これまでの放送内容


これまでの放送内容を活動テーマ別にまとめました。

 

過去の放送ブログをご覧になりたい方はこちらから!

ラジオのブログ


地元のために企業ができること。ローカル発ローカル着の支援活動

続きを読む

ボランティアは「朝起きて歯を磨く」ようなもの。

今回(9/1)のゲストは、JU栃木の大森敏臣さんです。この方は中古車販売会社、TTファクトリーの代表取締役とJU栃木の青年部顧問、指導環境委員長をされています。そして、フードバンクの活動の支援もしてくださっています。中古車販売とフードバンクの支援。この二つの関連性はほとんどないように見えます。どうしてフードバンクの支援をするようになったのか、大森さんにとってボランティアとは何なのかなど、興味深いお話をたくさん聞くことができました!

 

体に電気が走った「フードバンクの活動」

大森さんは、JUの組合員の方の「誕生日プレゼントを僕に渡すんじゃなくて、最寄りのフードバンクに寄付してくれ」という発言を聞いたとき体に電気が走ったような衝撃を受けたという。その活動のすばらしさに感銘を受けフードバンクの活動への興味を持ったそうだ。フードバンクうつのみやについて知ったのは友達のお父さんがフードバンクの活動をしていることをきいたこと。活動の話を聞いて、大森さんは豊かに見えるこの世界にも貧困の人がいることを痛感し、何ができるのだろうと考えた。そこで組合を通して食品を集め、フードバンクに寄付することを考えたそうだ。個人の活動としてボランティアをすることは気恥ずかしさを感じることもある。

「組合の活動として行えば、抵抗を少なくして取り組むことができる」と大森さんがおっしゃられた。確かに団体で取り組めば気恥ずかしさは消えるし、より多くの寄付も集まる。もしかしたらボランティアに興味を持つ人もいるかもしれない。会社や組合でボランティアを行うということは有意義であるのだなと改めて感じた。

 

「乗っかっていって誰かが幸せになれば、それでいいじゃないですか」

 今までの私が担当した放送回のた助っ人さんはボランティアを生活の中心にしている、いわばボランティアガチ勢の方々だった。中古車販売とフードバンク支援などのボランティア活動にはあまりつながりがないように思える。どうしてボランティア活動をしているのか質問すると、「ボランティアをしている意識はあまりなくて、ボランティアは、朝起きて歯を磨くような感覚の延長にある」と大森さん。

 当たり前のことをしているだけ、という感覚だそうです。自分自身が頑張っているというよりは頑張っている人たちの活動に乗っかって楽しんでいるのだという。「乗っかっていって誰かが幸せになれば、それでいいじゃないですか」とても格好いい、素敵な言葉だと感じた。

 大森さんのような人は、フードバンクの運営側から見てもありがたい存在だそうだ。「ボランティアやチャリティーが普通のこととして行われると自然と社会が良くなっていく」と曽根さん。ガチ勢とエンジョイ勢が相互に関わっていくことが活動の活性化には欠かせないのだなと思った。(おぐま)

FM77.3 >>>> 毎週火曜日19:00から

●スマホからも >>>> https://fmplapla.com/miyaradi/

活かしたい知識と守りたい自然、「鳥獣被害をゼロに」髙橋さんの決意とは? 

818日のゲストは、宇都宮大学 地域デザイン科学部 教授 の髙橋 俊守さんでした。髙橋さんは10年ほど前から、県や大学と協働で栃木県内の鳥獣被害対策を行っている方です。今回のラジオでは、県内の鳥獣被害に関する現状、そして今後求められる対策についてお話ししていただきました。

 

「知識」を活かして「自然」を守る

東京都出身の髙橋さん。15年ほど前に栃木に移住してきた際、栃木の優大な自然に大きな感銘を受けたそうです。「幼少の頃からあまり自然に触れてこなかった私にとって、栃木の山々に広がる緑は本当に新鮮だった。」髙橋さんは当時をこう振り返ります。しかし移住から数年後、その優大な自然に潜む1つの課題に気づかされます。それが“鳥獣被害”でした。年々“農作物や畑が荒らされる” “人間の住む住居に巣を作られる”などの被害が多く聞かれるようになってきたのです。そこで髙橋さんは10年ほど前に、自身の専門である“地域生態学”(人と自然の適切な共生の方法を探る学問)の知識を活かし、県や大学などとも連携して、この被害を食い止める活動を始めることを決意。そして現在では

