・2018.11.14 花王ハートポケット倶楽部の地域助成 募集要項(11/20締切)NEW



・2018.11.6 第6回チャリティウォーク56.7

       寄付集計報告

   参加者寄付 \730,225-

   企業協賛  \515,000-

   一般寄付  \748,155-

   合  計  \1,993,380-となりました

   厚く御礼申し上げます。



北海道地震・レポート⑲足湯サロンをきっかけにご近所さんとの交流の場にも

12/9(日)の最終日は、むかわ町仮設住宅の談話室にて足湯サロン実施。11月下旬から12月上旬に第1期の方々が避難所から仮設住宅へ入居されました。

まだまだ落ち着かないなか、避難所からの常連の方から、はじめてお会いするご家族の方まで、たくさんの方が足を運んで下さいました。

談話室内は、足湯をされる方・甘酒を飲まれホッと一息される方・折り紙をされる方それぞれ…話が尽きないサロンでした。また足湯サロンをきっかけに、顔見知りとなり交流を深める機会にもつながっているようです。

当日、折り紙を楽しんだ親子。帰り際、男の子(小学校)に「楽しかった?」と尋ねると「お母さんが笑ってたから…」と…。その言葉に涙がこみ上げてきました。

 

今回の現地入りは最大震度7を観測し、41人が犠牲となられた北海道地震から3ヵ月の日。被災地では犠牲になられた人たちに祈りがささげられました。

「この3ヵ月は周りに支えられあっという間だった。ありがたい…まだ友達の亡くなった場所にだけは行けない」と話された厚真町のおばあちゃん。

「今でも揺れている感じがする」「生活は通常に戻りつつあるけど町を車で走っていると建物が壊れていて涙が出る」「少しずつこれからの事を考える」「地震のおきた時間辺りに目が覚める」「仮設は寒い」「水道が凍結した。今から凍結してたらこれからが心配だ」などなどの声が聞かれていました。

今回の滞在中の気温は何と!-14℃‼、本格的な冬を迎えた被災地でした…。 

また来月も、とちぎボランティアネットワークは現地入り致します。(木村)

 

サンタdeラン&ウォーク事前イベント街頭募金

128日、9日とサンタdeラン&ウォークの事前イベントとして、二荒山神社近くの交差点で街頭募金を行いました。8日は募金参加者が4名と少なかったのですが、9日は10名の参加者となりました。中学生、高校生の動員が他のイベント等で参加できなかったのが、人数が集まらなかった原因かもしれません。やはり街頭募金は中高生の若い人の参加がはずせませんね。二日あわせての街頭募金の金額は、\46740ーとなりました。
募金をいただいたみなさん、ボランティアのみなさんに感謝いたします。
 いただいた募金は、とちぎコミュニティー基金を経由して、当会の子ども食堂とフードバンクの運営に使われます。

 

                                   のぼ


12/11ラジオ「スクールソーシャルワーカー」の役割とは?!

 明日のみんながけっぷちラジオ、ゲストは栃木県のスクールソーシャルワーカーの草分け的存在である、土屋佳子さんです。現在は大学教授となって、全国を講演して回っている、著名な方です。

 スクールソーシャルワーカーとは、「子どもの家庭環境による問題に対処するため、児童相談所と連携したり、教員を支援したりする福祉の専門家。(朝日新聞:キーワードより引用)」校内だけでは解決が図れそうにない問題を抱える子どもを、状況にあった支援機関につなぎ、支援体制を整える役割です。

 栃木県内でスクールソーシャルワーカーの問題対応件数は年々増えており、平成27年度は829件とのこと。

 では、具体的にはどのような支援をしているのでしょうか!??じっくりお聞きします!ぜひ聞いてください‼

質問したい方は 773@miyaradi.com まで

 リスナーのご意見・ご感想も待ってます!

 ミヤラジ(77.3FM)火曜19:00~20:00オンエア!

(みやさか)

北海道地震・レポート⑱あつまグランドバザールin足湯サロン

 本日はあつまスタードームで支援物資バザーがありました。それに伴い足湯隊も一緒に活動。

 朝からたくさんの方々が足湯サロンへ来て下さいました。本日は土曜日のため子供たちも足湯につかり、まったり…

 午前中は仮設住宅の人、午後からは一般の人が支援物資を目当てに足を運んでいただきました。帰り際、足湯サロンに立ち寄り足湯や甘酒を飲まれ一息。

 震災後、足湯隊の活動は避難所や仮設住宅をメインに回っているので、全壊や半壊などの方のお話を伺うことが多かったのですが、本日は一般の方(震災時自宅内はめちゃめちゃ)の直接の声。避難所や仮設住宅とは違うお話を聞くことができました。

「自宅生活をしている私たちにも足湯やお茶会をやって欲しい」と話され帰られる方が何人かいました。

 明日は午前中、むかわ町仮設住宅談話室にて足湯サロン実施予定です。木村