災害救援

―高齢社会の災害。あなたの4日間を被災地に―

能登地震・避難所運営

ボランティア募集

 

募集人数拡大

  

 

【支援の計画】

    支援する場所:石川県穴水町、または珠洲市の避難所

    活動:避難所200人の日常生活の支援。避難所の生活環境整備(食事準備、清掃、トイレ掃除、水汲み)を避難者のボランティアとともにやります。他に在宅避難者へのニーズ調査、足湯ボランティア、他避難所の運営支援、家屋の片づけなど(状況に応じて変化します)。

    現地で4日、または5日間の活動です。引継ぎのため1日は活動が重なります。

    毎週火・金の夜1000に出発(車中泊)。火曜出発の場合は夜9時にVネット事務所集合。金曜出発の場合は夜7時にVネット事務所集合。現地からの帰還も夜出発です。

    5・6人乗りの車で往復します

    火夜発⇒(水木金土) ⇒日朝戻り(4日活動)火22:00発 600着 往復は車中泊

    金夜発⇒(土日月火水)⇒木朝戻り(5日活動)金22:00発 木600着 往復は車中泊

〇 連携:名古屋の認定NPOレスキューストックヤード(RSYとともに活動します。

    宿泊:RSYのボランティア宿泊場。寝袋持参(ない人は貸します)。

    食事:現地のコンビニ等で調達します。宿泊場にも自炊設備があります。

〇 報告会とボランティア事前説明会を、毎週金曜1900事務所で行います(オンライン参加も可能)。活動に参加する方はかならず1回は参加してください。金曜出発の方は、報告会のあと出発になります。

○ 参加費は3000(本会の年会費です)

〇 未成年の参加には保護者の承諾が必要です。

○ 経験者、福祉関係、学生等を優先します。

〇 Vネット事務所:栃木県宇都宮市塙田2-5-1共生ビル3階

 

※通しで現地(水~水)の8日間活動も歓迎(火発⇒木戻り)

※なお、ボランティアセンター稼働などで「ボランティアが大量に必要になった場合」には、活動を拡大します。

火・夜発⇒(水木金土)⇒日・朝戻り(4日活動)

金・夜発⇒(土日月火水)⇒木・朝戻り(5日活動)

   1/23-1/28(4人)

③ 1/30-2/4(4人)

⑤ 2/6-2/11(4人)

⑦ 2/13-2/184-8人)

⑨ 2/20-2/254-8人)

⑪ 2/27-3/3

⑬ 3/5-3/10

⑮ 3/12-3/17

   3/19-3/24

   3/26-3/31

② 1/26-2/1(4人)

   2/2-2/8(4人)

⑥ 2/9-2/154-8人)

⑧ 2/16-2/224-8人)

⑩ 2/23-2/294-8人)

⑫ 3/1-3/7

⑭ 3/8-3/14

⑯ 3/15-3/21

   3/22-3/28

   3/29-4/4

    持ち物:着替え、寝袋、洗面用品、タオル、長靴、カッパ(傘)、保険証、現金、ウェットシート、清拭シート(必要な方)

    服装:動きやすい服装

〇 備考:

・現地ではお風呂に入れません(2/17時点)。活動最終日の帰りに銭湯に行ける予定です。

・手洗いうがい、マスク着用などの感染症対策をお願いします。

 

◆申込/フォームに記入してください

 

こちら>> https://forms.gle/NHhqGt9dEfDKDrkv7

申し込み後、数日以内に事務局からメール等でご連絡させていただきます。 

メール送信後一週間を過ぎてもご連絡がない場合は応募取り消しとなります。

連絡がない場合はお手数ですがご一報ください。

 

◆お問合せ/ 電話028-622-0021(日月祝休み)

 

◆「往復の運転手ボラ」大募集!!

現地まで行く車を運転する活動です。8人のり普通車の運転です。夜行+夜行なので、現地で日中の引継ぎの間は眠れます。(例:宇都宮21時頃発~翌朝に現地到着~夕方に現地発~翌朝までに宇都宮着)。車両持ち込みでもOK。

 


 

 

毎週金曜19-20時 ボランティア説明会・報告会(ZOOM)

興味のある方はどなたでも参加できます。事前申込みは不要。

>> こちら 

 

 

ボランティア足りない名簿(黄色の所)

運転ボラ足りない名簿(黄色の所)

2人交代運転・夜9時~

黄色の所。もう少しいませんか。


寄付募集


ブログ(活動日記)


気になるこの人!能登半島被災地支援ボランティアで出会った正義の男" まこやん”にインタビュー

 

 

◇県北で社会貢献やボランティア、SDGs活動に積極的に取り組んでいる方々にしょうちゃんが聞く!