・農作物を荒らされないよう畑の周りに電気柵を設置する

・動物が人間の住む集落に侵入してこないよう、森の中に罠を仕掛ける

などの取り組みを行っています。

 

意外と知らない!? 身近に潜む鳥獣被害

ここまでの文章を読んでいて、“鳥獣被害”って農村や山間部など自然の多い地域だけの問題だと感じていませんか?実は決してそんなことはありません。県都であり都市部が大きく広がる宇都宮市でも、ハクビシンを中心とした鳥獣被害が近年多く発生しており、

・住居への侵入

・人間の捨てたゴミを食い荒らす

などの被害が今年も数多く報告されています。人々が多く行き交う都市部では、人を巻き込む危険性があるため電気柵や罠を設置することができず、未だ適切な対策を見出せていないのが現状です。髙橋先生は「都市部での被害を食い止めるためには、人間の生活スタイルを少しずつ変えていくことも必要ではないか?」と語っていました。例えば「ゴミ出しの時間や捨て方を工夫する」でも構いません。まずは私たちの日々の行動から少しずつ見直していくことが、あらゆる鳥獣被害を無くす第1歩に繋がるのではないかと私は考えます。(とうま)

 

●ミヤラジ(77.3FM)「みんながけっぷちラジオ」

 火曜19:00~20:00 オンエア!

●スマートフォンアプリ「ミヤラジ」(無料)でも聞けます!

●Twitterもフォローしてね!

 「学生パーソナリティー@みんながけっぷちラジオ(@Tuesdayonair)」

 

今回の担当学生はとうまでした!

次回の放送もぜひお聞きください!!

 

9/15ラジオ スマイル日光プロジェクト

9/15の放送は、学生パーソナリティー山本、ゲストには日光市で”スマイル日光プロジェクト”を展開している株式会社成文社、代表取締役の小栗(おぐり)さんをお迎えしてお送りいたします!

スマイル日光プロジェクトとは、日光市内でCSRを推進する企業や店舗と協働して、”寄付つき商品”というものを設定し、社会貢献活動を行う団体に向けて寄付を行うという取り組みです。

番組では、これまでの実績や新たに始まったプロジェクトについてもお話しいただきます!

 

放送は9/15 19:00から。ステレオのほか、専用アプリを使えばどこからでもご視聴いただけます。ぜひお楽しみに!

9/1ラジオ予告 ボランティアエンジョイ勢!?

 9/1のみんながけっぷちラジオは、TTファクトリー及びJU栃木の大森さんをゲスト(助けっと)さんにお迎えします。

  大森さんは中古車販売会社の社長さんでフードバンク活動を支援してくださっています。車とフードバンク。つながりがないように見えますが、どうして活動を支援してくださっているのか、大森さんにとってボランティアとは何なのかなどをお聞きしたいと思います!

  学生パーソナリティは動物園と水族館に行きたくて絵をかいてみたら、うさぎのふれあい広場とキリンの餌を売っている台だけ妙にうまく描けた小熊です! エイの裏側も上手に描けました◎ 

FM77.3 >>>> 毎週火曜日19:00から

●スマホからも >>>> https://fmplapla.com/miyaradi/ 

「キャリア教育」は夢を花開かせる水

 今回(8/11)のゲストは、キャリア教育インストラクターの川田奈美さん。中学生に「職業について視野を広げる授業」をされています。子どもたちに仕事について教え興味を持たせることで、今しなければいけないことが分かるようにする。私もキャリア教育の授業を受けてみたかったなあなどと思いながら放送しました!

