とちぎ暮らし応援会

東日本大震災における栃木県への避難者支援を行っています。

2016年

9月

02日

9/17 福島の現状「説明会・交流会」を実施。栃木に住む福島県からの避難者対象です。

福島県県外避難者対象に、福島県の職員から、福島県の現状についてや、借上げ住宅の供与期間や支援策について説明します。その後は参加者のみなさんで交流会を行います。ぜひお越しください。

 

9/17(土)10:00~12:00

会場:宇都宮市 ぽ・ぽ・ら(栃木県宇都宮市昭和2-2-7)

●内容

1、福島県の説明・報告…40分

 ■福島県避難者支援課より

 ・福島県の復興の現状と取組等について

 ■福島県生活拠点課より

 ・応急仮設住宅(仮設・借上げ住宅)の供与期間について

 ・避難指示区域外から避難されている方へ

  ①帰還・生活再建に向けた

   総合的な支援策について

  ②見直し後の「民間賃貸住宅等家賃への支援制度」について

  ③収入要件の考え方(算定方法)について

2、交流…40分

3、個別相談会(希望者)

 

問/申込み:028-622-0021 FAX:028-623-6036

とちぎボランティアネットワーク福島県県外避難者相談センター栃木

9月説明会チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 274.7 KB

◆参加申込◆

メモ: * は入力必須項目です

「とちぎ暮らし応援会」支援活動

  1. 交流サロンの支援
  2. 支援者をつなぐネットワークの構築
  3. 避難者への各種情報提供、相談受付体制の充実
  4. 避難者の自助組織の支援

事務所⇒とちぎボランティアネットワーク内

宇都宮市塙田2-5-1 電話028-622-0021

とちぎ暮らし応援会
とちぎ暮らし応援会ウェブサイトはこちら

福島県 県外避難者相談センター栃木

⇒同じ事務所です。 お住まい、健康、仕事など、暮らしの中で困っていることありませんか?                 どんなことでも相談ください。               (専門家にもつなぎます)

 2011年3月11日に発生した東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所の事故により、福島県をはじめ県外から多くの方々が、栃木県内に避難されています。

 住み慣れた土地を離れ、新たに生活再建を強いられてる避難者の方々は、多くの不安と困難を抱えていらっしゃいます。 2011年8月より民間賃貸住宅借入制度が適用になり、避難者の方々のほとんどは、民間賃貸住宅にお住まいになっています。1次、2次避難所での生活にくらべプライバシーが確保され、より日常生活に近い状態になった反面、支援者の側からみるとどこに避難者の方々がいらっしゃるのかわからず、支援が難しい状態を生み出しています。特に自力での移動が困難な高齢者や障がいをお持ちの方々は、NPOやボランティアだけでなく、行政や関係機関、地域との連携が必要です。

 そこで、今まで栃木県内への避難者支援をしてきたNPOとボランティア、栃木県、福島県災害対策本部が呼びかけ人になり、避難者の方々の栃木県での生活支援していくことを目的に「とちぎ暮らし応援会」を創設しました。

 NPO、ボランティア、行政、関係機関が協働することで、避難者の方々が少しでも不安の少ない生活ができるよう支援していきたいと考えています。ぜひ、多くの方々のご協力と温かな支援をお願い申し上げます。

  とちぎボランティアネットワークは、参加団体のひとつとして、とちぎ暮らし応援会の運営に協力しています。

▲とちコミWEBへ
▲とちコミWEBへ
▲とちコミ登録NPO一覧
▲とちコミ登録NPO一覧
サイト内検索
Loading
とちぎVネットなう!

■今後の予定 ※事=事務所

 

 

 

▲事務所で売ってるよー。詳細▲
▲事務所で売ってるよー。詳細▲

▲プライベートネイルサロン

 freely(フリーリー)▲

ハンドマッサージもしていただけます!おすすめです♪