今回は能登半島被災地支援ボランティアでともに活動した”まこやん”さんにインタビューをさせていただきました。

 

 

◇お名前は、まこやん!?さん?

まこやんでいいです。さんはいらないから、”やん”が謙譲語です。

◇出身はどちらですか?

 栃木県宇都宮市に40年いましたが、今は那須町に住んでいます!

 

◇お仕事は何をされていますか?

 仕事はずっと建設業です!職種は同じですが、ちょうど今の仕事をやめて3月から那須塩原市の建設会社に転職をしました。

 

◇災害支援は?

 東日本大震災のときに被災地に行って支援をしていました。

 

◇今回の災害ボランティアは?

 足湯をしてあげることが初めての経験で被災者と心の交流が出来たと思っています。

また、第2陣(1/26-2/1)で一度行きました。活動をした被災者の方に連絡先を教えてもらってまた会いにいって訪問をすると喜んでもらい、漬け物とかをいただいたりしました。

以前は拠点が水も電気も使えない状態でしたが、使えるようになって良かったです。

 

◇ボランティア活動をしていて感じたことは?

 行政はボランティアの受け入れ体制ができていない!また損壊した自宅に住み続けていたり被災者への対応がすすんでいるのか!?日帰りボランティアがもっと来ないと家の片付けが進まないと強く感じました。

 

◇正義の男??

 納得のいかないことや、理不尽なこととかをされると上司でも言ってしまいます。    だけど言った後にいつも反省します。れいわ新選組山本太郎議員が好きでおしゃべり会や講演会などによく参加します。今回も能登半島に行くか横須賀で開催される増税ダメ!絶対!デモに行くかで迷っていました。結局デモは中止になったので良かった(笑)

 ──しょうちゃん、れいわのポスターをもらってくれてありがとう!

 

◇最後にメッセージをお願いします

 災害支援に行きたい人がいける環境に早くなって、行きたいと思った人が活動しやすい環境になってほしいです!

インタビューは以上です

 

取材後記)

 災害は突然やってきます。私自身、災害現場でボランティアとしてまこやんと共に活動していくなかで、被災地の人々の笑顔と感謝の言葉は、何よりも大きなものでした。

 まこやんは災害ボランティア支援は、一人ひとりが行動に移して力を合わせればどんなに大きな困難でも乗り越えられることをずっと信じています。

 

ありがとうございました。(しょうちゃん)

能登半島地震 4日間の災害ボランティアレポ

 2/21-2/24までの4日間、石川県鳳珠郡穴水町で災害ボランティアをしてきた。2/20の22時に宇都宮を出発し、今後4日間を共に活動する初対面のボランティア同士挨拶。車内では少し雑談をした後、おのおの眠りについた。

 約8時間後、運転ボランティアの安全運転のおかげで、無事早朝に穴水町に到着した。道路には大きな亀裂や隆起があり、中心街の道を走ると全壊の建物が目に入る。事前に写真で見ていたが、やはり生で見ると衝撃的で、唖然としてしまう。

 

 活動全般をコーディネートしてくださったのは、名古屋市のNPO法人レスキューストックヤード(RSY)。RSYの活動拠点は学童施設を借りた場所らしく、中に入ると20名ほどのボランティアが集っていた。先日から活動している人から引き継ぎを受ける。初日は水道が復旧していなかったので、トイレトラックの場所や手洗いうがいの水の使い方など聞いた。先週までは、電気も復旧していなかったらしい。

 活動内容は、社会福祉協議会と連携した避難所の運営サポートや、避難所での足湯、個別訪問、他にもボランティアセンターに寄せられたお困りごとに応じた活動など様々。限られた時間、自分に何ができるだろうか。とにかく手を動かそう、と思った。

 

◆災害ごみの回収

 初日は、7人1チームで災害ごみの回収を行った。「災害ごみ」として、被災された方が分別したものが道路に出されているため、1軒1軒回り、2トントラックに詰め込んだ。大きなタンスや棚、コンクリートの壁材、布団などが、地震の影響で壊れ、雨に濡れていた。発災から2か月たってやっと、ボランティアが来て回収できたんだな、というのが率直な感想だった。午前中は2軒分だけでトラックがいっぱいになってしまった。

 活動した地区は穴水町中心部から車で30分ほど。中心部の役場近くに回収場所があるため、往復1時間かけてごみを出す。午後は4軒ほど回り、その地区の回収は完了したそうだ。これまで使っていたものが一瞬でごみになってしまうと肌で感じた。

 ◆個別訪問

 個別訪問では、地図をもとに2~3人1チームで全宅訪問を目指して1軒1軒回った。発災直後の時期を過ぎ、今はすべての人が避難所にいるわけではない。息苦しく常に他人の目がある集団生活より、よほど危険な状態でなければ自宅にいる選択をしている方もいた。私が個別訪問をした地区はそういう方が多かった。

