これまでの放送内容


12月18日(火)

19:00-20:00

テーマ

 犯罪の背景に高齢・困窮、発達障害・・。変化する更生保護

内容詳細

 ゲストは「更生保護施設 尚徳有隣会」保護司の鷹箸さんでした。更生保護施設は刑務所から出ても帰る場所がない・頼れる人がいない人を一旦引き受け、衣食住や社会復帰への支援をし、社会への入り口を作っていく場所です。たとえ失敗してもやり直せる社会にするためには、どんな人にも伴走者が必要だと学びました。

12月18日(火)

19:00-20:00

テーマ

 民間の力で子どもを支援

内容詳細

 ゲストは、「キッズハウス・いろどり」の荻野ゆかりさんです。ここでは、食べる、学ぶ、遊ぶ、一緒に過ごすをテーマに様々な活動を行い、子どもの貧困の解決に向けて取り組んでいます。外国にルーツを子どもたちの支援も行っています。子どもたちにとって居場所がもたらすものとは何なのか一緒に考えました。

12月11日(火)

19:00-20:00

テーマ

 人と人とをつなぐ。子どもの可能性を信じる、スクールソーシャルワーカー

内容詳細

 ゲストは日本社会事業大学准教授の土屋佳子さんでした。土屋さんは長年スクールソーシャルワーカーとして栃木をはじめさまざまな地域で活動。子どもの課題は子ども自身が抱えているものだけでなく、環境からくるものも多いと気づきました。

12月4日(火)

19:00-20:00

テーマ

 障害者の雇用は、周囲の人の理解から生まれる。

内容詳細

 ゲストは、株式会社スマイル竜鳳の豊岡さんでした。ここは焼き鳥屋「竜鳳」と提携し、障害者の雇用を生み出しています。適切なサポートがあれば、障害があっても地域で働くことができると気づきました。

11月27日(火)

19:00-20:00

テーマ

 寄付つき商品、27社で89万円!「スマイル日光プロジェクト」

内容詳細

 ゲストは、日光スマイルプロジェクトの小栗さんでした。日光の印刷会社「成文社」の専務さんをやりながら「寄付つき商品」のプロジェクトをやっています。顔と顔が見える地域の関係は大切だと思いました。

11月20日(火)

19:00-20:00

テーマ

 全国初!子どもの居場所。あったかファミリーになろう。

内容詳細

 ゲストは日光市のNPO法人「だいじょうぶ」畠山さんです! だいじょうぶは子どもへの虐待防止を目的に、子どもや親の相談に乗ったり、居場所づくりをしたりしています。「だいじょうぶ。」と子どもに言える大人が増えれば、子どもの居場所も増えると思いました。

11月13日(火)

19:00-20:00

テーマ

 お母さんの笑顔はパワースポット♡

内容詳細

 ゲストは、不登校の親の会ねいろの代表の野澤かなえさんです! 野澤さんは、さくら市、宇都宮、益子で不登校のお子さんを持つお母さんたちが笑顔になれる茶話会を開催しています。それはどんな空間なのか、不登校の解決にどのように結びついているのかお聴きしました。

11月6日(火)

19:00-20:00

テーマ

 休日は いろは坂あるく サラリーマン

内容詳細

 ゲストは浅間商事株式会社の滝口さんです。チャリティウォーク56.7に6年連続参加し、2回は撃退レンジャーとして完歩しています!普段はサラリーマンとしてがんばるお父さん。滝口さんにとってのチャリティウォーク56.7の魅力や、ボランティアへの思いをお聞きしました。

10月23日(火)

19:00-20:00

テーマ

 セーフティーネットの大切さ

内容詳細

 ゲストは、「とちぎユースサポーターズネットワーク」の岩井さんです! ユースサポーターズネットワークは、若者の力を活かして地域の課題を解決しようと活動をされているNPO団体です。NPOが社会に残したもの、まだこたえられていない課題について根掘り葉掘りお話をお聞きしました。

10月23日(火)

19:00-20:00

テーマ

 0歳から100歳まで多世代交流の地域へ

内容詳細

 ゲストは、とちぎYMCAの塩澤さんです。もうひとつの家」という子どもの普通の暮らしのお手伝いをする取り組みについてお聞きしました。また、ウクレレ生演奏でクリスマスソングを演奏していただきました!

10月16日(火)

19:00-20:00

テーマ

 経験をつないで復興支援

内容詳細

 ゲストは災害復興ボランティアの達人「チームかぬま」の山ノ井さんです。当時西日本豪雨の被災地、岡山県倉敷市の真備町で復興に向けて活動中で、活動内容や思いをお聞きしました。

10月9日(火)

19:00-20:00

テーマ

 子どもの権利条約ーーー誰しも生まれ持った権利!

内容詳細

 ゲストは、子どもの権利条約フォーラム2018 inとちぎ 実行委員会事務局長の三田 和子さんでした。子どもの権利条約の4本柱は①生きる権利②育つ権利③守られる権利④参加する権利です。三田さんご自身の子育てでも、子どもの権利を尊重することで気持ちが楽になったお話が印象的でした。

10月2日(火)

19:00-20:00

テーマ

 雇われない働き方もある!

内容詳細

 ゲストは、ワーカーズコープの俵木さん。 協同労働とは、一言でいうと雇われない働き方。協同でお金を出して責任もおい、自分たちで各地域のニーズにあった仕事をつくって働いています。

9月25日(火)

19:00-20:00

テーマ

 HANDSプロジェクトで外国人の子どもと支援の手をつなぐ!

内容詳細

 ゲストは、宇都宮大学HANDSプロジェクトの田巻教授でした。とちぎに住む外国人児童生徒やその親、教員への支援を行っています。外国人が抱える課題がこんなにも近くにあることに驚きました。

9月18日(火)

19:00-20:00

テーマ

 母子家庭就労

内容詳細

 ゲストは、母子家庭就労支援に携わる福山さんでした。

9月11日(火)

19:00-20:00

テーマ

 子どもの声を聴く。よりそいの電話、チャイルドライン

内容詳細

 ゲストは、チャイルドライン栃木の松江さんでした。チャイルドラインは「18歳以下の子どもは誰でも、どんな話でも、かけていいよ」というものです。活動からみえる子どもを取り巻く課題をお聞きしました。

9月4日(火)

19:00-20:00

テーマ

 気づいたらほっとけない。障害者のグループホームとは?

内容詳細

 ゲストは、社会福祉法人こぶしの会より星宮さんでした。障害者が地域で暮らす方法に、グループホームがあります。まさに「家」のような場所。どんな良さがあるのでしょうか!?

