若者のこどくにじっくり向き合う。寄り添う。

 8/14(火)のみんながけっぷちラジオ、ゲストはNPO法人キーデザイン代表理事 土橋優平さんでした。

 活動は主に2つ。まず、不登校で苦しんでいる高校生の支援。もうひとつは「生き方の学校」のライブ配信。生き方に迷う高・大学生向けに、先を歩む先輩の経験や失敗のお話を配信するもので、月に1.2回行っています。「高校生、大学生になるとさまざまなことを自分の頭で考えられるようになり、周囲からも大人扱いされる。それでも悩んでしまうときもある。先輩の生き方を知ることで、少しでもヒントになれば。」と土橋さん。

 

不登校は不幸じゃない

「不登校は不幸じゃない」とは、8/19(日)に全国100か所で同時開催されるイベントです。不登校を経験した当事者が声を上げて開催に至ったそうです。キーデザインでは宇都宮部門を担当し、不登校を経験した先輩2名のお話を企画しているそうです。

 不登校の方や過去に経験した方にお話を聞くと、苦しみのタネは、学校・親など周囲から「普通」を求められること。周囲の期待と自分とのギャップを感じてしまう。土橋さんは、「そのままでいいんだよ。」と言ってくれる第3の居場所の必要性を強く語っていました。

 「地域づくりや地域包括のシステムはできあがってきているが、現場で実践する人はまだまだ少ない。土橋さんのような人が増えていけば。」とコメントおじさん。

 

寄り添うことの大切さ

 こどくを抱える若者の支援を始めたきっかけは、学生時代、自分自身に居場所がないと感じてきたこと。自分の過去の辛さと向き合ってきたからこそ、同じように苦しんでいる人の気持ちに寄り添えるのですね。

 若者との関わりで大切にしていることは、「とにかく聞く」こと。目的はアドバイスすることではなく、その人自身が自分の悩みや状況に気づけるように促すこと。「誰かに原因がある」と思って相談しに来る人は、実は自分の原因に目を向けられていないことがあるようです。「その人自身の内面にじっくり向き合う第3者が必要であり、そういった役目を果たしていきたい」とおっしゃっていました。

 

土橋さん、貴重なお話をありがとうございました!興味がある方はキーデザインのTwitterやFacebookを

チェックしてみてください。

次回は宇都宮共和大学 蟹江先生です。おたのしみに。

(みやさか)

8/14ラジオ こどくを抱える若者に寄り添う。NPO法人キーデザイン・土橋さん

本日のみんながけっぷちラジオ、ゲストはNPO法人キーデザイン 代表理事 土橋優平さんです!

みなさんは、「こどくを抱える若者」に目を向けたことがありますか?

キーデザインでは、居場所づくりを中心に、そんな若者と向き合っています。

活動の原点や、若者が抱える”こどく”とはどのようなものか、お聞きしたいと思います。

ぜひお聞きください!

 質問してみたい方はコチラまで →(773@miyaradi.com

 

リスナーの皆さんのご意見・ご感想もお待ちしております!

 

ミヤラジ(77.3FM)毎週火曜19:00~20:00オンエア!(みやさか)

 

8/4(土)与一まつり!

今年も8/4(土)与一まつり!世代間交流喫茶「いってみっけ」&「フードバンク大田原」出店しました‼{たこ焼き&手作り小物&竹炭&石巻わかめ等の販売}{射的}{マジックショー}等々盛りだくさん…

猛暑のなか、たこ焼き射的を目当てに子どもから大人まで行列ができるほどの大盛況

暑さも関係なく”青空とんびさんのマジックショー”たくさんの方々が足を止め楽しいショータイムを過ごされておりました

毎年純益はフードバンク大田原の生活困窮者支援として使われています!

スタッフの皆様…事前準備から後片付けまで本当に本当にお疲れ様でしたm(--)m

暑く長~~~い一日でした…。(きむ)

 

CW56.7県西地区の実行委員会&ポスター張り(8/5)

今年の夏は酷暑が続いています。その酷暑の中、県西地区の実行委員会を懇親会(ランチ会)的に開きました。場所は、旧今市市にある名店山仙楼で行いました。

 楽しい雰囲気の中今後のイベント進行などが話し合うことができました。

 会議後、移動するために車で移動するときに、車の温度計を見ると41度の表示となっていました。車のハンドルが熱くて握れないほどでした。宿泊候補地を訪問することになりいくつかの施設を下見することができました。そのときに思ったことは、みな素晴らしい施設だったので、環境はとても大切であるということを感じました。

 最後に旧今市市街地にポスターを張ることになり、各店舗を回りポスターを配らせていただきました。酷暑の中、現地メンバーの皆さんごお疲れさまでした。

のぼ