災害救援・復興支援


台風19号で被災された皆様、お見舞い申し上げます。

 

栃木県内でも、宇都宮市、佐野市、足利市、栃木市、鹿沼市、小山市、那須烏山市など多くのエリアが被害を受けています。(情報収集中)

 

*県内全域でこれから必要と想定されること

(資金)これからの活動支援金を募集中

  ⇒「がんばろう!栃木 募金」がはじまりました

(ヒト)ボランティア不足が予想される。4万人程度必要というデータも

  ⇒災害ボランティア情報は社会福祉協議会のHPへ

(モノ)スマートサプライでマッチングするように準備中

 

(その他)県内外NPO等との情報交換会の開催とその運営が必要。

     技術が必要なボランティアの調整マッチングなど。

 

災害ボラセン聞き取り調査(10/17金)

10/17(金)

ニーズ

(新規)

ニーズ

(派遣)

ボラン

ティア

参考コメント…1件に10人の

ボランティアが必要として充

足数を出してみました。

ニーズ

累計

宇都宮VC 60件 15件 67人

-533人。非常に不足。ニーズ

60のうち15件にしか対応でき

ませんでした。

95件
栃木VC 85件 34件 268人

-582人。非常に不足。7000件

が床上浸水、県内一番件数が多

い。県外からのボラもOK。

303件
鹿沼VC 8件 8件 55人

泥だしで床下に潜れる人を特に

募集。

(約90)
佐野VC          
足利VC     61人 本日雨のためPMから中止

(約100)

小山VC          
那須烏山VC       住民による片付けが中心  
壬生VC          

聞き取りコメント:●床上:宇都宮405、那須烏山152、足利90、佐野672、栃木1600、小山151、鹿沼:調査中。ということで床上以上は3400になると思います。ボラセンがはじまって2日めなので、出足が鈍いですが、まだまだ充足していません。特に栃木が1600件以上と多く、鹿沼、那須烏山は農家の被害が多いのでボランティアはふつうの家の数倍必要でしょう。

タイムリーに情報を載せる余裕はない感じがしました。(や)


災害・ブログ


1月20日(月)足湯&カフェでのつぶやき

栃木市の長寿園へ足湯&カフェへ。今回は、お風呂を利用していない方でも気軽にカフェへ来ていただけるよう、事前にチラシ配布を行いました。チラシの効果もあり、お茶会を楽しみに友達を誘って来て下さった方々、常連の方々が15名くらい。15時に終了でしたが話が尽きず16時まで行いました。

<カフェでのつぶやき>

「久し振りに皆と会い話ができた」「あの日以来こうゆう集まれる機会がなかった」「お茶会サロンのように気軽に集まれる場所があり救われる」「平屋に住んでいた。一気に胸のあたりまで水がきて押し入れの上に逃げた。直ぐに息子が駆け付け天井を壊し屋根に避難した」「眠れない夜があったけど今はなんとか…あの日胸まで一気に水が…助けに来るまでの4時間必死だった」「床下まで水が来てたので畳が濡れないようにと旦那と二人で畳をはがした。必死だった。今考えると、あの時は馬鹿力が出たんだわ」「あの日以来何もやる気がなくて落ち込んでいた。でもこうゆう場所で皆さんと話していると、私だけじゃないと思える。私は半壊だから頑張らないとね」「あの日は夜で真っ暗、停電し何の情報もなく恐怖だった。消防車や救急車を呼んでも、国道が浸水していて行けませんと断られた」「私も断られた。防災無線も栃木市は遅かったのよね」「あの日の水がくる音が今も忘れられない。不気味なのよ。あの音」「畳や冷蔵庫、テーブルが浮いていた。まさか自分が…」などなど。皆さん、久し振りにゆっくりとお話をされていました。

ここ長寿園でのカフェには、あの日それぞれに被害にあわれた方々が来られます。お互い励まし合いながら必死に前向きに生活されている様子がひしひしと感じられました(キム)

*次回、栃木市長寿園での足湯&カフェは1/27(月)13時~15時(ボランティア募集中)

ニーズは一旦収束![ボランティアの現場から]

1月18日(土)本日は土浦の松本さんが初参加くださり、東京の永井さんご夫婦、横須賀さんと次女ちゃん、星野谷さん、秋葉さん、川田さん、早川さん、吉村さん、鮎さんと12名で2チームに分かれ活動しました。

 

床下浸水のお宅は泥も薄かったため昼過ぎには終了しました。家主さんの娘さん達からかわいらしいメッセージをいただいたそうです。

 

T様邸は床板を貼りはじめていたため急遽予定を変更して、清厳寺さんへ。依頼されていた重要文化財が納められいる建物の下の部分に大量に水が溜まっていたのですが、こちらは事前にどなたかが抜いてくださったそうなので、水を入れて綺麗にする作業を行いました。