8月28日(火)

19:00-20:00

テーマ

 宇都宮~日光中禅寺湖を歩く!チャリティーウォーク56.7

内容詳細

 ゲストは、チャリティーウォーク実行委員長の立野さんでした。

8月21日(火)

19:00-20:00

テーマ

 

内容詳細

 ゲストは、廣瀬さんでした。

8月14日(火)

19:00-20:00

テーマ

 

内容詳細

 ゲストは、

8月7日(火)

19:00-20:00

テーマ

 Vネット職員

内容詳細

 ゲストは、Vネット職員の大澤さんでした。

7月31日(火)

19:00-20:00

テーマ

 足尾に緑を取り戻そう。

内容詳細

 ゲストは、足尾に緑を育てる会の長野さんでした。足尾銅山の緑を再生し、「100万本の木を植えよう」を目標に活動しています。沢山の人と沢山の木が関わり合っている活動だと知りました。

7月24日(火)

19:00-20:00

テーマ

 日本でのタイ人支援

内容詳細

 ゲストは、日本在住のタイ人の方々を支援しているラタナポンさんでした。

7月17日(火)

19:00-20:00

テーマ

 入り口は認知症、出口はまちづくり!?たすきでつなぐ支援の輪

内容詳細

 ゲストは、ラン伴とちぎ実行委員長の柳さんでした。ラン伴は「認知所になっても安心して暮らせるまち」を目指し、全国でタスキをつなぐランイベント。柳さんの熱い思いをお聞きしました。

7月10日(火)

19:00-20:00

テーマ

 

内容詳細

 ゲストは、青少年自立援助センターの菊池さんでした。

7月3日(火)

19:00-20:00

テーマ

 そうだったんだ!とちぎコープの取り組み

内容詳細

 ゲストは、とちぎコープの塚原さんでした。生活協同組合、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。「地域の助けあい」を軸に、わたしたちの身近な生活に関わるさまざまな活動についてお聞きしました。

6月26日(火)

19:00-20:00

テーマ

 

内容詳細

 ゲストは、病児保育に携わる山口さんでした。

6月19日(火)

19:00-20:00

テーマ

 

内容詳細

 ゲストは、栃木女性ダルクより不動さんでした。

6月12日(火)

19:00-20:00

テーマ

不登校支援。信じて寄り添うこと。学校だけが世界ではない!

内容詳細

 ゲストは、小山フリースクール「おるたの家」代表 稲葉祐一朗さんでした!ご自身のフォルケホイスコーレでの経験や、不登校児童を取り巻く課題についてお聞きしました。

6月5日(火)

19:00-20:00

テーマ

愛隣会

内容詳細

 ゲストは、

5月29日(火)

19:00-20:00

テーマ

森の扉

内容詳細

 ゲストは、

 

5月22日(火)

19:00-20:00

テーマ

認知症支援

内容詳細

 ゲストは、飯島さんでした。

5月15日(火)

19:00-20:00

テーマ

石蔵カフェは認知症の人、家族、地域の人たちの居場所!

内容詳細

 ゲストは、「認知症の人と家族の会 栃木県支部」より金澤さん。認知症ってどんな症状?というところから、ご自身が携わる「オレンジサロン 石蔵カフェ」についてのお話を聞きました。

5月8日(火)

19:00-20:00

テーマ

「いい関わり方を見つけていくこと」が引きこもり支援

内容詳細

 ゲストは、KHJとちぎベリー会の齋藤さんでした。引きこもり支援では、家族の考え方を変えることから始まりいい環境をつくることが解決の近道で、言葉のかけ方1つ1つが大切なのだなと思いました。

5月1日(火)

19:00-20:00

テーマ

内容詳細

 ゲストは

4月24日(火)

19:00-20:00

テーマ

「一緒に崖っぷちまで行ってみる」講座で「隣にいることの力」を学んだ

内容詳細

 ゲストは、我らのゼミ講師である小澤さんでした。同行支援とは、相談したい内容を伝えることを横から支える支援だということがわかりました。

4月17日(火)

19:00-20:00

テーマ

内容詳細

 ゲストは「月の家」の星さんでした。

4月10日(火)

19:00-20:00

テーマ

やめ続けようと思っている仲間、信じて寄り添う

内容詳細

 ゲストは栃木DARCの栃原さん。栃木DARC独自のプログラムで薬物依存者の社会再参加を目指して支援しています。回復することを信じて寄り添うことの大切さを知りました。

4月3日(火)

19:00-20:00

テーマ

県北フードバンク

内容詳細

 

3月27日(火)

19:00-20:00

テーマ

福島・避難者支援の今―自主避難の人が抱える思い

内容詳細

 ゲストはVネット会員で、東日本大震災当時から現在まで避難者への支援をしている早川さん。今は栃木で「福島からの避難者」支援をしています。自主避難の苦しさは心理的・経済的に今もなお続いていることを知りました。

3月20日(火)

19:00-20:00

テーマ

街で重度障害者の一人暮らし、できるよ!CILとちぎ

内容詳細

 ゲストは自立生活センターとちぎ(CIL)齋藤さん。CILは「全身が動かないほどの重度障害者でも地域の中で生活できるようにする」活動をしています。施設以外にも地域の中で暮らす生き方もあるのだということを知りました!

3月13日(火)

19:00-20:00

テーマ

ありのままでいい。不登校児童によりそう芳村さん!

内容詳細

 ゲストは高根沢町「ひよこの家」の教育相談員、芳村さん。『学校復帰を目的としない』不登校児童のためのフリースペースで活動しています。児童とその家族にじっくりあたたかくよりそうことの大切さを知りました!

3月6日(火)

19:00-20:00

テーマ

運ぶぜ!フードバンクボランティア・前田さん

内容詳細

 ゲストはVネットでFBボランティアをしている前田さん。主に食品を運ぶことをしています。「余り過ぎている」食品と、「困窮して食料を買えない」人々とのつなぎ役はとても重要な存在なのだと感じました。

2月27日(火)

19:00-20:00

テーマ

頑張る若者!③ーだれでも和気あいあい!松田さんー

内容詳細

 ゲストは「あいあい食堂」運営代表・宇都宮大学4年生の松田さんでした。さまざまな形がある子ども食堂。「あいあい食堂」はだれでも気軽に来て”地域の大家族”になれる場を目指しているそう。人とつながるきっかけとなる場なのですね!

2月20日(火)

19:00-20:00

テーマ

頑張る若者!②ー高齢者の不安をバスター!濱野さんー

内容詳細

 ゲストは「一般社団法人 えんがお」より濱野さん。高齢者の孤立化を防ぐため、会話やささいなお手伝いからつながりを作り出しています!制度のスキマを地道にうめていく活動への想いはすてきでした!

2月13日(火)

19:00-20:00

テーマ

頑張る若者!①ー学習支援大学生・内田さんー

内容詳細

 ゲストは宇都宮大学1年生の内田さんでした。自身も中学時代通っていた学習支援教室に、現在支援者としてかかわっています。「後の世代に同じ思いをしてほしくない」と熱い想いをお聞きしました。

2月6日(火)

19:00-20:00

テーマ

愛のあるつなぎ役!民生委員・児童委員の活躍とは!?

内容詳細

 ゲストは「戸祭地区民生委員・児童委員協議会」の菱沼さんでした。民生委員は、地域の身近な困りごと・心配事を住民目線でお助けしているのですね!

1月30日(火)

19:00-20:00

テーマ

ボランティアの伝説④ー「トチギ環境未来基地」塚本さんー

内容詳細

 環境のがけっぷちをお聞きするべく、塚本さんをゲストにお呼びしました!中山間地域の少子高齢化を解消するため”関係人口”の増加が、今後のカギとなると知りました。

1月16日(火)

19:00-20:00

テーマ

ボランティアの伝説③ー「認定NPO法人うりずん」我妻さんー

内容詳細

 重度障害を持つお子さんとその家族を支援している「うりずん」より、我妻さんがゲストでした。コメントおじさんの中野さんと共に携わった『アウシュビッツ平和博物館』設立についてお聞きしました。

1月16日(火)

19:00-20:00

テーマ

ボランティアの伝説②ー下野新聞記者・佐藤さんー

内容詳細

 阪神淡路大震災が発生し、まだボランティアという言葉も浸透していないころからボランティア三昧だった、記者の佐藤さんがゲストでした。「個別の支援」の積み重ねが、”痒い所に手が届く”ということだと知りました!

