カテゴリ:ラジオ



2024/04/05
 パレスチナガザ地区を支配するハマスとイスラエルとの戦争が始まり、まもなく半年が経ちます。  4/9(火)のみんながけっぷちラジオでは、JVC(日本国際ボランティアセンター)でのご経験をもち、パレスチナに長年関わってこられた並木麻衣さんをゲストにお迎えし、一緒にこの問題について考えていきましょう。  是非お聞きください。  (ラジオ学生ながたき)

2024/03/23
 東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故から13年が経ちました。  3/26(火)のみんながけっぷちラジオでは、これまでメディアではあまり語られてこなかった「避難」の実態について、避難を経験された半谷八重子(はんがいやえこ)さんをゲストにお迎えしてお届けします。  ぜひお聞きください。 (ラジオ学生 ながたき)

2024/03/20
「関東の人は福島の原発が関東の電気を作っていることを知らない」...

2024/03/14
 毎週火曜19時~のみんな崖っぷちラジオでは、毎月第2火曜に「NGO・市民に聞く戦争と平和ラジオ」を放送してます。1月、2月、3月は沖縄の「作られる戦争・辺野古〝新〟基地問題」として日本政府・米軍の憲法無視、民意無視と、国内マスコミが書かない問題を取り上げてます。2月は「土地規制法と自衛隊米軍基地の拡大」の問題として戦前の治安維持法と同じような言論・行動の自由を取り締まる法律ができて、運用されつつある沖縄と、敵基地を攻撃できる長射程ミサイル配備が行われいる今を伝えています。3月は若者含む1万人が「殺しあうのではなく、愛しなさい」と、1万人県民集会を実施し、中国・台湾とも対話する「沖縄対話プロジェクト」の話をしてまことしやかに言われる台湾有事問題について話します。(公開準備中)  来月4/9は「ガザ・パレスチナと日本のNGO」として、虐殺と餓死で50万人以上のの命が亡くなる瀬戸際にある状況危ない状況を放送します。youtube聞いてください ミヤラジ・火曜19:00~「アプリで聞けます」
2024/03/12
 本日、3/12のみんながけっぷちラジオは、「NPO・市民に聞く戦争と平和ラジオ」。 ゲストは沖縄からZoomでつなぎ、谷山博史さんにお話を聞きます。 今まで2回にわたって谷山さんに出演していただき、3回目となる今回は台湾有事やそれに対する市民の取り組みについてお聞きします。ぜひお聞きください! (ラジオ学生 立花)

仮放免者の「声にならない声」に向き合う
2024/03/06
2月6日のみんながけっぷちラジオでは、NPO法人北関東医療相談会・AMIGOS理事長の長澤正隆(ながさわ・まさたか)さんをゲストに迎えた。北関東医療相談会は、国内にいる「認定されない難民生活者」に光をあて、「すべての人が健康で平和な生活ができる共生社会の実現」を目指すボランティア団体である。生活困窮している外国籍住民の検診、検診結果の説明、要治療者のフォロー等を実施している。今回は、NPOの活動内容やそこから見えてきた日本社会の現状や課題を探った。

2024/03/03
 1月30日のラジオでは那須塩原市にある一般社団法人Apple Base(アップルベース)の原田幸希(はらだ・さき)さんをゲストに迎えた。Apple Baseは家でも学校でもない、また塾や学童とも異なる「子どもの第三の居場所」である。子どもたちの「やりたい」に常に耳を傾け、子どもたちはその「やりたい」を実現することに力を注いでいる。...

2024/02/13
今回は、宇都宮市峰地区で〝宮っ子の居場所〟を運営する、工藤光一郎さんに話を聞いた。工藤さんは大学で建築を専攻する傍ら、休日にはこどもたちの居場所づくりに励んでいる。 学童のスキマをついた強み 「子供たちの居場所」と聞いて多くの人が連想するのは、学童のような場所だろうか。「みねっこと大学生のひみつきち」はそういった場所とは一味違う。...


2024/02/12
・避難所の夜に民謡大会 「笑い声。みんなの顔つきが全然違った」  地震が起きたとき帰れず、働いていたデイサービスセンターに泊まった。それからは利用者や職員と一緒に避難所を転々としていた北村さん。社会福祉協議会の職員だった。...

さらに表示する