県北Vネット

フードバンク県北/子どもの居場所スマイルハウス

電話0287-48-6000

月木土=10:00-16:00

火水金=10:00-18:30

日曜休み

●第2土曜日はフードバンク県北の食品配布会です。

●食品寄贈のお願い…生活にお困りの方に食品をお渡ししています。市社会福祉協議会とも連携しています。

●募集中:缶詰、レトルト食品、ふりかけ、おかず類、調味料など(賞味期限が1か月以上あるもの)

●問合せ:0287-48-6000

ホームページ>>>https://smilehouse-kenhoku.com



スマイル♡ブログだよ

【知らないと損をする!】非認知能力って一体なに?

こんにちは!

非認知能力とは、例えばコミュニケーション能力や共感力、自己管理能力など、

学問的な知識や技術とは異なるスキルを指します。

これらのスキルは人間関係を円滑にし、困難な状況にも柔軟に対応できる力を育むものです。

この動画は人生を豊かにするヒントが満載です。

皆さんの非認知能力向上の一助になれば嬉しいです。

ぜひご覧ください!

リンクはこちら➡

https://youtu.be/mJFt1OZhrqA?si=j4GiO5TaeG3DouMa

ワクワク!那須トリックアート体験 6/15(土)

 今日6月15日は栃木県民の日でしたね~♪

みなさんはどこに行かれましたか!?

 今日は子どもと一緒に那須トリックアートの館、迷宮館、ミケランジェロと3つの場所に行ってきました。

たくさんの不思議なアート作品に囲まれ、まるで迷宮に迷い込んだような気分を味わいました。こどもたちも「楽しい!、おもしろい!」と大興奮。とても楽しい時間を過ごせました。

 また仮装して写真を撮るコーナーでは、みんな自発的に好きなコスチュームを選んで変身しプロに写真を撮ってもらいました(笑)

 

みなさんは写真のトリックに気づくことができますか!?(しょうちゃん)

県北の活動が気になる方はコチラ➡

 https://smilehouse-kenhoku.com/

 

【銀鮭のお刺身を作ったよ!】6月こども体験モリウミアスオンラインプログラム6/12(水)

 石巻市からオンラインでつなぎ、

『銀鮭』について勉強して調理したよっ!

 骨をとるのはたいへんっと言いながら熱心に抜いている…包丁を使って皮をはがしたら

切る! すると、お刺身の完成です!

「上手くできなかったけどね」

といいながら美味しそうに食べてました。

ごちそうさまでした!

 

あっ、サケは白身魚なんだってー!

勉強になったね♪(しょうちゃん)

県北の活動に興味がある方はここをクリック➡ https://smilehouse-kenhoku.com

 

「子ども第三の居場所」

――――――――――――――――

子どもたちの生き抜く力を育みます

 

「子ども第三の居場所」は、地域の子どもたちが安心して過ごせる居場所です。信頼できるスタッフやお友達と日々の時間を共有する中で、子どもの生活リズムが整い、学びへの意欲も高まり、子どもたち一人ひとりの生き抜く力が育まれます。

 

 

私たちの想い

――――――――

近年、家族の在り方や地域とのつながりの変化により、子育ての状況も各家庭の負担が大きくなってきました。子どもの幸せを願いつつも、家庭の事情などから、子育てに対する悩みを抱えるご家庭も多いことと思います。子どもの居場所スマイルハウスでは、すべての子どもたち一人ひとりの生き抜く力を育み、また、家族を地域で支えるための場所として、皆様のお手伝いができればと考えています。

 

 スマイルハウスの特徴

――――――

 

ボランティアの指導のもと自然の中で野外活動など、子どもの好奇心に対応しています。

社会体験活動としてボランティアと地域の清掃活動に参加しています



 

 

子ども第三の居場所

――――――――――

5つの機会

 

「子どもの第三の居場所」では、子どもたちの

生き抜く力を育むため5つの機会を提供しています

 

安心

子どもたちが安心・安全に過ごせるよう、居心地のよい環境づくりに努めています。「ここに居ていいんだ」と思ってもらえるよう、まずは子どもたちのありのままを受け入れることから始めています。

食事

栄養バランスを考慮した温かい食事を無料で提供しています。子どもたちの健康を支えると共に、準備や片付け等も子どもたちと行うことで、食の大切さ、みんなで食事することの楽しさを伝えています。

生活習慣

子どもの中には、基本的な生活習慣が身についていないケースもみられます。食事、着替え、挨拶等の基礎的な生活習慣を整えます。また、友達や大人との関わり方を学び、社会性を培っています。

学習

学習習慣が定着するように、スタッフによる宿題指導を行なっています。分からないところまで遡った学習支援に加え、座っていられない等の課題がある子どもは情操面や発達障害の可能性も考慮して支援します。

体験

野外活動、料理、音楽、農業体験等、自然とふれあいながらチャレンジ精神、自己肯定感、主体性、対人コミュニケーション等、「非認知能力」を育みます。


 

ご利用までの流れ

――――――

Step.1
お問い合わせ

保護者の方より、電話お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

Step.2
施設見学
スマイルハウスへお越しください。
Step.3
初回面談

利用前にお子様の様子をお伺いいたします。

Step.4
利用決定

必要書類を提出し、ご利用開始となります。

 

 

スマイルハウス概要

――――――――――― 

・住所

〒324-0057

栃木県大田原市住吉町2丁目16-22

・電話

0287-48-6000

 

・主な利用者 

小学校1~6年生(定員15人程度)

 

・開所日・時間

火・金曜日 ・・放課後~19時 学習・食事支援

水曜日・・ 放課後~19時 体験学習・食事支援

土曜日・・ 10時~15時

長期休み期間・・14時~19時

 

・設備

フリースペース、学習スペース、相談室、台所など

 

・スタッフ

常時5名程度、教員免許有資格者など

*子育や生活に関するご相談にも応じることが可能です

 

・運営団体

特定非営利活動法人

とちぎボランティアネットワーク・県北事務所

 

お子さんの意欲や関心を引き出し、様々なチャレンジを応援しています。


毎日の宿題だけでなく、一人ひとりの苦手に対応します。

スタッフが真心こめた手づくりの料理を作っています。

バランスの良い夕食を提供します。調理や片付けをお手伝いし、皆で食卓を囲みます。


問い合わせフォーム

 

イベント参加、寄付、ボランティアしたい、フードバンク、スマイルハウスの利用についてなど、気軽にお問い合わせください。

メモ: * は入力必須項目です