今週末2/14(日)「子ども食堂」の講演もあり。見えない貧困・子どもの貧困がテーマ、参加者募集

<2/5〆切でしたが申込延長します>

「よりそいホットライン」の事業報告会をおこないます。

 基調講演は今話題の「子ども食堂」の栗林さん。見えにくい貧困・子供の貧困をテーマにパネルディスカッションも行います。

 住民の〝たすけあい〟〝おせっかい〟など民間の活動の活性化、ネットワークの重要性について議論します。

●2/14、13:30-16:00

●コンセーレ・アイリスホール(宇都宮市駒生)

①講演「子ども食堂の実践から生活困窮を考える」栗林知絵子さん(豊島WAKUWAKUネットワーク)

②よりそいホットライン事業報告中野謙作(栃木県若年者支援機構)

パネルディスカッション/山田美也子(元・よりそいホットライン栃木 コーディネーター)矢野正広(フードバンク宇都宮)、栗林知絵子、司会:中野謙作

※現在申込は40人位。まだまだ会場に入れますのでぜひ下記フォームで申しこんでください。(いまV情報を編集まっ最中のやの)

 

下記メールフォームで申し込めます。

メモ: * は入力必須項目です

ダウンロード
160214よりそい.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 713.5 KB