並行して檀家さんが集めた墓地内の泥を集積所に移動する作業も行いました。

午後からは床下班も合流し、みんなで墓地内の泥出しや、まだ台風以降掃除されていない墓石を綺麗にする作業を。とても広いので1日2日で終わる量ではなく、お寺さんからは継続してお願いされましたが、今後どうするかは検討していきたいと思います。

 

今日で私の方で受けていたニーズは一旦収束しました。

来週今まで行っていなかった地域の自治会長さんにお会いするのと、日曜に住民さん向けの講習会があるので、そこでまた依頼を受けましたらこちらから発信させていただきますので、ご協力よろしくお願い致します。(よ)

1/26、2/1・2 ボランティア募集。うつのみや暮らし復興支援センター

1/26に、さがみ典礼千波で、炊き出しと「家の補修講習会」を行いますが、同時に宇都宮市内田川周辺で訪問調査も行います。調査のボランティアを募集します。

また2/1か2日に2件のお宅の引っ越し&荷物片づけのボランティアも募集します。電話メール等で080-3565-8017)

1/20「災害ボランティアセミナー」岡山NPOセンターの災害支援事例が秀逸!

1/20・13:30-16:00 宇都宮・健康の森(講堂)で「災害ボランティアセミナー・in栃木」が行われます。主催は県+地域社会ライフプラン協会。

●講演は2回あります。

①13:40-14:40・国崎信江「過去の災害でボランティアに求められたこと」

②14:50-15:50・石原達也「大規模災害から学ぶ 災害ボランティアのあり方」

●昨年は8月の九州北部豪雨、9月の台風15号、10月の台風18号と災害が連続しました。復旧・復興にボランティアは欠かせない存在です。一昨年の西日本豪雨被災地のボランティア活動とその活動支援

んについての報告があります。

●問/申込:電話028-623-3422 県民文化課県民協働推進室

●kyodo@pref.tochigi.lg.jp

●(事前予約なしの参加も可)

石造りのキッチンが…![ボランティアの現場から]

1月17日(金)本日は鮎さん矢板さんと三人で水曜から継続の床下に廃材の多いお宅の泥出しをしました。

 

今日は外に出すスペースもないため綺麗にした場所に廃材をずらしながら作業しました。

石造りの昔のキッチンまで出てきましたが、重くてどうにもならないので中に溜まった泥だけ搬出。

今回の水害で腐ったりカビた木材は搬出しましたが、非常に床下環境の悪いお宅でした。暖かくなる前に入れて良かったです。

 

明日は床下浸水のお宅の泥出しに入ります。人数が多い場合はブラッシングを残している大きなT様邸に分かれて作業を行う予定です。

ご協力いただける方はさがみ典礼千波店9時集合でお願い致します。(よ)

奇跡的なお宅へ…![ボランティアの現場から]

1月16日(木)本日は鮎さん、山崎さんと三人で午前は蔵の泥出し、午後は教室に使っている一室の泥出しを行いました。

 

こちらのお宅の本宅は周辺住宅が床上浸水のところ、避難せずに自宅で窓枠をタオルで抑えて水の侵入を防いだらしく床上浸水にならずに済んだそうです。

しかも床下にはほぼ泥がなく、こんな奇跡的なお宅見たことないねと話していました。

 

明日も水曜の継続のお宅の作業を行いますので、ご協力いただける方はさがみ典礼千波店9時集合でお願い致します。

 

今週末の活動について数名の方からお問い合わせいただいておりますが、現在未着手案件は2件でそのうち民家が1件のため、土曜で一旦収束するかもしれませんが、その家主さんから近所の方からも心配な声を聞くので私達が入ったのを見て依頼があがるかもと言われているため、日曜作業については土曜の作業後まで未定になります。

 

予定が立てづらくご迷惑をおかけしますが、決まり次第発信しますのでご理解の程よろしくお願い致します。(よ)

床下に思わぬものが…[ボランティアの現場から]

1月15日(水)本日は鮎さんが巫女のSちゃん(匿名希望)を呼んでくださり3人で大家さんから依頼のあった借家の泥出しを行いました。

 

こちらのお宅の床下には異常なほどの建築廃材が放置されており(大家さんも知らなかった)、とりあえず半分の廃材を外に搬出する作業から。

その後泥出しに入りましたが、三カ月経った今日でも泥がまだ乾いておらず、厚みもあるため、そんなに大きなお宅ではないのですが、今日一日で半分しか作業できませんでした。半分はブラッシング消毒まで済ませました。

 

こちらのお宅は金曜に継続になります。

 

明日は今のところ鮎さんと二人の予定なので別の現場に入る予定です。

集合は現場に直行になりますので、もしご協力いただける方がいらっしゃいましたら米山までご連絡ください。よろしくお願い致します。(よ)


