北海道地震・現地レポート③ むかわの自主避難所の応援してます。

 9/21むかわ町に現地入り。

○人的被害→死者1、ケガ252人 

○建物被害→167(全壊17、大規模半壊3、半壊12、一部損壊135(調査中)

○避難所/人数→4ヵ所・162人

 

 4ヵ所の避難所のうち、1番避難者が多い四季の館(道の駅)と自主避難をしている春日生活館に直接出向いた。どちらも電気・水道は使用可能になっている。

 四季の館は115人が避難されており段ボールベッドでの生活。食堂スペースはなく寝食分離はできていない。(数日前までは、ブルーシートに床に布団で寝ていた。改善した)ガラス張りの避難所内は日中意外に暑くムシムシしていた。地震から2週間、皆さん疲れている様子だった。

 もう1つ春日生活館は9人が自主避難をされている。こちらには支援物資がほとんどど行き渡っていない。しかもマットと毛布のみの状態(自主避難は役場等の目が行き届かず、支援の手が届かないことも多い。過去にはボランティアが役場等と連携して支援している)。ここの9人は高齢者のみで独居の方がほとんどだ。自宅は一部損壊していて余震も続いているため、ご近所同士で自主避難をしてきている。とても家族みたいに和気あいあいと皆さんが笑っていたが、地震発生後からの雑魚寝状態で疲れている様子。そこで地元NPOや支援団体と連絡を取り合い敷布団やマットレスなどの手配をし、今夜から使っていただいた。

 ちょうど晩御飯の時間帯で「一緒にご飯食べてってよ」と声をかけて下さった。日中は家の片付け、また余震や長い避難所生活で自分の事だけでも大変なのに。皆さんの明るい笑顔が印象的でした。

 明日も避難所に顔をだしてみよう。本日伺った避難所2ヵ所で足湯を行う予定!(きむ)

 

※ボランティアの派遣継続中。きむ⇒9/25、大澤⇒9/23-30、ボラ平木⇒9/26-10/7。その後も募集中。宿泊拠点あります。

宇都宮で「制服リサイクルバンク」開始! 星中の制服など募集。10/1~30まで。子どもSUNSUNプロジェクト

鹿沼のリサイクルバンク
鹿沼のリサイクルバンク

 宇都宮・戸祭地区の民生委員さんやまちづくり協議会の人が中心で制服バンクが始まりました。県内では他に足利と鹿沼東中だけ。

 以前にインタビューした鹿沼の自治会長さんは「入学時に制服・体育着・リュックなどが、一式12万円もかかり大変な家もある。一方でまだ着られるのに捨ててしまう卒業生の家もある。もったいないなぁ」と始めたとのこと。

 このことを宇都宮の戸祭地区の民生委員児童委員さんや、まちづくり協議会の集まりでお話したら、「「フードバンク食品」も集めてるのだから「制服だってOK」だろうとなり星中制服リサイクルバンク実行委員会を結成いただき、ただいま募集しています。他の中学校も真似してほしいです!!(矢野)

集めるもの】●男女の、詰襟・ジャケット、ズボン・スカート(夏・冬)、長袖・半袖シャツ、リボン、体育着、校章、アイボリーベスト、紺セーター、体育館シューズ、リュック、サブバックなど。

●10/2~10/31の期間に戸祭地区コミセン「制服回収BOX」に入れる。

>>詳細はこちら>>>

 

いちごハートネット事業研修会で食品を集めてもらいました。

 栃木県社会福祉協議会の事業で、いちごハートネット事業というものがあります。その事業に参加している社会福祉法人の研修会の場でフードドライブを実施していただきました。

 沢山の食品を集めることができました。22㎏の食品をいただきました。

 いちごハートネット事業についてはこちらをクリック

このようなチラシを作っていただきました。感謝です。
このようなチラシを作っていただきました。感謝です。

当会のフードバンク事業に理解していただいた栃木県社協、そしていちごハートネット事業に参加している皆様に感謝申し上げます。

 

のぼ


9/18ゲストは 福山さん。シングルマザーの就労支援がテーマ

 9/18、今日のゲストは、パーソルキャリアコンサルティングの福山さんです!

シングルマザーの就労支援について話を聞きます。母子家庭の50.9%は相対的貧困。でも、母子家庭の80%は働いている。働く貧困層=ワーキングプアについて、お話を聞きます。お楽しみに!!

 

福山さんに質問したい方は 773@miyaradi.com まで

リスナーのご意見・ご感想も待ってます!

ミヤラジ(77.3FM)火曜19:00~20:00オンエア!

(みずの)