1月9日(火)

19:00-20:00

テーマ

ボランティアの伝説①ーVネット理事長・二見さんー

内容詳細

 新年最初のラジオゲストは、Vネット理事長の二見さんでした。二見さんのボランティア活動の原点から、現在カフェを自営していることや、こども食堂への思いをお聞きしました!

12月26日(火)

19:00-20:00

テーマ

サンタdeラン&ウォークどうだった? ーYMCA・塩沢実行委員長に聞くー

内容詳細

 先週行われたのサンタdeラン&ウォーク、実行委員長の塩澤さんに聞きます。とちぎYMCAの塩澤さんは「子どもの貧困撃退♡円卓会議」の中心人物でもありますが、このイベントの重要性、目標なども聞きます!

12月19日(火)

19:00-20:00

テーマ

若者支援・伊熊さんにきく子どもの貧困。

内容詳細

 「若年者支援機構」より、学習支援などをしている伊熊さんに、子どもを取り巻く環境、そして貧困解決への道についてお聞きしました。

12月12日(火)

19:00-20:00

テーマ

地域福祉のNPO まごの手・小暮さんに聞く

内容詳細

生活するうえで手の届かないところ=介護保険では認められていない仕事。具体的には、草むしり、使っていない部屋の掃除、介護が必要な人以外の食事、病院送迎&付き添いなど。介護の現場に携わってきた小暮さんは、介護保険が届かない部分もどうにかしたい。地域の助け合い+&を聞きます。

12月5日(火)

19:00-20:00

テーマ

もっと!FB! 協力者「スーパーカスミ」菊池さん

内容詳細

週の初めはフードバンク(FB)についてお話しします。今回のゲストはFB事業に協力してくださっているスーパーの方です。なぜFBに取り組もうとしたのか、きっかけや始めたその後などお聞きしたいと思います!

11月28日(火)

19:00-20:00

テーマ

サンタdeラン&ウォーク特集③

初参加! YMCA・塩沢実行委員長!

内容詳細

 3週目のサンタdeラン特集は、YMCAの塩澤さんがゲストです。塩澤さんは「子どもの貧困撃退♡円卓会議」の中心人物でもありますが、このイベントの重要性、目標など、初参加としての意気込みをお聞きします!

11月14日(火)

19:00-20:00

テーマ

サンタdeラン&ウォーク特集①「サンタdeランの魅力?? 昨年ベストドレッサー賞の本田さん」

内容詳細

今回は、サンタdeラン特集第1週目!

11月7日(火)

19:00-20:00

テーマ

もっとFB!&星の家・石田さん

内容詳細

今回は、フードバンク宇都宮を利用している星の家の石田さんがげすとでした。フードバンクはどんな団体かというところから、フードバンクを利用してみての感想などをお聞きしました。のぼさんのパスが冴えわたる日でした!

10月31日(火)

19:00-20:00

テーマ

栃木の子ども・地域食堂特集③「高根沢ぽかぽか食堂」

内容詳細

第3週目は高根沢のぽかぽか食堂さんがゲストでした!立ち上げに関わった方はなんと普段お仕事をされてる女性です。なぜ日々の時間が無い中で作ろうと思ったのか、食堂の必要性などをお聞きしました!

10月24日(火)

19:00-20:00

テーマ

栃木の子ども・地域食堂特集②「佐野ほほえみ食堂」

内容詳細

栃木の居場所づくりに取り組んでいる団体さんにお話を聞く第2週です!

”ほほえみ”と聞くだけで、なんだか優しい気持ちになる気がしますね。

第1週目に聞いたことに加え、佐野にて居場所づくりを行ってみて、どんな地域の課題や特性が見つかったのかなどを聞きました!

10月17日(火)

19:00-20:00

テーマ

栃木の子ども・地域食堂特集①「市貝町地域食堂」

内容詳細

この日から3週続けて子ども食堂のお話を聞いていきます!

まず、第1週目は市貝地域食堂さん!人口流出が問題視されている市貝町。そうした地域で子ども食堂を運営する理由や意義、そして立ち上げてみてどうだったか、ということを聞いていきました!

10月10日(火)

19:00-20:00

テーマ

開催間近!フェアトレード祭り!

内容詳細

フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」を いいます(フェアトレードジャパンHPより)。栃木にてフェアトレード推奨活動に励んでいる「カケハシーズ」さんにお祭りの内容、そして活動の成果などを聞いていきたいと思います。

10月3日(火)

19:00-20:00

テーマ

もっと!フードバンク!CWを振り返って。

内容詳細

おととい行われたチャリティウォークを振り返り、チャリティウォークの寄付先であるフードバンクについて、そして熊倉さんのボランティアとしてなどの様々な思いを聞きました。イベントの最期まで思いやりにあふれていた熊倉さんのお話。来年もお願いします★

9月26日(火)

19:00-20:00

テーマ

スペシャルオリンピックスとは!?

内容詳細

スペシャルオリンピックス(SO)は、知的障がいのある人たちに、様々なスポーツトレーニングと、その成果の発表の場である競技会を、年間を通じて提供している国際的なスポーツ組織です。(スペシャルオリンピックス・日本 栃木HPより)今回はSOの活動をサポートしている雷都隊長さんに障がい者の立たされている現状、これまでの変化、そして希望を聞いていきました!

9月19日(火)

19:00-20:00

テーマ

地域に根ざした障がい者支援、その実態とは!

内容詳細

今月のフードバンクは3週目に移動です。

そしてゲストは、宇都宮フードバンク職員澤根さん!

澤根さんといえばヒカリ座さんとフードバンクのコラボ「映画ダニエル・ブレイクをみんなで見に行こう」を成功させました。職員として困窮者さんの話を聞く傍ら、フードバンクの普及にも力を入れているようですが、現場から見える貧困やフードバンクの必要性などを聞いていきました!

9月12日(火)

19:00-20:00

テーマ

地域に根ざした障がい者支援、その実態とは!

内容詳細

社会福祉法人こぶしの会さんは、障がいを持った人もそうでない人も誰しもが生きがいや働きがいを得られるようにという理念を持ち地域貢献を目指し活動しています。現在の活動の様子や、活動が起こした変化、そして今障がいをもっている人の置かれている現状などを聞きました!

9月5日(火)

19:00-20:00

テーマ

9/30-10/1 チャリティウォーク開催!

内容詳細

今年もチャリティウォークの季節が迫ってきました!宇都宮/矢板→中禅寺湖までの56.7キロを歩くという大イベントです。このイベントの寄付や参加費は全てフードバンクの”志金”となります。このイベントに毎年参加されている高田さんに、参加して自分の中で変化したことはあったのかなど聞ききました!

8月29日(火)

19:00-20:00

テーマ

鳥から始まる町おこし!地域活性化に向けた環境保全・野鳥保護の取り組みとは!?

