「Vネット 来年何するか会議」に参加してきました!

11月20日に行われたVネット 来年何するか会議」Vレンジャーも参加してきました。

 

この日は、Vネットに関わるボランティアチームが一挙集結。年齢も性別もバラバラ、初対面という方も居て、初めはどこかよそよそしい雰囲気で始まりました。

ですがアイスブレイクの「共通点探し」で、思わぬ共通点や、ユニークな一面を知り、グッと距離が縮まりました。

 

そして本題、今回の会議では「ボランティアがもっと元気に活動するには?」というテーマでワールドカフェを行いました。ワールドカフェとは、カフェでくつろいでいるようなリラックスした雰囲気のもと行われる会議のことです。

今回は、6つのテーブルに分かれて、各テーブルにそれぞれのボランティアチームを代表するホストが1名付き、ホストを中心に模造紙に自由に書き込みながら対話をしました。

同じテーブルになったメンバーと、ボランティアをしていて日々感じること、困っていること、もっとこうしたい!と思うこと、などなど自由に意見を出し合い、「ボランティアが元気に活動するには?」というテーマに向き合いました。

それぞれのボランティアチームならではの視点や、「やってみたい!」と思うワクワクするアイディアが飛び交い、活発な対話となりました。

一方で、団体によっては、ボランティアの性質上“楽しく”ということがなかなか難しい、容易には解決できないという声もあり、支援に携わっているからこそ分かる、実情を聞くことができ、勉強になりました。

 

 

またVレンジャーのテーブルでは、Vレンジャーの拠点を作り、子どもの居場所や学習スペースとして活用したい!」「インスタを始めて、自分達でボランティアブームを作ろう」「子どもとのアート授業をしたい」などなど、沢山のアイディアをいただきました。

 

来年の活動に対するモチベーションが高まり、Vレンジャーをもっと盛り上げたい!子どもも、自分達も楽しめる活動をしたい!と意欲が高まりました。

是非、今回の会議で得たアイディアを活かして、Vレンジャー、そしてVネット全体の活動を盛り上げていきたいです!!

 

今回の会議では、同じVネットでも、普段関わりがなかった方々と出会え、沢山のお話を聞けました。視野や興味が広がり、私自身、もっと活動の幅を広げたい、地域の支援にもっと深く関わりたいと感じました。そして、学生としてボランティアの輪をもっと広げていこうと思いました。

 

最近、新メンバーを迎え、勢いがつきつつあるVレンジャー、今後の活動に期待が高まります。Vレンジャーの活動に興味がある方、子どもと関わりたいという方、是非一緒に今後のVレンジャーを盛り上げていきませんか。(佐藤優)