  

夢を持つことは今の燃料

 キャリア教育には様々な観点があるとのこと。「マナー教育」や社会人の「ビジネス教育」など。そんな幅広いキャリア教育ですが、川田さんのキャリア教育は小中学生にいろんな職業があることや、自分の好きな系統の職業はどんなものか知ってもらうためのもの。今の日本には30,000もの職業があり、これだけあると一生の中ですべての職業を経験することは不可能。選択肢の多さに困惑してしまいそうになります。

 しかし、これだけの数の職業があれば、どこかの分野で大活躍できる可能性があるとも考えられる。その職業に気付けるようにするのがキャリア教育インストラクターの仕事なのだ、とコメントおじさん中野さん。

 川田さんがキャリア教育に関わるきっかけは中野さんに現場に連れていかれたことだったが、今ではライフワークにしたいくらいのめり込んでいるといいます。

 では、キャリア教育の必要性はどんなところにあるのか?

 それは、子どもたちが「嫌なことでも努力したり、経験したりするようになるところだ」といいます。夢を持つことで将来に希望を持ち、今を頑張ることができるのだ。

 

子どもの可能性を広げ、支えたい

 子どもたちには夢を持ってほしい、そして諦めないでほしい、と話す川田さん。現実を見ないと生きづらいという問題は確かにあるが、小さいうちから様々な可能性を見て、世界を広げ、将来に向かって学び続けることができるようになってほしいといいます。 

周囲の環境やタイミングの不一致などで子ども自身が動けなくなってしまったり、動きたくなくなってしまったりすることがある。そんな状態でもなんとか一歩踏み出せれば、子どもの可能性が花開くことがある。出会った子どもたちみんなに夢を持ってもらいたい。そしてその夢に近づけるように支えたい。と、川田さんは話していました。

川田さんは夢を持っていて、その夢に向かって動き続けている人だと思った。そんな川田さんが行うキャリア教育は子どもたちの希望になるだろうなと感じた。(おぐま) 

FM77.3 >>>> 毎週火曜日19:00から

●スマホからも >>>> https://fmplapla.com/miyaradi/

子どもの頃の経験を、今のみんなにも!

続きを読む

ラジオ予告・8/25  Vレンジャー・大小原さん

続きを読む

「助け合いを広めたい!」出来たてほやほや、フードバンクしもつけ

 7/7のみんながけっぷちラジオ、ゲストはフードバンクしもつけ 代表の小堀裕子さんと小堀日出春さんでした。今年の6月1日に設立されたばかりの“出来立てほやほや”のフードバンク(FB)! 今回のラジオでは設立の経緯や現在の活動内容、そして今後の目標について小堀さん方にお話ししていただきました。

 

“社会の役に立てないだろうか”

隣人愛を胸に、芽生えたFB設立

 小堀さんたちがFBを知ったのは6年前。兄夫婦が那須烏山市で「フードバンク那須烏山」をやりはじめてから。那須烏山の手伝いやFBを訪れる人たちと接する中で、小堀さんの中に「自分たちも何か社会の役に立てないか」という想いが芽生えたそうです。

 そこで、居住地である下野市でのFB設立を決意。日頃通っているプロテスタント教会の人たちの支援もあって、ついに今年の6月「フードバンクしもつけ」の設立に至りました。小堀さんは支援者集めやFBとしての目標設定を行う中で、キリスト教の「助け合い・支え合い」精神を常に大切にしていたそうです。この教えがあったからこそ、FB設立までの様々な苦悩や課題に対して、正面から向き合えたと小堀さんは語ります。

 

「もったいない」を「ありがとう」に、

 FB設立から1か月半。現在、FBしもつけでは下野市社会福祉協議会や下野市内の子ども食堂などへFB食品を支援しています。食品の寄贈をする中で、小堀さんの心の中には常に「食品をくれた人への感謝の想い」があったそうです。「FBを設立するまで食品が集まるか常に不安だった」と小堀さん。しかし不安をよそに、FBしもつけには、6月1日の設立から3週間で222点も食品が集まりました。

「これからも食品を提供してくださる方々への感謝の想いを忘れることなく、食品を必要している方々への支援を続けていきたい」。小堀さんはラジオの最後に力強く言っていました。