●災害と備え

・平常時:防災講座、災害ボランティア養成講座、福祉施設の避難訓練、事業継続プランの策定支援などの啓発普及を行います。

・災害時:毎年の水害では、①現地に行く、 ②コーディネーターの派遣、③活動資金の支援(寄付)などをおこないます。

・大規模災害時:現地本部を置き、職員を配置して救援・復興支援を行います。

・被災時:災害VCの設置と運営、避難所運営、ボランティアコーディネーション、復興プログラムの企画実施などを行います。

 

★西日本豪雨、北海道地震、2016/9現在は熊本地震、岩手水害の救援活動を行いました

 

●東日本大震災…現在のボランティアプログラムは、①まけないぞうによる生きがいと仕事づくり。②県内では福島からの避難者の相談支援です。


募金付グッズ ショッピング


まけないぞう

東日本大震災で被災したお母さんたちが、心をこめて作成した「まけないぞう」です。ひとつ400円。

 

くわしくは、「まけないぞうプロジェクト」をご覧ください。

 


わかめ(石巻市 十三浜産)

被災地支援で知り合った宮城県石巻市 十三浜のわかめ 390円

三陸わかめが有名ですが、地元「三陸」では“十三浜”産のわかめがブランドです。つまり、三陸の中で最もおいしいという評判のもの。

事務所やイベント、会員総会でも持ち歩いて売ってます。

ぞうといっしょにわかめはいかがですか。

生産者の情報はこちら


2万人キャンペーンオリジナルTシャツ

これを来て被災地を元気な黄色に染めましょう!

販売価格1500円のうち、500円は支援金になります。

事務局にて販売しておりますので、お気軽にお越しください!

 

販売価格:1500円(500円は支援金)

サイズ:150、S、M、Lの4種類。

※事務局にサンプルがありますので試着できます。

 

スーパークールビズにどうぞ!
スーパークールビズにどうぞ!

募金&寄付のお願い


とちぎボランティアネットワークでは、東日本大震災の救援活動の寄付を募っています。寄付金は、災害ボランティアの活動資金にあてられ、さまざまなプログラムの運営に使われます。

        ※本会は認定NPO法人です

        ご寄付頂いた方には税額控除などの税制優遇措置があります。

【振込先】

 郵便局からのお振込を受けつけております。

 (郵便局)口座番号:0036-4-38111

      口 座 名 :とちぎボランティアネットワーク

     ※振込の際は「東日本」と明記してください。

【オンライン寄付】

 とちぎボランティアネットワークHP内よりオンライン寄付ができます。

 こちらからご覧ください


ひょうたん鯰

製作者からのメッセージ

 

この度の東北の大震災に遭われた方々には言葉も見つからないですが、

悲しみを乗り越え立ち直らなくてはなりません。

私、橋本誠は、やきもの作家として東北の方々に(瓢箪鯰)を作り

支援金を送りたく思いました。どうか沢山の方々のご支援を賜ります様お願い申し上げます。

 

昔から鯰が暴れると地震が起こると言われており、また壷や瓢箪の中は異次元の世界と言われています。鯰を瓢箪に収める事で、この世で地震を起こさぬ様にとの想いで<信楽瓢箪鯰>を作りました。この瓢箪鯰は、[香炉]であり、そしてまた[花生け]でもあり、さらに[グイノミ]も付いていて多目的に使えます。 30トンの薪を丸4日間焚き続けて窯から生まれた、自然釉焼き締め作品です。出来上がりは7月上旬を予定しています。価格は10,500円(税込)です。売り上げの内、必要経費(材料費や焼成費等)3,500円を引いた残りの7,000円を東北支援瓢箪鯰基金とさせていただき、時期により必要性が高い活動をしている団体を選び、支援をしたく思います。今回は、早い時期から現地入りしているとちぎボランティアネットワークに支援いたします。

 

橋本 誠 さんの略歴

昭和18年: 神戸に生まれる

昭和40年:画家を志し上京

昭和44年:濱田庄司先生の民芸論を拝聴、陶芸に興味を持ち、作陶を始める

昭和49年:栃木県日光市(旧今市市)に移り、やきものに専念する

昭和52年:小森松菴先生に出会い、茶陶の美しさと学ぶようになる。この頃より各地で個展発表を行う。

東京、宇都宮、益子、大阪、神戸等で年3~5回程個展開催

 

〒321-1275 栃木県日光市室瀬426-16

TEL&FAX 0288-22-2239

E-mail clay_hashimoto@ybb.ne.jp

振込先 ゆうちょ銀行 10760-22114761 橋本 誠

ダウンロード
瓢箪鯰(ひょうたんなまず)のご注文はこちら
PDFをダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXにてご注文ください。
hyoutannamazu-pr.pdf
PDFファイル 218.6 KB