「90代の母が一人暮らしをしていたこの家。もうここには住めない。娘の私のところで一緒に暮らしていく予定だ」と、震災を機に故郷を離れる選択をした方。

「生まれ育った穴水を離れる気はない。子どもたちは東京に行ってしまって、帰ってこないしなあ。自分らがいなくなったら、ここは空き家になる」と、家の修理をしながら話してくれた70代夫婦。

「仮設住宅にしても、公費解体にしても、どんなスケジュールで進んでいくのか読めない。今後のことは考えられない」と話す方など…

家屋も心身も、一人ひとり状況は異なり、先が見えない中で今後の選択を迫られる。ショック、落胆、衝撃、恐怖、不安を抱えながらも、日常に戻るため進み続けなければならない…。

 

◆足湯ボランティア

 今回初めて足湯ボランティアを経験した。避難所で足湯+ハンドマッサージをするボランティアだが、目的は「つぶやきを聞き取る」こと。固定化する人間関係や、息苦しい避難所生活に、よそ者ボランティアにだからこそ気兼ねなく話せることがあるようだ。

 やってみるまで少しドキドキだった。見ず知らずの自分にお話してくれるかな。いざやってみると、足湯のあたたかさでお互いにぐっと心がほぐれる感じがした。仕事のこと、子どものこと、今の暮らしのことなどざっくばらんにお話した。「今感じていることに耳を傾けてくれた」という存在として、少しでも心に残ってもらえたらいいなと感じた。

 入浴は避難所や交通手段によってさまざま。1日おきのシャワーだったり、自衛隊のお風呂テントに並んで入りに行ったり、お風呂がある避難所へ行ったり。在宅避難の方は井戸水を沸かしている方もいた。

 

◆避難所格差

 活動中、「避難所格差」という言葉を聞いた。道路の復旧状況や、避難所の立地場所などによって支援が行き届きにくい地域がある。また、そもそも人が少ない過疎地域では自治体職員の数も少なく、自ら被災していることも稀ではない。外部からの支援者を受け入れる体制づくりにも差がある。毎日炊き出しがあり、水道が復旧した場所もあれば、レトルト食品とトイレトラックでしのいでいる場所もある。自分もいくつかの避難所で活動させてもらったが、発災から同じ時が経過しているはずなのに、その差を目の当たりにするとショックだった。

続きを読む

戸別訪問の活動。最大の課題は「断水」。でも、水が出ると次の課題が…

(活動日記)個別訪問しました。3人1組が3チームに分かれて訪問しました。私は前波地区を回りました。

 水が復旧していない地区は、それが最大の課題です。現在は自衛隊のお風呂や、井戸水を沸かしてお風呂に入っている方が多かったです。

 罹災証明の審査待ちがあり、昨日からやっとこの地区に調査が入ってきたそうです。2階など、上の階の被害がひどく、壁が剥がれたり、仏壇等が倒れたりというお宅もありました。

聞き取りメモ抜粋します。

●50代女性→夫と母と暮らす。前の地震(2007)でも壊れたところがまたやられた。家の中はごちゃごちゃでどうしたらいいかわからない。井戸水を使ってるが少し泥が混じっている。飲料水は給水所など利用。まずは水が出れば。

 

●70代女性→娘2人が被災したため実家である私のところに避難している。福祉バスがなくなったので、娘が通院の送り迎えや買い物をしてくれる。震災があってから、やる気が出なくて料理はしない。医者には注意されるけど、娘が買ってくるお弁当を食べてる。

 

●70代女性→90代母が一人暮らししている家が被災したため、自分の家に避難している。母の家は、たまに2人で片付けに来ている。もう母はこの家では住めないだろうと思っている。

■ ■ ■

 今後来られる方は、個別訪問があるかもしれないので3色ボールペン、シャーペン、ウエストポーチなど動きやすい格好があるといいかもしれません。(まや)


募金付グッズ ショッピング


まけないぞう

東日本大震災で被災したお母さんたちが、心をこめて作成した「まけないぞう」です。ひとつ400円。

 

くわしくは、「まけないぞうプロジェクト」をご覧ください。

 


わかめ(石巻市 十三浜産)

被災地支援で知り合った宮城県石巻市 十三浜のわかめ 390円

三陸わかめが有名ですが、地元「三陸」では“十三浜”産のわかめがブランドです。つまり、三陸の中で最もおいしいという評判のもの。

事務所やイベント、会員総会でも持ち歩いて売ってます。

ぞうといっしょにわかめはいかがですか。

生産者の情報はこちら