内容詳細

NPO法人オオタカ保護基金さんは、市貝町に日本で一番サシバ(猛禽類)が一番多く住み着いているということを発見し、なんとかこの発見から町おこしが出来ないかと行動を起こしたそうです。なぜ猛禽類の保護が町おこしへつながるのか、環境保全と人間のかかわりについてなどお聞きしました。

8月22日(火)

19:00-20:00

テーマ

子どもの貧困撃退♡ラジオ③「病院から見える子どもの貧困」

内容詳細

済生会宇都宮病院の荻津さんに、子どもの貧困=お母さんの貧困について聞きました。済生会には困窮したお母さんが受診しますが、妊娠・出産も大変です。そして「困窮の中での子育て」も待っています。どうしたら子供の貧困が減らせるのかを考えました。

8月15日(火)

19:00-20:00

テーマ

子どもの貧困撃退♡ラジオ②「子どもと家庭の支援の現場から」

内容詳細

NPO法人だいじょうぶの畠山さんに子ども虐待相談の現場から見える貧困の連鎖についてお聞きしました。

虐待と聞くと、保護者がよく非難を浴びることがありますが、本人も抱えきれない問題を背負っているという背景があります。どうしたら連鎖を止められるのか、私達には何が出来るのかを教えていただきました。

8月8日(火)

19:00-20:00

テーマ

子どもの貧困撃退♡ラジオ①「病院から見える子どもの貧困」

内容詳細

医療生協の宮本さんに無料低額診療などの現場からみえる子どもの貧困について聞きました。また、構想中の子ども食堂や夏休み無料学習支援などの取り組みの様子もお聞きしました。

8月1日(火)

19:00-20:00

テーマ

毎月恒例、もっと!FB[フードバンク那須烏山]

内容詳細

月の初めの週は、フードバンクのことをお知らせする回です。今回はFB那須烏山の小堀さんに、はじめた動機と運営の様子、実績とこれからの展望を聞きます。その他にも田舎(農村地帯)でフードバンクをやる難しさ・面白さ、困窮の状況などもお聞きしたいと思います。

7月25日(火)

19:00-20:00

テーマ

自治会がやる「制服リサイクル・バンク」。母子家庭の困窮をなんとかしたい!

内容詳細

鹿沼東中の中学校区内で制服リサイクルバンクを昨年から始めた自治会長の川田さん。新入生の服は体操着は一揃い12万円かかります。きっかけは母子家庭のお母さんからの「だれかの制服ありませんか」という一言だったそうです。困窮した家庭を応援する地元の大人の取り組みを伺いました。

7月18日(火)

19:00-20:00

テーマ

女性のDARC。男性と違う“回復”への道

内容詳細

先週の栃木ダルクに引き続き、今週も女性ダルクの方をお招きして話を聞きました。薬物をはじめると、そこで精神年齢も止まるといいます。薬を止めて半年から1年は「自分の体調・感情がわかる」ようになることから始める、とのこと。男性とは違う女性の回復プログラムなどを聞きました。

7月11日(火)

19:00-20:00

テーマ

DARC・薬物依存症者のリハビリ(回復)って?

内容詳細

栃木DARC(ダルク)の秋葉さんに、薬物依存症という崖っぷちについて、その転落、回復…について話を聞きました! なんと秋葉さん含めスタッフの方みんなが経験者。そしてまた、回復プログラムを続けている1人であります。「依存症は病気である。それを知ってほしい」と秋葉さんは言っていました。

7月4日(火)

19:00-20:00

テーマ

[もっと!FB] フードバンク高根沢

内容詳細

みんな崖っぷちラジオ、月初めは「もっと!フードバンク」の日です。フードバンクってそもそもなんだということを、のぼさんがお話してくれます! 今年の4月にフードバンクを始めたという高根沢社会福祉協議会(社協)の福田さんをゲストにお招きします。もともと貸付などで困窮者と関わっている社協の福田さん。なぜ支援活動を始められたのか??きっかけは?? そんなお話と現場の声を聞きました。

6月27日(火)

19:00-20:00

テーマ

サバイバルネット・ライフ&シリウス

内容詳細

 県南・小山でDV被害者の支援活動をして10数年。数年前から困窮世帯の子どもの放課後支援として「シリウス」もやっています。さらに今年はDV被害女性のセルフヘルプ(自助)グループ「花かんむり」も始めました。女性と子どもの貧困についてや、DV被害の及ぼす(精神的)影響と、その回復などをお聞きしました。

6月20日(火)

19:00-20:00

テーマ

デートDV。「つき合ってる男性からの暴力」で悩んでる人、お助けします。

内容詳細

 宇都宮でDV(ドメスティック・バイオレンス)被害者支援をやっている認定NPO法人ウィメンズハウスとちぎのスタッフ丸山さんからデートDVの話を聞きます。今年3月に発表された調査では「交際経験のある10代の女性の44%が経験している」と報道されました。DVとは? 身近なDVって? ということをお聞きします。

6月13日(火)

19:00-20:00

テーマ

ポラリス☆とちぎ―若年無業者54万人。“他人の風”がポイントです。家族だけ・本人だけではムリ!な現実を話します。

内容詳細

若年無業者の支援をしているポラリス★とちぎ。引きこもり、若年無業者(NEET)など社会に出ることにつまづいてしまった若者のポラリス(北極星)になる活動をしています。清野香苗さんに社会に出るきっかけを失った若者の状況、家族だけが応援してもダメな状況など、難しい若者支援の現状をお話します。 

6月6日(火)

19:00-20:00

テーマ

[もっと FB!] フードバンク鹿沼 に聞く。

内容詳細

月初めは「もっと!フードバンク」の日です。フードバンクってそもそもなんだということをのぼさんがお話してくれます。また、社会福祉協議会でフードバンクを始めた鹿沼社会福祉協議会・神山さんからきっかけや、始めた前後の変化などをお聞きしました。

5月30日(火)

19:00-20:00

テーマ

「うりずん」人工呼吸器装着の子供たちの日中預り

内容詳細

 認定NPO聞きます。

5月23日(火)

19:00-20:00

テーマ

星の家?ってどんな家??

内容詳細

 「家出して、帰ったら、もう家に入れなかった。そんなこと経験したことありますか?」。家庭が崩壊・適切な養育がされていない子(15-19歳)もたくさんいます。星の家は義務教育後や高校中退して、就労しないなど不安定な生活をしている少年の“居候の家”です。始まった20年前は国の制度にもなかった自立援助ホームを創設した人、星さんをお招きして「居候が自立するとは何か」のお話を聞きます!

5月16日(火)

19:00-20:00

テーマ

トチギ環境未来基地??

内容詳細

 みなさま、栃木県内で活動しているこの団体さんを知っているでしょうか??栃木県内の山に入って環境保全・社会貢献・リーダーシップを学べるプログラムを開催してる団体さんということですが、矢野さんはいつも”キコリ”と呼んでいます笑 未来基地から大木本さんをお招きして具体的にどんな活動をしているのかお聞きしました。

5月9日(火)

19:00-20:00

テーマ

「だいじょうぶ/ひだまり」さんって何してるの?