 栃木県内には、6つのFBがあります。1つ1つが食品を必要としている人のために活動しています。今回のラジオから、これらの団体や活動内容を伝えていくことが、私たち学生パーソナリティーの使命だと改めて感じました。支援の場があったとしても、そこに人が集わなければ全く意味がありません。だからこそ今後は、週1回の「みんながけっぷちラジオ」はもちろんのこと、学生パーソナリティーの公式Twitter(「学生パーソナリティー@みんながけっぷちラジオ(@Tuesdayonair)」で、県内のFBの活動にを積極的に発信します。支援を必要としている人たちに、どうすれば支援の輪に入ってもらえるのか、支援の手が届くのか、私たちなりにその答えを模索します。次回のラジオもお楽しみに!(とうま)

■ ■ ■

フードバンクしもつけからのお知らせ

 FB活動は食品提供者が必要です。個人・団体・事業者など賛同いただける方はぜひ協力ください。ご協力をお願いします。

●食品募集 : 常温保存できる食品、賞味期限が1か月以上のもの。

例:米、インスタント食品、缶詰、瓶詰、乾物、乾麺、菓子類、飲料、食用油、調味料 など

●場所 : 自治医大前キリスト教会内(自治医大駅近く)

●受付日 : 月木金、土9-17時、水日はPM 火曜定休。

●電話0285-44-7564、または小堀携帯080-3089-4998

ラジオ再録 8/4 ナルク栃木・走出さん

8/18 ラジオ予告 意外と身近な「鳥獣被害」とは?

明日19時より放送の「みんながけっぷちラジオ」!!

ゲストは宇都宮大学 地域デザイン科学部 コミュニティデザイン学科 教授の髙橋 俊守 さんです。

髙橋 俊守 さんは、10年ほど前から県や大学と協働で、県内の数多くの地域で鳥獣被害対策に取り組んでいる方です。

みなさん、実は「鳥獣被害」って山間部や農村など自然の多い地域だけの問題ではなく、都市部でも近年多く発生しているということ、知っていましたか!?

明日の放送では、髙橋先生の現在の取り組みはもちろんのこと、意外と身近な「鳥獣被害」の現状と今後求められる対策について分かりやすくお話ししていただきます。皆さん、ぜひお聞きください!

火曜19時は「みんながけっぷちラジオ」で決まり!!

〇質問は、773@miyaradi.com まで

〇リスナーの皆さんのご意見・ご感想、お待ちしております!

ミヤラジ(77.3FM) 「みんながけっぷちラジオ」

火曜19:00~20:00 オンエア!

 (とうま)

V CHANNEL 続々YouTubeアップ。ラジオも聞ける 

続きを読む

キャリア教育とは? 8/11ラジオ予告

 

8/11のみんながけっぷちラジオは、川田奈美さんをゲスト(助けっと)さんにお迎えします。

 

川田さんはスクールソーシャルワーカーとキャリア教育の講演をされています。なぜ川田さんはキャリア教育の講演を始めたのか、そもそもキャリア教育とは何なのかなどをお聞きしたいと思います!

 

学生パーソナリティは大学の最終課題とラジオのブログがまだあるのに、パソコンの画面を見るのが疲れた小熊です!おめめががけっぷち!

 

 

FM77.3 >>>> 毎週火曜日19:00から

 

●スマホからも >>>> https://fmplapla.com/miyaradi/

 

防災。「個人の記憶」を「社会の記録」に

 今回(/21)のゲストは、人と防災未来センターフェローの坪井塑太郎さん。坪井さんは地理学の観点から防災を研究しています。昨年10月の台風19号で起きた宇都宮市・田川の氾濫では、避難行動や生活復興について調査、報告書を作ったのでラジオで聞いてみました。

 

後世に、災害の情報を伝えていく

 

「台風19号は東日本に甚大な被害が出て、栃木県も一部損壊が8000戸以上。日本一多かったんですよ」と坪井さん。さらに「被害は、災害が起きた直後は報道されるが、その後は扱われない」と指摘する。目新しさ、新奇性のニュース情報だけでは、本当に必要なことが伝わっていかないのだ。

