し、大田原チームと合流。

バスに乗り込み、布沢まで行く予定です。

1日目は雪遊び、2日目は宝探し。

と、大人でもワクワクしてきますね。

 

地域の方とのごはん会もあったり、地域の子どもたちもお誘いしたり、交流の機会もあります。

 

今回、直前のお願いにもかかわらず、快く宿泊場所や公民館などご協力いただけることになり、本当にありがたいです。

 

また予算も限られているため、バス、車の運転、食材、スキーウエア貸し出しなどなど、たくさんの方にご協力いただきます。

 

それでも、赤字のため、「志(ご寄付)」も募集しており、ご支援も募っています。(事務所で受付中です)

 

もちろん、子どもたちに楽しい時間を過ごしてもらう!ということが目的ですが、学生のみんなにも、一からの企画を作り上げる大変さとおもしろさを体感してもらいたいという裏目的もあります。予定と変わったり、会議に時間がかかったり、大変なこともありますが、諦めずに頑張っている学生たちを見てると、私も応援したい!と思います。

 

そんなわけで、2月18日には、最終下見に、みんなで布沢地区にお邪魔し、準備をしていきます。

 

ぜひ、応援よろしくおねがいします!

 

2/18ラジオは「車いすで街に暮らす」永田さん。春休みで忙しい学生オグマがお届け!

2/18のみんながけっぷちラジオ、ゲストは自立生活センターとちぎの永田元司(ながたげんじ)さんです。永田さんはがけっぷち当事者であり、た助っ人さんでもあります。ラジオでは、自立生活センターの活動や永田さんの生活についてお伺いします。ぜひお聞きください!

質問は:773@miyaradi.comまで

リスナーの皆さんのご意見・ご感想もお待ちしております!

ミヤラジ(77.3FM)火曜19:00~20:00オンエア

 

※おぐま:テスト期間よりも春休みに入ってからの方が忙しいのは何故でしょうか。がけっぷち日程ですが元気に頑張ります!

お知らせ

2月15日(土)の午後は、職員全員が会議出席となるため、お休みとさせていただきます。

 

よろしくお願いいたします。

3/1 定期円卓「病児保育1人3万円!—対象者と最適コストを考えるー」参加者募集

①3/1 定期円卓会議「病児保育」

「病児保育、1人3万円!-誰のためか+最適コストを考える-」

①病児保育の高コスト化の理由と、

②必要な人( 子どもor 共働き親or ひとり親) はだれかと、

③施設型、訪問型のベストミックス」を考える定期円卓会議

 

◆病児=看護師、保育=保育士。つまり2種類の専門職が常駐し、医者も近くにいる態勢が必要…となると、すごくお金がかかります。

しかし、病気はいつ起きるかわかりませんし、流行で増えたり減ったり…。

万全の態勢にするには、まだまだお金(税金)がかかります。

◆実際に宇都宮市は1日31人分の定員がありますが、インフルエンザが流行したら足りません。そして経営の安定も大変かも?

◆昨年は3000人の利用で、市の支出は9000万円、ひとり3万円です(利用料1日2500円)。

◆「お熱があるので、保育園にお迎えに来てください」。共働きのお母さんやお父さんは、どちらかが会社を休んだりできます。

でも、一人親家庭は大変です。職場は休めず、パートなら収入減。

実際に小さい子のいる母子家庭の貧困率は70.6%※です。

◆看護師・保育士(医師)常駐の施設型病児保育と、子の見守りをお母さん代わりに自宅でする訪問型病児保育のコスト比較と、助けるべき人は誰か、働き方を応援する病児保育とは何かを考えます。

 

●3/1(日)13-15時、宇都宮市総合福祉センター・4F視聴覚室

●定員50人

●内容/13:00-15:00/ 連続登壇

①助けるべき人はだれか(25 分)

 問題提起・概要…山口真由美(訪問型病児保育・NPO法人リスマイリー代表)

ないと困る人」から…斎藤孝一( ㈲アップライジング社長)

②高コスト体質について(20 分)…塩澤達俊(とちぎYMCA) 撤退した事業所の撤退理由とコストも

③訪問/施設型・コストの試算(20 分)…宮本進( 栃木県保健医療生協)

 宇都宮市、小山市など人口をモデルに訪問型、施設型のコストを試算。

④どうすべきか討論会

 

 

●申込/電話メール等で(氏名・所属、電話・メールアドレス、住所)を送信

電話028-622-0021 FAX028-623-6036 メール info@tochigivnet.jp

ダウンロード
200301病児保育.pdf
PDFファイル 565.4 KB
▲ここをクリック
▲ここをクリック