内容詳細

子どもへの虐待を防止するための事業を行っているNPO法人「ひだまり」さんで活動している前田さんをゲストにお招きし、今日本が抱える課題である、ネグレクトや虐待がなぜ起こるのかどう起こるのかということをお聞きしました。泣かなくなった子こどものエピソードは印象的でしたね。

5月2日(火)
 
19:00-20:00

テーマ

[毎月恒例!フードバンク] FB大田原

内容詳細

毎月第1火曜日は、フードバンクの日ということで、大田原フードバンク従事者の實(みのる)さんをゲストにお招きし、大田原フードバンクがおこなっている活動、みのるさんが活動を始めたいきさつなどをおききしました。

4月25日(火)

19:00-20:00 

テーマ

あしなが育英会・学生募金 の学生としゃべる。

内容詳細

この時期になると駅とオリオン通りと二荒山でやってる「あしなが育英会」の街頭募金。立ってるのは奨学金借りてる学生さんたちです。病気・自死などで親を亡くしたなど、学費大変だけど頑張る学生の桑島さんにお話を聞きました。

4月18日(火)
19:00-20:00 

テーマ

「昭和こども食堂」やってみて

内容詳細

宇都宮で老舗の(数か月早いだけですが)の昭和こども食堂は、栃木テレビから150m位の所にあります。毎週月曜夕方からごはんを食べて⇒無料学習支援とか、ご飯食べて⇒母お喋り+子遊びとか、やってます。1年たってどうだった?というのを首謀者・荻野由香里さんに聞きます。

4月11日(火)
19:00-20:00 

テーマ

熊本地震と災害救援活動

内容詳細

熊本地震から1年。発生直後から復興支援に携わっているVネットボランティアの柴田貴史さんを招いて、熊本の現状をお聞きしました。マスメディアが伝えている側面とそうでない側面をお話ししていただきました!

4月11日(火)
19:00-20:00 

テーマ

フードバンク

内容詳細

 

3月11日(火)
19:00-20:00 

テーマ

子ども食堂

内容詳細

 

3月4日(火)
19:00-20:00 

テーマ

フードバンクと「とちこみ受賞」

内容詳細

 

ラジオのブログ


昼はカウンセラーとSSW、夜の部はLDの学習支援塾

  910日のラジオは、学習障害・不登校のための学習支援教室プラネット・キッズの大出勇さんでした。カウンセラー、スクールソーシャルワーカー(SSW)でもある大出さんにどうして現在の活動するようになったのか聞きました。

 

塾での歯がゆさから、カウンセラー、SSWに

  大出さんは、かつて学習教材の出版・販売と塾経営していました。しかしあるきっかけから資格を取りカウンセラーになりました。塾で問題があると感じていた生徒が家庭で父親から手をあげられていたこと。受けとめきれなかった歯がゆさを感じまた。カウンセラーをする中で、家庭支援も志しスクールソーシャルワーカーもやるようになりました。

  SSWは「この子(家庭)は、どんな困難を抱えているんだろうか?」と助っ人に入る仕事だそうです。情報を集めて、つなげる仕事とおっしゃっていました。まさに助けっ人さんですね。

 

発達障害の学習支援で大切なのは、アセスメント

   今年7月にはは発達障害の子のための学習支援教室を開きました。専門性を持った7人の先生が、マンツーマンで指導します。

  まずは、発達障害とは何かを聞いてみました。一口に発達障害といってもそれぞれに違うそうです。ADHDや自閉症などで、学習障害(LD)も含まれます。小さな頃から症状がある、脳機能によるという特徴があります。児童全体の6.5%といわれ、そのうち70%が学習に困難を抱えているといいます。学習障害は、読み・書き・計算、話すこと・推測のどれかの欠損を言うそうです。ここ数年、子どもの個性を認めて支援することに、やっと光が当たってきたところだそうです。

  大出さんは、重要なことはアセスメントと考えています。きちんと子ども自身を見て、計画を練って支援します。その子に合う勉強の仕方は違います。やり方を見つけるのには苦労しますが、得意なところを見つけていきます。アセスメントは、712日のラジオでも紹介した、宇都宮LDサポートセンターと連携しています。(記事はこちらから)

 

「どうせ」が口癖の子が合格。…やめられないな、と大出さん。

 発達障害から勉強についていけず、不登校になってしまうケースもあります。学力と社会性を少しでも補って、社会にでてほしい。自信をつけさせてあげたい。子どもと長年接してきた大出さんだからこその思いがあると感じました。ほめ方も勉強したといい、テクニックだけでなく心からほめると、こどもの顔がほころぶと言います。

  取材の中では、口ぐせは「どうせ」だった男の子が、笑顔を見せて受験に合格したお話が印象的でした。70代にして大変忙しい大出さんですが、「やめられないな」と茶目っ気たっぷりに話していました。(かさはら)

 ■ ■ ■

9/17のラジオゲストは、昨年の学生ラジオパーソナリティの水野さんです。久しぶりのラジオ出演で、どんなお話が聞けるか楽しみです!

質問したい方は 773@miyaradi.com まで  リスナーのご意見・ご感想も待ってます!  ミヤラジ(77.3FM)火曜19:0020:00オンエア!

転勤族はボランティア! 友達も、仕事も、役立ち感も付いてくる。

 今回9/3のみんながけっぷちラジオには、とちぎボランティアネットワークでボランティア(以下Vネット)として活躍中の松葉友恵さんにでした。

 

ネット検索で発見! いまでは自分がサイトにボラ募集投稿してます!

 

 今年の3月に宇都宮に引っ越してきて、前から気になっていたボランティアに挑戦した松葉さん。旦那さまの転勤でいろんなところを転々と暮らす中で、ボランティアに挑戦したいと思いながらも、経験や特別なスキルがなくて、なかなか踏み出せずにいた松葉さん。「栃木 ボランティア」と検索して1番にヒットしたのがVネット。意を決して連絡をとり、ここに至るというわけです。

 サイトを見ていて、松葉さんの背中を押したのは、来月10月5、6日に開催されるチャリティーウォーク56.7でした。というのも、松葉さんはおばあちゃんっ子で幼いころ、徒歩で出かけるおばあちゃんについて遊んでいたことが思い出されたことで、挑戦してみたい!と思ったそうです。

 

困窮者対応も、ネット情報更新も、何でもボランティアがやってるVネット。
 Vネットに通うようになり、最初はフードバンクの食品庫の整理でしたが、今ではアプリ「ジモティー」を使ったボランティア集めやフードバンク利用者さんの対応、Instagramの更新など徐々に活動の幅を広げています。特に「ジモティー」を使ったボランティア募集の方法は松葉さんの提案によるもので、Vネット職員もあっぱれ!の大活躍です。
 半年ほどの間にボランティアを始め、楽しみ、新しい仲間を見つけることになった松葉さんにどんな人にボランティアをしてほしいかうかがうと、ご自分の経験から、「初めてで自分役に立てるか不安な人も、コツコツと仕事をするのが好きな人も、お友達がほしい人も! ボランティアはおすすめです」と。
 きっとだれもがボランティアで生かせる力をもっているということでしょうか!
 そんな松葉さんはチャリティーウォークで56.7キロメートル踏破に挑みます! みなさんもボランティアの最初のきっかけに!ぜひ一緒に中禅寺湖まで行っちゃいましょう! (篠原)