「洪水の様子や避難方法、生活復興の手立てなどの情報は『個人の記憶』のみに残る。これを『社会の記録』にするために、被災後5か月でNPOとしてアンケート調査し、内容を報告書にまとめたという。

 では、「記憶」を「記録」にする目的は何だろうか。それは、後世に災害の情報を伝えていくことだと言う。災害は繰り返し起こるものであり、いつでもどこでも起きる可能性がある。しかし、水害の被害は地形によるところが大きいため、記録を残しておくことで特に気を付けなければならない地域が分かる。分かっていれば対策を講じることができ、被害を抑えることができる。また、生活復興についても調査し、まとめることで「復興の手立て」やそれに「かかる費用の見通し」を持つことができる。このデータを基に、復興のための補助金の金額について見直しを訴えたり、支援の方法を再考したりできる。また、被災したときには、先が見えない中で見通しを持つことができる。それは希望の光になるのではないだろうか。

  

「防災に100%はない、だから、できることはなんでもやる」

 

 調査では、特に二つのことが印象に残ったという。一つは「まさか自分が被災するとは思わなかった」と言う被災者の方が多かったことだ。「いつ被災者になってもおかしくない」という心構えを持つことが大切だという。

 もう一つは災害時の写真に残った時間の記録だと言う。被災した方々にとっては心が痛くなるような写真かもしれないが、時間ごとの増水の記録を残すことができた。これは後世に災害を伝えられるために役立つだろう。「防災に100%はない。だからこそできることはなんでもやる。」坪井さんのこの言葉を心に持つ事がとても大切だと感じた。(おぐま)

>>調査報告書はこちら

 

FM77.3 >>>> 毎週火曜日19:00から

●スマホからも >>>> https://fmplapla.com/miyaradi/ 

【ナルク栃木】代表は5000ポイント越え!! 時間預託制度!!

火曜日はラジオの日!

 

今回のゲストさんは、【ナルク栃木】より代表の走出さんです。

 ”時間預託制度” についてお伺いします。

 「(。´・ω・)ん?時間預託制度ってなに?」と思ったあなたにちょっとだけ説明します。

  ナルクの会員になってボランティアをすると1時間1ポイントをもらえます。そのポイントを使ってボランティアを依頼することもできます(ポイントがない時は500円)。

つまり

利用者(依頼) → ナルク(仲介) → ボランティア↑

という輪ができているのです。ボランティアの内容は、高齢者の車での送迎、庭の手入れ、しゃべり相手など、ボランティアというよりご近所づきあいの延長線のようですね。高齢者の『地域の助け合い』をテーマに話しますのでぜひお聞きください!  走出さんは「このラジオで会員を1人でも増やさねば!」との意気込みなので、ふじくらも頑張って引き出したいと思います…! 拡散もよろしくお願いします!(学生P ふじくら)

 

ナルク栃木HP www.nalc-tochigi-hp.com  

つくりだせ! じせだいへの森〜トチギ環境未来基地〜

続きを読む

7/28ラジオ トチギ環境未来基地

続きを読む

7/21予告ブログ 災害に対してできることとは?

7/21のみんながけっぷちラジオは、昨年の「田川水害の避難調査報告」を出した坪井塑太郎さんをゲスト(助けっと)さんにお迎えします。

 坪井さんは災害を地理学の側面から研究されています。20191012日の台風19号の際には、うつのみや暮らし復興支援センターに所属し、避難行動や被災状況をまとめた報告書を作られました。 ラジオでは報告書を作る意味や、災害に対して私たちはどんなことができるのかなどをお聞きしたいと思います!

 学生パーソナリティは自分で作る料理に飽きてきた小熊です!

FM77.3 >>>> 毎週火曜日19:00から

●スマホからも >>>> https://fmplapla.com/miyaradi/ 

あなたがいるから。イケメン柴田さん×イケメン中野さん

続きを読む

戦後75年。託された「平和への想い」と若者の新たな使命とは?

続きを読む