体験がない⇒自信がない⇒具体的な将来を追えない子。県北Vネットの奮闘

 8月27日のみんながけっぷちラジオはとちぎボランティアネットワークの県北事務所から木村京児(けいこ)さんでした。

 

県北にもVネット。子ども食堂・無料学習支援もやってる。

 

 Vネットには県北を支える事務所が大田原市にあります。宇都宮のVネットに負けずパワフルに活動しています! ラジオで聞けなかった無料学習支援もブログでまとめて報告します。お聴きいただいた方も、聴き逃しちゃったよ!という方も読んで誰かに感想を伝えてみてください。知ること、伝えることもがけっぷちに光を差す一歩になります。

 

ごはん食べると仲良くなる、楽しさ・お得さが「子ども食堂」にはある。

 

 子ども食堂は5年位前から広がりを見せ、昨年は前年比1.6倍で、全国に3818か所あります。子どもの貧困対策や地域コミュニティ分野で代表的活動になりました。多くの子ども食堂が対象者を幅広く設定しているのに、なぜだか子ども食堂には「貧困家庭のもの」「ワケアリの人が多い?」などのイメージからなかなか新しい増やせずにいます。県北事務所が運営する子ども食堂も例に漏れず、木村さんたちが近所の方へお誘いしても反応がよくないそうです。

 私=篠原は、子ども食堂への取材や、Vネットで毎週水曜日に誰でもウェルカムで食事をする「Vめし」を通して知らない人とご飯を食べて楽しく過ごす、そして仲良くなっちゃう!というお得さを知って子ども食堂の魅力に気づきました。両親が共働きで会話が少ない、長期の休みもキャンプや旅行に行かない、観劇や美術鑑賞など文化的な経験が乏しい、など子どもの体験の不足も問題視されるなか、多くの人と触れあって多くの話をすることで将来の夢や希望を見つけるきっかけに育つかもしれません。さあ、みなさんも子ども食堂で賑やかな食卓を囲んでみてください。

 

七夕短冊に「毎日幸せに過ごしたい」…。具体的な将来の夢を書かない

 

 無料学習支援では不登校や学校での遅れを取り返すべく、近くの大学生のボランティアで子どもたちの学習をお手伝いしています。木村さんは七夕に子どもと願い事を短冊に書いたとき、「毎日幸せに過ごしたい」などが目立ち、具体的な将来の夢を書かないことに気づいたそうです。聞いてみると、その子から「うちは貧乏だから、大学行けないし」との返答があり、子どもなりに幼い頃から家計を察して自分の未来を狭めてしまう現状が見えてきました。家計だけが将来を決めるのではなく、自分の気づきと努力で夢をもてるところまで学力で選択肢を減らさない!そんな決意を感じる取り組みです。 

 

フードバンクもある。具体的な助け合い(食品寄付)もできる場所

 

 県北事務所でもフードバンクを行っています。「夏の頂き物だけど、うちじゃ食べない…」などなどお宅に眠る食品の寄付や、このブログや番組のことをだれかに共有することも身近ながけっぷちに心を寄せることにつながります。みんなでたすけっとさんになりましょうね。(学生パーソナリティつむぎ) 

笑顔で9月1日を。不登校に寄り添う「風の家」

 8月13日のみんながけっぷちラジオは特定非営利活動法人・風車 理事長の渡邉英子さんにお越しいただきました。

 

一日だけ不登校!?した体験。…ラジオ学生つむぎ

 

  中学1年生のころにクラスの男の子に机を蹴られたことがショックで1日学校を休んだことがありました。日常的に乱暴なことをされていたわけではありません。それでも体格のいい男の子に机を蹴られたことは強い恐怖で、翌日学校を休みました。

 すると・・・なんと、母親から欠席の理由を聞いた担任と養護教諭の先生が自宅まで家庭訪問! 「明日は学校に来られる?」 「学校で怖い思いをさせてしまってごめんなさいね」 と必死に話してくださいました。

 そのとき私は、「あぁ、不登校の生徒がでることってこんなにも先生を焦らせることなんだな」と思い、その翌日からは普段通りに登校するようになりました。そのときからふとしたきっかけで登校することが、あるいは教室に入ることが怖くなってしまう。しかもそれは誰にでも起こりうることだと思うようになりました。実は身近な困りごと、不登校問題と向き合う「風の家」の取り組みを聴いていきます。

 

 不登校者支援「風の家」の最初のアプローチは「親と家族」 

 

 みなさんは不登校の問題に向き合う団体、と聞いてどんな活動を思い浮かべるでしょうか。お休みしている間の学習支援?、不登校のきっかけを克服するためのカウンセリング?、進学に備えた情報提供?、学校をお休み中の本人のための手助けを思い浮かべる人が多いでしょうか。実は、風の家が真っ先にアプローチするのは「親や家族」だそうです。ここには子どもの幸せを願う親と、親に心配をかけたくない子どもの両方に手を差し伸べられる理由があるのです。子どもが不登校になってしまったとき、ご家族は子どもが負った心の傷を癒やしたい反面、不登校が続いたときの学習面や対人関係など将来への影響に悩みます。できれば学校へ戻ってほしい...という気持ちは不登校の生徒本人が感じ取ってプレッシャーになってしまうそうです。

 確かに私も、前述の「不登校なりかけ」のときに母親の心配と焦りを感じて罪悪感をものった気がします。そんな親子に手を差し伸べるのが風の家での親向け相談です。不登校の生徒を抱える親同士が知り合うことで孤独感や疎外感を減らして、「不登校でも大丈夫!」と心からの笑顔で子どもに言えたとき、家族みんなで前を向けるようになっていくそうです。

 

9/1どこにいてもいい、ご機嫌に過ごせるように。

 

 夏休みが明ける9月1日は子どもの自殺が最多になるといわれています。確かに学校は勉強だけでなく、たくさんの経験ができる特別な期間と場所ですが、元気に楽しく生きていることほど尊くはないはずです。9月1日はお家にいても、フリースクールにいても、教室にいても、保健室にいても、どこにいたっていい! 本人も家族もとにかく笑顔でいてください。みんながご機嫌に過ごせるように願っています!(学生パーソナリティつむぎ) 

入口はフードバンク! 崖っぷちから一緒に生活の改善をする

 8月20日のラジオ、ゲストは崖っぷちおじさんことVネット職員で社会福祉士の小澤勇治さんでした。たくさんの崖っぷち事例やフードバンクについてお話ししていただきました。

 

Vネットフードバンクはお節介屋!?

 小澤さんはVネットのフードバンク来た方に食品を渡す仕事をしています。ここで大切なのは食品を渡すだけではないということ。Vネットのフードバンクは食品を必要とする人とお話をして、その人に必要な援助や課題を考え、その人と一緒に生活の改善に向けてお手伝いをするお節介屋さん。んな生活状況なのか、職業や交通手段などを聞いてどのようなことでどうして困っているのか、どんな制度や支援に繋げられるかを探ります。

 例えば病気で働けなくなってしまった人にはまず病気の治療のため病院へ掛かってほしいのですが、お金がなければ治療や入院は難しいことがあるかもしれません。そのため、医療を使うための制度へ繋げなければなりません。また別の事例で水道、ガス、電気が使えない場合もあります。電気が止められているのに電子レンジ調理のものは渡せませんし、炊飯器がないのに米を渡しても食べることはできません。その人の生活状況から、必要な食品は異なるのですね。そして同じような生活の状況にある人でも、どうしてそうなってしまったか理由は様々だそうです。

 

役所にも年金事務所にも一緒に行ってくれる

 また、生活保護を初めとする各種制度の申請に同行もしてくれるとのこと。制度は自分で申請しないと使えないもの。「自分は何に困っていて何が必要なのか」がわかっていること、そしてそれを役所の職員さんに説明する必要があります。しかし「何となく困っている感じはするけれど何が必要かわからない」「役所の人を前にすると緊張して説明できない」という人もいるそうです。その人を同行という形で支援することで、必要な支援へときちんと繋げる役割を小澤さんは担っています。役所だけでなく年金事務所や病院への同行もしたそうです。

 制度は一般の人には難しく、よくわかっていないことはしばしば。そんな時に小澤さんのような社会福祉士という専門の人がいると心強いですね。

 

困りごとがあればVネットへ

 貧困は福祉や社会保障、医療や労働など多くのことが複雑に絡み合って起こっています。経済的な貧困が、体験の貧困や健康問題に繋がることもあります。何か困っているけれどどうしたらいいかわからないという場合は、ぜひVネットへ来て見てください。

          ◇          ◇

 最後に、フードバンクは食品不足です。私がフードバンクを見学した時、調味料や米はたくさんあったのですが、調理の必要がないものや簡易調理で食べられるものが本当に少なかったです。もし食品を寄付したいという方がいましたら、ミヤラジに設置されている絆ボックスやヒカリ座、とちぎボランティアネットワークのフードバンクまでお願いします!

 

 8月27日のラジオは、県北で子ども食堂を運営している木村けいこさんにお話しを伺います。毎週火曜日、FM77.3で19:00~20:00オンエアです(こばやしめい)

今月はチャリティウォーク月間!参加者大募集中です!

86日のゲストは昨年の学生パーソナリティで、チャリティウォーク56.7参加者の佐藤綾香さんでした。今月は、CWの宣伝&参加者募集の強化月間です!

チャリティウォークで、参加者もファンドレイジング!

まずは、チャリティウォークのチラシが完成しました! 表紙に写っているのが…佐藤綾香さん! 「これだけ映える笑顔を持っている人はなかなかいない…これしかない!」と、のぼさんが選んだそうです。そんな素敵な笑顔が生まれた、チャリティウォーク56.7とは「フードバンクに寄付を集めるために、宇都宮か矢板から日光中禅寺湖まで、56.7キロ2日間かけて歩く」イベントで、105.6日に開催されます。今年で7回目となる、Vネットの一大イベントです。

大人は参加費として、寄付1万円+自分以外の人から寄付7000円を集めて参加。団体(6万円)や学生(5000円)の参加枠もあります。

コースは他に2つ。出発を応援する「送り出しウォーク」と、いろは坂を一緒に歩く「出迎えウォーク」も。

では、なぜ歩くだけでなく寄付? そして自分以外の人からも寄付を集めるのでしょうか?フ ードバンクは事業の中でお金が生まれず、活動を続けるために寄付が必要になります。CWは、ちょっとぶっ飛んだことに挑戦して、参加者がファンドレイジングするんです!

 

続きを読む

空の下、自然の中でのびのび保育

 7月30日のラジオ、ゲストは「空と森のようちえん あいうえお」の栗田しのぶさんでした。普段子どもから しのぶちゃんと呼ばれているそうなので、以下の文章もしのぶちゃんと呼んでいこうと思います。

 

園舎は空の下、自然でいっぱい遊ぶ

「あいうえお」は、ここ最近徐々に増加している「森のようちえん」のひとつ。森のようちえんとは、自然体験活動を軸とした保育や乳幼児教育をする幼稚園や保育園などのこと。

「空と森のようちえん あいうえお」にはなんと一般的にいう園舎がありません。建物として園舎はなく、あったとしても掘っ立て小屋のようなものだといいます。通常の幼稚園だと園舎があり、晴れている日は外で遊ぶ子どももいれば室内で遊ぶ子どももいるものです。雨の日であれば外遊びはあまりしないところが多いものです。しかしこのようちえんでは雨の日でも危険でなければ屋外で活動するそうです。晴れの日も雨の日も山で自然の中遊ぶこの幼稚園。一般的にいう園舎はありませんがしのぶちゃん曰く「園舎は空の下」。山や川という自然には、公園のように遊具はありません。自分で遊び方を考えなければ遊ぶことはできません。そのため、最初のうちは遊び方がわからず暇そうにしている子もいるそうです。創造力を働かせて、だんだん遊べるようになるといいます。

 

幼児期の子どもは自由で無限大!

 しのぶちゃんがこのような幼稚園を作ろうと思ったきっかけは、小学校の非常勤講師を1年間勤めた後に、シュタイナー教育と里山教育を融合させた幼児教室で働いたこと。長野の幼児教室にくる幼稚園児が小学生よりもしっかりしていると感じたことから。その幼稚園児のほうがやりきる力とか色んなことを考える力があると感じたそうです。「幼児期の子どもは自由でありながら無限大の力を持っている!」という衝撃が、しのぶちゃんを幼稚園設立に駆り立てたと言います。

 自然の中で遊びたいように遊ぶことは様々な影響を子どもに与えます。危険を回避することや、遊びを満足するまですることで集中力がつくこと、転びながら運動能力をつけること、五感をきたえる…などです。「子どものため」のつもりで過剰に子どもを守ろうとする風潮が最近はありますが、過保護だとこのような能力は育ちにくいですね。

       ◇       ◇       ◇

 しのぶちゃんありがとうございました。このラジオをきっかけにこんな幼稚園の存在を知りました。来年度、新園児が入ってこの幼稚園が続いていればいいなと思います。自然で遊ぶことで得られる力に目を向けていきたいです。(こばやしめい)

「子どもも、お年寄りも来る」新しくて懐かしい?のどかの食卓!

 723日のみんながけっぷちラジオは社会福祉法人ふれあいコープから砂山早苗さんにお越しいただきました。子どもも大人もみんなで作って大勢で食卓を囲む、そんな新しいけれど実は懐かしい取り組みについて伺いました。

   

子ども食堂とはひと味違う?地域の食卓

 地域の人が集まって一緒に食事をすると聞くと、広く知られるようになった子ども食堂を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ですが、こちらののどかの食卓では、金曜日の夕方4時から子どもに限らず、お年寄りばかりでもなく、お母さんとくる小学生から、友達同士でくる中学生、お一人、またはご夫婦でいらっしゃるお年寄りまでが一緒に夕ご飯をいただきます。

 オープンしたのは昨年の720日。ちょうど1年が経ち、すっかり地域の人に愛される食卓になりました。のどかの特徴は事前の予約は必要なく、ふらりと来ていいこと。始まった頃は何人の人が集まるかわからず、準備する量に困ったこともあったそうです。そんなときは知恵で対抗! 例えば多くの方が来てもどうにか分け合えるようにハンバーグよりはミートボールなど砂山さんはじめ職員の方の知恵が光りました。お料理のお手伝いをして、わいわいとお食事、そして食後の歓談。ふと隣の部屋を見ると、ご飯を終えた子どもたちが宿題をしていました。

  

年代ミックスの食卓、実は自然?

 社会福祉協議会が提供する高齢者向けの食事会、NPOなどの地域組織が運営する子ども食堂など、核家族化や都市部への人口流出からくる子どもとお年寄りそれぞれの孤食の問題へは様々なアプローチがなされています。しかし、その両者をつないだ空間は実は珍しいのではないでしょうか。かつてはお仕事にでた両親に代わって子どもとおじいちゃん・おばあちゃんが一緒に夕食を過ごすこともよくある光景だったそうです。食事を作り、食べるなかで料理の知恵や工夫を学び、子どもの明るい声とお友達ともおしゃべりから元気やエネルギーを充電!密やかだけど、こんなに支え合いがあふれる空間他にはない!!

 他にも、授業やアルバイトで食生活が乱れてしまいがちな大学生が加われるような地域の食卓があったらすてきだな、と思いました!(学生パーソナリティ篠原紬)

 

次回のゲストは、自然体験を軸に里山の中での乳幼児教育を行う「空と森の幼稚園あいうえお」から栗田しのぶさんにお越しいただきます。 

学生パーソナリティ集合 「お悩み」答えます!

7月16日のみんながけっぷちラジオは特別編でお送りしました。ゲストには、コメントおじさん見習い(!?)の宇都宮市まちづくり市民工房の土崎祐介さんにお越しいただいて、学生パーソナリティの友達や大学の先生から伺ったお悩み相談を行いました!

 土・・・ゲスト土崎さん

 亜・・・ミヤラジパターン小林亜也佳さん

 笠・・・学生パーソナリティ①笠原綾子 

 芽・・・学生パーソナリティ②小林芽依

 篠・・・学生パーソナリティ③篠原紬

 

お悩み① 家事が苦手でどうしよう……。生活が成り立たない。 

芽)私もアルバイトとかで疲れると食事を支度することが面倒。わかるなぁ、この悩み。

土)実は私も家事、というか料理をしないで有名なんです。なんと家にはガスコンロがない。自炊はしません。まぁ、いいじゃない?(笑)

篠)私は見栄っ張りなせいか、友達が来るときは気合が入って料理も掃除もします!お友達を呼ぶのはどうでしょうか!

土)僕、料理はしないけど洗濯はする。家事にもいろいろあるからできることとできないことがあってもいい。できない自分を否定しない、そんな前向きな思考でやっていくのはどうでしょう。

 

お悩み② 講義・アルバイト・サークルで毎日が忙しい。遊んだり、ボランティアに行ったりしたいのにできないなぁ。(教育学部2年) 

篠)土崎さんはボランティアと深い関係のあるお仕事をされていますが、このお悩みにぜひアドバイスを!

土)僕は大学を卒業してからNPO法人の職員になりました。その経緯は実は在学中に関わったボランティアで出会った人から誘われたことでした。学生のころは今のような仕事に就きたくてボランティアをしていたわけじゃないし、相談者さんもいろいろなことをしているわけだし、その中から何か将来に繋がるものがあるかも。

 

学生パーソナリティ、実は熱い番組への思い

土)おぉ~。若い人にも、お年寄りにもやりがいとか、何かを求めて挑戦してほしいな、と思っています。突然だけど、3人は今までこの番組やってきて印象深いことってなんですか。

芽)教育に興味があって、取材に同行した子どもの居場所「月の家」(5月21日放送)では家庭で十分な養育が受けられない子どもと触れあったことです。どんな子どもがいるのか、多少不安な気持ちで行ったけれど、そこにいたのはごく普通のかわいらしい子どもたちだった。この気づきが印象的です。

篠)あ、私も近いかも。私は薬物依存からの回復を目指す「ダルク女性シェルター」の回です。取材で薬物依存と戦うみなさんと私が抱える悩みは実はそう大きく違わない、普通の人が薬物依存に陥ってしまうということを知りました。

笠)私自身知らないことを取材して、リスナーのみなさんに届けていきたいです。取材しているとたすけっとさんも実はがけっぷちに立っているし、みんながそれぞれピンチを助け合っていけることがりそうだな、と思えるようになりました。

土)うーん、いいお話…!!

 

 今回は特別バージョンでお送りしました! 普段は一緒に出演することのない学生パーソナリティ同士、思いを語り合うこともできました。残り半分を切った任期も切磋琢磨がんばります!これからもよろしくお願いします!!(学生パーソナリティ③篠原紬)

LD(学習支援)特化型・放課後デイ&学習塾

 7月9日のラジオ、ゲストは合同会社crew(クルー)の伊川夢起さんでした。放課後等デイサービス・クルーキッズ鹿沼と宇都宮LDサポートセンターを運営しています。(LD:Learning Disability=学習障害)

LD特
化の放課後等デイサービス
 大学時代ずっと塾でバイトをし、さらに在学中に
塾を起業した伊川さん。工学部でしたが、教育にのめりこんだとのこと。「元々塾を作りたかった」とも。

 きっかけは、学習障害など発達障害の指導に力を入れている小学校を見学して興味を持ち、また「せっかく学習塾をやっているのだから学習障害に特化したら」とアドバイスを受けたりしたのがきっかけ。こうしてLD特化型放課後デイ「クルーキッズ鹿沼」は作られました。

 Lとは言っても他の障害(ADHDや自閉症の傾向など)を合わせ持った子が多いそうです。LDは小学校に上がってから気づくことが多く1、2年生よりも3、4年生になってから気づくことが多い。しかし、学童期の子どもは1日の学習の遅れが大きな遅れになります。気づくのが1年遅れるとその分学習も遅れ「学ぶことを拒む」ようになる。そうなる前に「学びに戻って来られるような個別の学習支援を行う」のが、クルーキッズ鹿沼です。ここではアセスメントに基づいて宿題の支援や、学習に向かうまでの支援をします。また一部の学校とは連携していて、宿題の内容や量に配慮してもらいなどもしています

検査から支援まで切れ目なく
 伊川さんが運営しているもう1つの施設は、
宇都宮LDサポートセンター。各種検査や学習支援をします。LDなど発達障害の検査は申し込んでから早くても3か月かかります。しかし、子どもが3か月の間でする成長は大きく「待ってられない」と思いこの施設を作りました。

 また病院だと検査結果は出ても、一番重要な「どう支援したらいいのか」は医師は専門外。でもLDサポートセンターには臨床心理士、特別支援教育士、元校長先生、言語聴覚士など専門家が揃っています

 例えば特別支援教育士とは、児童心理検査ができたり、検査結果から個別の支援計画を作ることができる資格です。このような支援体制を整えることで、検査から支援まで一貫して素早くできます。

 学習の方法を提供するそうです。今ならICTを使った学習の方法や補助教材があります。
◆ ◆ ◆
感想/発達障害の中のLD
に焦点を当てて個別支援するのは心強いですね。「学びにくさ」を持つ子どもがきちんと学び、持っている能力を生かすためにもこの取り組みが広まってほしいですし、学校も連携できたらいいなと感じています。(こばやしめい)

 

 次週7/16は学生パーソナリティ3人が集合し、お悩み相談会を開催します。ゲストには土崎雄祐さんを迎えお送りします。